起業のために群馬県内在住でレンタルオフィスを探している方、本社が群馬県内にあり、新しい営業拠点として東京進出を検討している企業に向けて、東京のレンタルオフィスを契約するメリットについてまとめてみました。

 

群馬県とはどんなところ?

群馬県は関東の北西部に位置し、島国日本において数少ない内陸県の1つ。県の三方を山に囲まれた自然豊かなエリアとして知られています。世界遺産に登録された「富岡製糸場」や日本の名湯として知られる草津温泉、日本百景に選定された尾瀬など見どころが豊富で、国内外から多くの観光客が訪れています。

 

2020年7月現在、群馬県には6362.28 ㎢の面積に1,929,709(19 /47都道府県)が居住しています。

 

群馬県の県庁所在地は前橋市ですが、経済の中心は「高崎市」であり、県ナンバーワンの人口と商業規模を誇ります。

市内にある高崎駅は、県内各所にのびる鉄道の拠点であり、上越新幹線と北陸新幹線の分岐点でもあります。
さらにJRの「湘南新宿ライン」と「上野東京ライン」が通っており、東京・横浜エリアへのアクセスも良く、北関東における物流・営業のベースとなっています。

 

群馬県内にある他の主要なエリアとして、北関東随一の工業都市である太田市、絹織物で有名な桐生市、谷川岳の麓にあるみなかみ町などがあります。

 

群馬県にあるレンタルオフィス事情

群馬県にあるレンタルオフィスやシェアオフィスは、県の主要エリアである高崎市や前橋市に集中しています。

総人口に対する自動車免許取得率が全国1位の群馬県では、レンタルオフィスが必ずしも駅近にあるとは限らず、高速道路のインター付近や駐車場スペースが広く採れる郊外に立地している場合もあり、その場合には駐車場代を含めても比較的手ごろな値段で借りられるのが特徴です。

 

せっかくなら群馬県内でなく東京のレンタルオフィスを利用するという選択肢

レンタルオフィスを探すにあたり、東京のレンタルオフィスを利用することも視野に入れてもいいかもしれません。

現在群馬県に住んでいる人や、群馬県にある企業が東京のレンタルオフィスを探すのは、以下のような場合が想定されます。

 

1つ目として、ネットショップ運営やITビジネスといった場所を選ばないビジネスで起業を考えている方の場合、レンタルオフィスを群馬県内に構える必要はなく、東京にあるレンタルオフィスを利用するといったケースです。
これから起業するにあたり、法人登記や口座開設も東京のレンタルオフィスで行うことによって、群馬にいながらも東京の企業として振る舞うことができますし、これを機に東京に移住して事業をスタートするきっかけにもなります。

 

2つ目ですが、地元ではすでにある程度の知名度がある企業が、東京へ進出していくための足掛かりとしてレンタルオフィス利用するケースです。
実際、レンタルオフィスを東京営業所として利用したり、本店機能は地元に残しつつ、レンタルオフィスで本店登記し直し、新たな事業展開を図る企業がいらっしゃいます。

 

東京にあるレンタルオフィスを利用するメリット

群馬県内ではなく東京でレンタルオフィスを利用するメリットには次のようなことがあります。

 

人口が多く市場拡大が見込める

東京は人口が1000万人以上、そこに存在する企業も多いです。当然ながらライバル企業も多いものの、新規開拓も行いやすく、地方と比較しても新たな顧客を見つけやすいといった特徴があります。

 

東京での事業展開の足掛かりに利用できる

東京で新たに事業展開をするといっても、賃貸オフィス契約をすれば初期費用に数百万~数千万かかってしまいます。しかしレンタルオフィスであれば初期投資を抑えることができますし、当面は営業を数名置くだけにとどめ、レンタルオフィスで数か月程度、事業展開を様子見してみる、といった使い方が可能です。

 

東京での起業・東京進出を後押しする、知名度的に申し分ない「銀座ビジネスセンター」とは?

そこでぜひおすすめしたいのが東京都中央区銀座のアドレスを利用できる「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は業界の先駆者として2000年から続いている銀座の中でも老舗のレンタルオフィスです。

この「銀座ビジネスセンター」は並木通りとみゆき通りに面した銀座6丁目の「銀座風月堂ビル5F」にあり、交通の便も非常によく、東京メトロの銀座駅B5番出口からはわずか12分、JR有楽町駅からは5分の好立地。

 

月曜から土曜の9時から2045分までの利用時間内には常駐秘書が待機しており、お客様応対を行ってくれます。

料金はサービス内容によって月々1万円、2万5千円、5万円の3つのプランから選ぶことが出来ますが、どれも銀座では破格な料金設定となっています。
すべてのプランにおいて法人登記・口座開設可能、常駐秘書による応対サービスや郵便物引受・転送サービスを受けることができますので、群馬県の方でも問題なくサービスを享受できます。

 

レンタルオフィスの中でも「銀座ビジネスセンター」をおススメする理由

「銀座ビジネスセンター」がおススメな理由として、以下のような点が挙げられます。

 

必要な部屋を、必要な時に、必要な時間借りられる「時間貸しサービス」

「銀座ビジネスセンター」は、22の個室スペースや会議室といった必要な部屋を、必要な時に必要な時間だけ借りることができる時間貸しのレンタルオフィス。当日の急な打ち合わせでも、ほとんどの場合は希望通りに利用可能です。

 

個室スペースは、セミナー開催や会議参加の人数により、仕切りを取って2室を1つにするなど、フレキシブルに変更することもできます(ただし一部の部屋に限ります)

 

固定型のレンタルオフィスやシェアオフィスはよく見かけますが、時間貸しのレンタルオフィスはあまり類を見ない形態です。賃貸オフィスと違い、無駄な固定費が発生しないことがレンタルオフィス利用のメリットでもありますので、時間貸しサービスを提供している「銀座ビジネスセンター」は、無駄をさらに低減してくれることでしょう。

 

日本中の誰もが知っている「銀座」という地でアドレスが持てる

「銀座ビジネスセンター」がある銀座は、全国的な知名度や地域の持つブランド力があります。
特に地方から新たに東京での展開を行うにあたり、オフィスのエリア選定は非常に大事となります。住宅街のようなエリアではなくオフィスが密集しているような活気ある場所であること、交通の利便性がいいこと、何より街の知名度があること、といったことが企業への信用力や安心感を増幅させてくれます。

 

「銀座ビジネスセンター」を活用し、本店や営業拠点として銀座アドレスを利用することができれば、以上のような要件をすべて満たすことができるため、事業展開を効率よく行うことができます。

 

銀座ビジネスセンターまでの交通手段

群馬県内から銀座ビジネスセンターへのルートは、必ずといっていいほど東京駅を利用することになります。

東京駅から銀座ビジネスセンターのある銀座エリアまでは「JR山手線」で有楽町駅まで1(2)です。
タクシーの場合、東京駅からであれば1000円以内で移動可能です。

 

まとめ

群馬県内でレンタルオフィスを探していた方、事業の東京展開を考えて現在準備を進めている企業にとって、東京都中央区銀座にある「銀座ビジネスセンター」を利用することは、有効的な選択肢の一つとなり得ます。

 

これを機会にぜひ「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」を検討してみるのはいかがですか?

おすすめの記事