1つのオフィスを複数の企業や個人で共有して使用するシェアオフィス。オフィスにかけるコストを軽減できることから、スモールビジネスを展開している企業や個人事業主の方に人気のオフィス形態の一つです。シェアオフィスのほかにもレンタルオフィスやコワーキングスペース、バーチャルオフィスといった類似施設もあるため、違いがよくわからないまま、なんとなくシェアオフィスを検討している方もいるのではないでしょうか?

ここでは東京都内でシェアオフィスを検討している方のために、シェアオフィス契約のためのチェックポイント、またシェアオフィスよりもさらに快適なレンタルオフィスについても触れていきたいと思います。

東京都内でシェアオフィスを利用するメリット

東京を拠点としてビジネスを展開しようと思ったら、都内にオフィスを持つことからスタートすることでしょう。とはいえ、起業したばかりのスタートアップ企業や個人事業主、さらには地方企業の東京拠点を検討するといった場合、高いコストをかけて賃貸オフィスを契約しようとはなかなか思わないのではないでしょうか。そこで「シェアオフィス」を検討するという選択肢が生まれてきます。

先述のとおり、シェアオフィスは多くの方とオフィススペースを共有して使用する形態のため、初期費用や月額利用料金を抑えながら作業スペースを確保できるのが魅力です。賃料の高い都内においても、エリアや程度によっては非常に安く利用することができます。イメージを大事にする方であれば新宿・渋谷・六本木・銀座といった主要エリアにあるシェアオフィスを利用することで、企業のブランディングに役立てることも可能です。

また、シェアオフィスという名前のとおり、他者と共有してスペース利用する施設のため、ビジネス交流が生まれやすいのも特徴の一つです。出会いによって思わぬコラボが発生する可能性があるのも、シェアオフィスならではのメリットかもしれません。

さらに、シェアオフィスでは、作業に必要な備品類、設備がそろっているため、あえて自身で購入しなくても業務上大きな支障がありません。当然ながら、運営会社によってサービスのクオリティが異なるため、細かな状況については検討段階で確認する必要があるものの、単にホームページに記載されている情報を鵜呑みにするのではなく、実際に内見してチェックするのが賢明です。

シェアオフィス内見時にチェックすべきポイント

バーチャルオフィスと違い、オフィスがある場所で実際に作業するシェアオフィスは、内覧しないことには使い勝手もつかめません。「金額もリーズナブルだし、失敗してもまた別を探せばいいや」と安易に考えるのではなく、長期利用することを前提で、契約前にしっかり確認しておかなければ後悔することになります。

では、都内にあるシェアオフィスの内見時にはどのような点をチェックしておくのが良いのでしょうか?

チェックポイント
  • 交通手段(路線や駅からのアクセス)
  • エリア周辺状況
  • 施設の佇まい(格安感?高級感?)
  • セキュリティ
  • 席数
  • 広さ
  • 会議室の利用状況
  • インターネット環境
  • 利用者層
  • トイレ
  • 衛生面
  • 個室形態(利用可能かどうか)
  • 法人登記の可否

など多岐にわたります。金額面はホームページで公表されていることが多いためイメージしやすいと思いますが、上記に挙げたものについては、実際に足を運んでみないとわからないことも多いと感じるのではないでしょうか。特に交通手段は重要で「素敵なエリアのシェアオフィスを契約したのにアクセスが悪い」「思った以上に交通費がかかる」という事態が発生しては利用頻度が激減してしまうことでしょう。比較的交通アクセスが良い東京都内であっても、自宅からの利便性を考慮し最適なエリアのシェアオフィスを見つける必要があるため、注意しておきましょう。

また、本格的に事業を拡大しようと検討している方であれば、シェアオフィスを利用して法人登記することもあるでしょう。最近は多くの施設で法人登記や住所利用が可能となりましたが、なかには法人登記ができないところもまだまだ存在します。「いざ登記しようとしたらできなかった」ということがないように、事前チェックを欠かさずしておきましょう。

シェアオフィスとレンタルオフィスどちらがおすすめ?

以上、東京都内でシェアオフィスを検討している人に向けてメリットや内覧時のチェックポイントをお伝えしてきましたが、なかには専用個室契約が基本となるレンタルオフィスを希望する方もいると思います。レンタルオフィスは一見するとシェアオフィスより個室利用が前提となる分コストが高い印象がありますが、リーズナブルな価格で完全個室を利用できるレンタルオフィスも都内には存在します。

では、シェアオフィスとレンタルオフィスどちらがおすすめか?というと、利用する方の目的やビジネス環境が異なるため一概にどちらがいいとはいえません。ただし、クリエイティブな仕事をする方や静かな環境を望む場合にはレンタルオフィス、人脈交流などコミュニケーションの場として考えるのであればシェアオフィスが好ましいといえるのではないでしょうか。

シェアオフィスより充実したサービスを受けられるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

もし「自宅で仕事をするのが嫌だ」「カフェやファミレスのようなオープンスペースで仕事をするのは不安」と感じているのであれば、シェアオフィスよりレンタルオフィスのほうがおすすめ。静かな環境やセキュリティ面の不安なく仕事ができる環境は、レンタルオフィスのほうがはるかに整っているためです。

では、東京都内においてどのようなレンタルオフィスがおすすめなのかというと「交通アクセスが良い」「エリアメリットが高い」「間仕切り型の個室ではなく完全密閉型の個室がある」「サービスクオリティが高い」といった条件を満たしている施設がベスト。「そんなところが本当にあるのだろうか?」という方にご紹介したいのが、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は、銀座エリアで20年以上の運用実績を誇る老舗のレンタルオフィス。銀座6丁目にある「銀座風月堂ビル」の5階がその拠点となり、450㎡のワンフロアーに全22室の完全密閉個室および会議室を備え、バーチャルオフィスとしても利用できる利便性の高さが魅力のレンタルオフィスとなっています。交通アクセスも抜群で、最寄り駅となる東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からは徒歩5分であることや、新幹線停車駅となる東京駅や品川駅にもスムーズに移動可能。空の玄関口となる羽田空港へも30分圏内のロケーションとなり、出張の多い方にも安心です。

そんな「銀座ビジネスセンター」ですが、銀座にあるということでさぞかしコストも高いのでは?と思う方もいるかもしれません。しかし、月額利用料は11,000円からと比較的リーズナブルな料金設定。この料金に法人登記や口座開設に使用できる銀座アドレスが利用可能、さらに郵便物の受取・保管・転送対応が含まれています。個室利用料は別となりますが、1時間1,760円からとなっており、利用した分だけ精算できるのがポイントで、コストメリットも非常に高いレンタルオフィスとなっています。オフィス備品も基本無料で利用できるため、初期投資も少なく済みます(一部備品は有償)。追加料金で、電話・FAX番号付与、電話・FAX秘書サービスも可能です。

東京都内にシェアオフィスを検討している方!シェアオフィスもいいですが、業務効率を高めたいなら、静かな環境で仕事ができる、環境的に満足度の高いレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」、非常におすすめです。

おすすめの記事