レンタルオフィス 船橋

船橋エリアで既に事業を立ち上げた方や、これから本格的にビジネスをスタートしようと考えている方で、オフィスをまだ持っておらず自宅で仕事をしようと考えているのであれば、レンタルオフィスを活用してみませんか?

レンタルオフィスであれば、自宅仕事でありがちな「仕事をしようと動画を流していたら見入ってしまった」「ちょっと休憩がてらベッドに横になっていたら夜になっていた」ということもありません。

最近のレンタルオフィスは、賃貸オフィス契約よりもはるかにローリスクローコストなので気軽にオフィスを持つことができますし、「1年契約」などの厳しい縛りもありません。

今回は船橋でワークスペースを探している方を対象に、船橋エリアのレンタルオフィス事情とおすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

船橋ってどんなエリア?

「船橋」とは千葉県の北西部にある市であり、千葉県内では千葉市に次ぐ第二位の人口(64.4万人)を有するビッグシティ。

市の玄関口となる「船橋駅」には、JR総武本線及び東武鉄道野田線が乗り入れるほか、近隣には京成電鉄の「京成船橋駅」も立地しており、千葉県内だけでなく埼玉県や都内へのアクセスも抜群です。駅周辺には商店街や商業ビル、飲食店、金融機関が集まり、終日多くの人通りがあります。

船橋は商業が盛んなエリアとして知られており、大型の商業施設やショッピングモールも多数進出。買い物や生活に便利な街であるだけでなく、東京ディズニーリゾートや幕張新都心へのアクセスも便利であることから、住みたいまちランキングでも常に上位にランクインする人気の街となっています。

船橋のレンタルオフィス事情

船橋は千葉県を代表する街の1つであることから、レンタルオフィスの数も比較的多めです。

ただし船橋のレンタルオフィスは、法人向けのレンタルオフィス(個人事業主の利用不可)や女性向けレンタルサロンなど利用者が限定される施設が多く、数が多いからと言って「どこでも選び放題」といったわけではありません。

また個人で利用できる1人用個室や1人席(ブース席や半個室など)の数が圧倒的に少ないため、利用したいタイミングですぐに利用できないこともあり得ます。

以下に船橋エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめましたので、検討の際には参考にしてみてください。

船橋エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 船橋駅から徒歩1分 コワーキングスペース 月額固定制プラン19,800円 1名~ 法人向け多拠点型サテライトオフィス

オートロック管理

電話専用ブースあり

レンタルオフィスB 船橋駅から徒歩1分 コワーキングスペース 10分300円~の従量課金制 1名~ 法人向けサテライトオフィス

セキュリティシステム導入

多拠点利用可能

レンタルオフィスC 船橋駅から徒歩3分 レンタルサロン、バーチャルサロン レンタルサロン

1時間1,000円~(※ゴールド会員の場合)

1名~ 女性向け多目的

1年ごとに年会費が必要

住所貸し可能

レンタルオフィスD 船橋駅から徒歩3分 レンタルオフィス、シェアオフィス 8名部屋月額

132,000円~

1名~ ドリンクサーバーあり

ロッカーは別途料金

従量課金制プランも用意

バーチャルオフィスとしても活用できるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

このように船橋エリアのレンタルオフィスは「法人向けサテライトオフィス」「コワーキングスペース」「レンタルサロン」ということから見てもわかるように、スタートアップ企業や副業利用、個人事業主が気軽に利用できるタイプのものはあまりありません。

そのため、個室レンタルオフィスを探すのであれば、必然的に千葉県内の別エリアもしくは船橋からアクセスしやすい都内エリアを検討することになります。しかし千葉県内主要エリアにあるレンタルオフィス(個室)は、都内のレンタルオフィスとほとんど値段が変わらないばかりか、エリア知名度も都内には劣るため、ビジネス戦略的な観点から見ても都内のレンタルオフィスを選ぶほうが理にかなっています。

とはいえ「東京のレンタルオフィス事情はよくわからない」「膨大にある都内のレンタルオフィスから自分に合ったレンタルオフィスを選ぶのはハードルが高い」という方におすすめなのが、銀座のバーチャルオフィス機能が付いたレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年から銀座で運営をスタートしたレンタルオフィス業界のパイオニア的存在。20年以上という長きにわたって中小企業経営者を中心に個人事業主や士業など多くの業種の方々に利用され続け、ユーザーからは常に高い評価を得ているレンタルオフィスなのです。

「銀座ビジネスセンター」のアドレスは銀座6丁目「銀座風月堂ビル」5階。月額11,000円~の会員になれば法人登記や銀行の口座開設に利用できる銀座アドレスの使用が可能になり、誰もが憧れる都心の一等地にオフィスを構えることができるようになります。

ではなぜ「銀座ビジネスセンター」がおすすめなのか、その理由について以下に簡単にまとめてみました。

バーチャルオフィス利用でも、東京の拠点として十分に機能するレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は月額11,000円~という銀座でも比較的リーズナブルな料金で利用可能なレンタルオフィス。20219月現在、提供されているプランは全部で4つ「11,000円プラン」「22,000円プラン」「27,500円プラン」「55,000円プラン」ですが、すべてのプランにてバーチャルオフィスとして利用できる機能を有しています。

バーチャルオフィスと聞くと「ただの住所貸しでしょう?」と思うかもしれませんが、「銀座ビジネスセンター」では法人登記や銀行口座開設に使える住所利用のほか、郵便物や宅配物の受取・保管・転送といったサービスも含まれています。

上記の住所利用・郵便物対応は「月額11,000円プラン」のものですが、それ以外にも電話対応がプラスされた「月額22,000円プラン」、さらにFAX対応サービスが加わった「月額27,500円プラン」、今までのサービスに20時間分の個室利用(4名部屋相当)が含まれた「月額55,000円プラン」もあり、事業内容や用途、事業ステージに合わせて柔軟に選択できるようになっています。

個室利用は別途料金となりますが1時間1,760円~で完全密閉型の個室スペースが利用できます。カフェや自宅と違って仕事に集中できる環境がこの料金で手にできるのであればお得ともいえるでしょう。

普段は地元の船橋で仕事をしつつ、東京での重要なミーティングや商談の際には「銀座ビジネスセンター」の個室を利用するといったスタイルを取ることもでき、2拠点でのデュアルオフィスライフを実現させることでマンネリ化を防ぐこともできるでしょう。

コロナ対策もバッチリ!衛生的で快適なレンタルオフィス

レンタルオフィスやコワーキングスペースと聞くと、「不特定多数の出入りがあってコロナが心配」「衛生面が不安」という方もいらっしゃることでしょう。

確かに格安タイプのレンタルオフィスでは、清掃頻度が極端に少なかったり、ユーザー任せの感染対策(アルコール消毒液の設置、マスク着用の掲示のみなど)しか行っていなかったりするところもあります。

しかし「銀座ビジネスセンター」は、コロナ禍以前より常設秘書が利用後のテーブルや椅子のアルコール消毒を行っていましたし、ゴミ処理や部屋清掃を利用ごとに徹底して行う衛生的なレンタルオフィス。

施設内全体の清掃についても、床カーペットのシャンプークリーニング(2)や、定期的なエアコンクリーニングの実施など、ユーザーが快適に過ごせるようにいつも清潔に保たれています。

「銀座ビジネスセンター」は会員制でかつ完全個室タイプのレンタルオフィスのため、不特定多数の出入りや他者との接触も限りなく少なく、感染に不安がある方でも比較的安心して利用することが出来ます。

船橋から銀座ビジネスセンターまでの交通アクセス

船橋駅から「銀座ビジネスセンター」までの移動手段ですが、JR総武線で東京駅までがおよそ25分、東京駅からは東京メトロ丸の内線に乗って銀座駅まで約2分です。

まとめ

船橋エリアで快適な仕事環境が見つからないというスタートアップ企業や個人事業主の方、また東京進出を目指す既存企業の方へ、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」は、月額11,000円~で銀座6丁目に拠点を構えることが可能。

「銀座ビジネスセンター」なら、千葉を拠点としている企業でも、バーチャルオフィスを活用したり、スポットで個室利用を行ったりと、都心オフィスのメリットを存分に感じることができますので、ぜひこれを機に利用を検討してみてはいかがですか?

おすすめの記事