レンタルオフィス 高田馬場

企業の働き方改革やオフィス縮小化の動きなどもあり、テレワーク・リモートワークで仕事をこなすスタイルを選択する人も増えています。しかしながら、コロナ禍以降一気にカフェやファミレスの利用者も増え、働く環境を確保するのも難しくなっています。中には自宅で仕事するのをベースにしている人もいると思いますが、自宅やカフェでの仕事は、オフィスと違ってビジネス環境の整備不足、気軽に電話やオンラインミーティングができなかったりと、なにかと制約があるのが現実です。

そんな方はこれを機に「レンタルオフィス」を活用してみませんか?レンタルオフィスであれば、カフェやファミレスと違って席の確保をストレスに感じることもありませんし、何より静かな環境で集中して仕事ができます。また、人との接触機会も制限でき、コロナ禍の感染不安も激減。

そんなレンタルオフィスは都内に多数点在していますが、今回は高田馬場エリアでワークスペースを探している方を対象に、高田馬場のレンタルオフィス事情とおすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

高田馬場ってどんなエリア?

「高田馬場」とは東京都新宿区にある地名であり、行政地名では高田馬場1丁目~高田馬場4丁目までが存在しています。高田馬場というユニークなネーミングは、かつてこの付近に馬場があったことに由来します。ただし、地名の由来となった「高田馬場の史跡」がある場所は、現在の高田馬場エリアには含まれていません。

同エリアの玄関口となるのは、高田馬場1丁目にある「高田馬場駅」。JR線・西武鉄道・東京メトロが乗り入れているため、新宿駅・渋谷駅をはじめ、品川駅や上野駅などの都内主要エリアとの行き来にも大変便利です。

駅周辺には、有名私立大学や予備校、専門学校などが集積しており、日本有数の学生街を形成しています。また、在日ミャンマー人が多く居住するエリアでもあり、ミャンマーに関連する飲食店や商店が軒を連ねていることでも有名です。

高田馬場のレンタルオフィス事情

高田馬場のレンタルオフィスやバーチャルオフィスは、高田馬場駅周辺に多数存在しています。いずれも駅から徒歩1~3分圏内となっており、交通利便性が良いのが特徴です。

しかし利用料金は比較的高額であり、1~2名部屋で10万円前後、6~8名部屋の場合25万円程度となるレンタルオフィスも多く、スタートアップ企業や小規模企業が気軽にレンタルできる価格ではないでしょう。また、高田馬場は新宿区にあるものの、全国的には知名度がそれほど高くないため、ビジネス戦略的にもコストパフォーマンスはあまり良いとは言えません。

以下に高田馬場エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめましたので、検討の際には参考にしてみてください。

高田馬場エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 西武鉄道・高田馬場駅構内 テレワークブース 従量課金プラン

15分275円~

1名 法人プランもあり

事前にスマホアプリの登録が必要

クレジットカード決済のみ

レンタルオフィスB
高田馬場駅から徒歩1分 レンタルオフィス、シェアオフィス 6名部屋

月額250,000

1名~6 料金は部屋タイプによって異なる

ロッカー・複合機利用などはオプション料金

レンタルオフィスC 高田馬場駅から徒歩1分 レンタルオフィス、シェアオフィス 8名部屋

月額241,000

1名~8名

 

2021年8月オープン

ドリンクサーバー完備

ロッカー・複合機利用などはオプション料金

レンタルオフィスD 高田馬場駅から徒歩1 レンタルオフィス 月額74,800円~80,300

※空室の値段

1名~2

※空室の人数

完全個室型

個別空調

専用の宅配ボックスあり

レンタルオフィスE 高田馬場駅から徒歩1 バーチャルオフィス ビジネスプラン

9,790円

会議室完備

複数プランの用意あり

法人登記可能

レンタルオフィスF
高田馬場駅から徒歩2分 貸し会議室 18名部屋

3時間16,500円~

1名~168 音響設備あり

パーティ利用可能

レイアウト変更サービスあり

レンタルオフィスG 高田馬場駅から徒歩3 レンタルオフィス 5名部屋

240,900円

1名~5名

※空室の人数

完全個室型

バルコニー付き個室あり

二重壁導入

契約後すぐに利用可能!銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

上記のように高田馬場のレンタルオフィスは決して安くありません。1人会社や個人事業主の方、スタートアップ企業の場合、コスト的にきついレンタルオフィスを無理に利用するぐらいであれば「カフェや自宅で良い」となってしまい、何も変わらない現状が続いていくことになります。そんな環境を変えたい!そう思う方に是非おすすめしたいのが、銀座にありながら比較的リーズナブル、完全個室の時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年に銀座の地でスタート、20年以上にわたって運営し続けるレンタルオフィス業界の先駆者です。銀座の超一等地エリア、銀座6丁目にある「銀座風月堂」ビル5階を拠点とし、中小小規模事業経営者や士業、コンサルタントやカウンセラーといった個人事業主といった方々や、地方企業の東京営業所やサテライトオフィスとしても利用されています。最寄り駅となる東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からは徒歩5分という利便性も魅力です。

そんな「銀座ビジネスセンター」がなぜおすすめレンタルオフィスなのか、その理由についてまとめました。

ビジネスツールは無料で利用可能、オフィス機能が整ったレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は机や椅子といったオフィス家具に加え、コピー機やプリンター、プロジェクター、文房具などが備わっているレンタルオフィス。オフィス備品は基本無料で利用できるので、自身で作業する際にも、クライアントを招いてプレゼンなど行う場合にも、備品がなくて不都合が生じることがありません。

銀座ビジネスセンターで利用可能な備品類(一部)

無料備品

インターネット環境(有線LAN・Wi-Fi)、シュレッダー、スキャナ、ホワイトボード、プロジェクター、80インチスクリーン、電源タップ、文房具等

有料備品

FAX(送信時)、レーザープリンター、カラーコピー、鍵付きキャビネット等

契約後すぐに利用可能!コストパフォーマンスに優れたレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」の利用契約は、必要書類提出と申込書記入、捺印、入会金・基本料金の支払いによって完了します。提出書類に特に問題がなければ即日契約も可能、そこで銀座オフィスが手に入ります。

他のレンタルオフィスの場合半年、1年といった長期契約の縛りがあるところもありますが、「銀座ビジネスセンター」にはそのような縛りがなく、契約は1か月単位と短く設定、3か月といった短期プロジェクトやテストマーケティングにも利用が可能です。

また「銀座ビジネスセンター」は月額11,000円からとなる会員利用料金と、1時間1,760円からの個室利用がかかりますが、個室に関しては時間貸しレンタルオフィスであるという性質上、使った分だけが請求されるレンタルオフィスなので、使わないケースで費用がかかることは一切ありません。もし、急な打ち合わせがあって利用キャンセルとなったとしてもキャンセル料もかからないので非常に良心的です。

まとめ

「レンタルオフィス銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」はカフェや自宅よりも快適な環境で仕事に打ち込むことができるレンタルオフィス。「レンタルオフィス銀座ビジネスセンター」であれば、高田馬場からも30分圏内で移動可能、通うのにも負担が少ないこともあって、継続利用しやすい点もメリットです。
ぜひこの機会に「レンタルオフィス銀座ビジネスセンター」を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事