両国エリアにおいて企業同士のコラボによる新プロジェクト関係者が一同に集まれる拠点を探している方、また副業による収入増加を目指していてワークスペースを探している方や起業を目指している方、集中して仕事が行える環境として最近人気のレンタルオフィスやシェアオフィスの利用を考えたことはありませんか?

 

ここでは両国周辺でワークスペースを模索している方へ、レンタルオフィスやシェアオフィスを見つけるための方法や、レンタルオフィスやシェアオフィスを借りるのに最適なエリアについてご紹介します。

 

企業間コラボによる新プロジェクト立ち上げや副業利用にベストなレンタルオフィスやシェアオフィス

最近では中小企業同士がお互いの強みを活かした事業をコラボレーションし、新たなビジネスを始めるといったことが増えつつあります。中小企業ではなかなか優秀な人材が集まらないことや、新たな事業を立ち上げようにも資金や人的リソース不足が慢性化してなかなか実行に移せないといった問題が見え隠れしていましたが、このような企業同士のコラボは低リスクで始められることも増加要因の一つとなっています。

 

また、平日昼間は本業のビジネスを行いながら終業後や休日に副業を行うといった人も増えてきました。中には今の会社の取引先から仕事を貰って独立起業を目指す人もいるようです。

 

副業として始めやすい仕事内容には、webデザイナーやwebライター、FXや株式、不動産などの投資といったものがあり、パソコンやスマートフォンで気軽にできるものが人気となっています。

 

ご紹介したような企業同士の事業コラボレーションや副業または起業において重要となるのがワークスペースの確保ではないでしょうか。ビジネスの拠点として申し分ない場所、また静かに落ち着いた環境で仕事ができる場所を見つけることはなかなか難しいのです。

 

よくカフェやファミレスで集まって打ち合わせをしていたり、パソコンを立ち上げて仕事したりしている場に遭遇することがあるかと思いますが、誰が聞いているかわからない場所で込み入った話はできませんし、周りの雑談が耳障りに感じることもあるでしょう。

 

そんな時に重宝するのがレンタルオフィスやシェアオフィスといったビジネスに特化した環境を提供してくれる場所。法人登記や銀行口座開設が可能なものや、バーチャルオフィスの機能も備わったレンタルオフィスやシェアオフィスも多く、ビジネス環境として申し分ないことから利用者が後を絶ちません。

 

このようなレンタルオフィスやシェアオフィスですが、両国エリアにはどのようなタイプのものがあるのでしょう?

 

両国エリアのレンタルオフィスやシェアオフィス事情

両国エリアは日本の国技である大相撲の聖地として知られ、両国花火資料館や複合飲食施設など多くの観光スポットが立ち並ぶ日本を代表する観光地の1つ。両国エリアの玄関口となるJR両国駅は、JR中央総武線、都営大江戸線が乗り入れる駅となっており、新宿や三鷹だけでなく、市川や西船橋など千葉方面へのアクセスも抜群です。

 

そんな両国エリアには製紙会社や繊維会社など大手企業もいくつかありますが、ビジネス街とはかけ離れた「歴史と文化の街」というイメージが大きく、レンタルオフィスやシェアオフィスはほとんどありません。このエリアで探すのであれば、両国駅から2㎞圏内まで範囲を拡大してやっと台東区や千代田区にいくつか見つけることができる程度です。そのため両国エリアに絞って希望のオフィスを探し出すのは極めて難しいと言えます。

 

また、絶対数が少ないがゆえに個室スペースは争奪戦になりやすく、シェアオフィスであっても予約もなしに訪れた場合には席を確保できない、なんてこともあり得ます。

 

以下に両国エリアにあるレンタルオフィスやシェアオフィスの利用料金のイメージをまとめましたので、ワークスペースを検討する際の参考にしてみてください。

 

両国エリアにあるレンタルオフィスの料金イメージ

エリア 形態 料金 面積 利用人数 その他
レンタルオフィスA 両国駅徒歩1 レンタルオフィス・シェアオフィス 要問合せ 1名~ 社会人のための勉強カフェに隣接

                                         

両国よりも知名度が抜群な銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

先ほど述べたように両国エリアのレンタルオフィスやシェアオフィスはほとんど見つけることができません。

 

レンタルオフィスやシェアオフィスがあるエリアは主要駅に集中していることが多く、少々エリアをずらしてみたとしても利用者が多く、なかなか空いていないということも往々にしてあります。

 

そこで両国エリアを検討している方にぜひおススメしたいのが、銀座にある時間貸しのレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年の創業以来20年以上に渡って業界を牽引している先駆者的レンタルオフィス。銀座の一等地ともいえる東京都中央区銀座6-6-1銀座風月堂ビル5階にある450㎡のワンフロアーを利用したバーチャルオフィス機能付きのレンタルオフィスを展開し、中小企業やカウンセラー、コンサルタントといった個人事業主などのスモールビジネスを行っている方から大企業のプロジェクト利用など、様々なニーズで活用されています。

 

そんな銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」の特徴について以下にまとめてみました。

 

代表自ら利用希望者にお会いして審査を行っているレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は利用希望者には代表自らがお会いして、オフィスに関する詳細を丁寧に説明してくれるレンタルオフィスです。質問にも納得いくまできちんと回答してくれるので、不安に感じる点についてはその場ですべて納得した上で入会できます。

 

余計な固定費を省くことが可能な時間貸しレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は月額が1万円~から利用が可能な会員制のレンタルオフィス。

 

プランは全部で3つあり、それぞれのプランによって利用できるサービスは異なるものの、どのプランでも個室利用は可能(1時間1,600円~)となっています。防音、セキュリティ対策がしっかりとされた22の完全個室があり、希望時間に空いている個室であれば、必要な時に必要な分だけ利用することが出来ます。

 

利用時間も5分単位での精算となっており、たとえば3時間の予約に対し実際は2時間15分の利用だった場合には、利用した時間分のみの清算となり、超過時間分を無駄に支払う必要がありません。

 

また、個室利用時には事前予約が必要となりますが、もし万が一予定が入ってキャンセルとなる場合、部屋利用直前の連絡となったとしてもキャンセル料は一切かかりません。他のレンタルオフィスでは前日までに連絡しなければならなかったり、キャンセル料が発生してしまったりするところも多い中、「銀座ビジネスセンター」は非常に低リスクで良心的なレンタルオフィスと言えるのではないでしょうか。

 

車でも動きやすく利便性の高いレンタルオフィス

銀座ビジネスセンターは銀座6丁目といった銀座の中心エリアにあり、電車によるアクセスの高さは言うまでありません。最寄り駅の銀座駅からは徒歩2分、有楽町駅からは徒歩5分、それ以外にも銀座一丁目、新橋、東銀座といった各駅も利用圏内のため、都内への移動には不便を感じることはありませんし、出張で新幹線や飛行機をお使いの方のアクセスも抜群です。

 

また、郵便物や宅急便は転送対応も行っているものの、両国エリアを拠点にしている方であれば、銀座まではわずか5㎞の距離ですので、大事な郵便物や宅急便を受け取りに「銀座ビジネスセンター」へ車でぷらっと訪れることもできます。電車の場合、両国から「銀座ビジネスセンター」のある有楽町駅までJR中央総武線を使用すれば1回乗り換えで約13分で移動できます。

 

このように銀座という街の利便性の高さを感じることができるのは「銀座ビジネスセンター」の魅力の一つです。

 

まとめ

企業の事業コラボ展開に利用したい方、また副業・起業に適したビジネス環境を両国エリアで探している方、両国から20分ほどにある「銀座ビジネスセンター」は、ビジネスを低リスクですぐにでも始めたい方に最適なレンタルオフィスです。

 

「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」の持つ「銀座」という抜群の知名度を活かし、これから新たなビジネスを立ち上げる拠点としてみるのはいかがでしょうか?

おすすめの記事