神戸市内で独立・起業を検討している方、また神戸市を拠点としてすでにビジネス展開をされている企業や個人事業主の方、コロナ禍で新たな取り組みが必要不可欠となっている中、東京進出で活路を見出してみませんか?

実はレンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスを活用すれば、東京進出への道は思いのほか簡単に行うことが出来るんです。

 

ここでは、データを比較しながら神戸市だけではなく、東京の拠点つくりに最適なレンタルオフィス活用術についてまとめてみました。

 

神戸市の概要

神戸市は兵庫県の南部にある市で、兵庫県の県庁所在地です。

 

2020年10月現在、神戸市には約557.01㎢の面積に1,516,638人が居住しており、その規模は県内最大です。

 

市内は海と山が迫る東西に細長地形をしており、臨海部には十分な水深を持つ入江を持っています。入江を利用して作られた神戸港を中心に古くから港町として栄えた神戸市は、現在もなお全国有数の経済都市。貿易や造船のみならず、機械・製造業、真珠加工、観光業などの産業が有名であるほか、近年ではファッションや医療、食料品産業も盛んです。

 

そんな神戸市の中心エリアは、「中央区」。神戸都市圏の中心的役割を果たし、多くの行政機関やオフィスビルが立ち並ぶ地域です。

また開港当時から領事館や国際機関が多く存在し、異人館が並ぶ重要伝統建造物群保存地区や近代建築が有名な旧居留地など異国情緒漂う雰囲気が残っています。

 

神戸市の交通事情

神戸市は地理的に東京と九州の中間地点に位置し、また明石海峡大橋を通じて淡路島や四国とも交流があります。市内には空港や新幹線の停車駅、大阪湾に面する大規模な港を持つことから、まさに交通の要衝地であると言えるでしょう。

それを体現するように、鉄道でも主要な駅が複数存在します。

 

「神戸駅」は、東京駅から続く東海道本線の終点および当駅から門司駅までを結ぶ山陽本線の起点駅。そこから北に離れた「新神戸駅」は山陽新幹線の停車駅です。また、中心繁華街として知られる三宮・元町エリアの玄関口「三ノ宮駅」は実質的な神戸の代表駅であり、市役所や商業施設を利用するのに多くの人で賑わいを見せています。兵庫県庁はその隣の「元町駅」が最寄りです。

 

神戸市にあるレンタルオフィス

神戸市のレンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスですが、市内の中心駅である「三ノ宮駅」「元町駅」周辺に複数存在しており、いずれも駅近で交通利便性の高い場所にあります。レンタルオフィスにおいては個室スペース利用と法人登記が可能となっており、すぐにでもビジネスをスタートできる環境は準備されています。

また、インキュベーション施設やシェアオフィスといった形態で運営されている施設もいくつかありますが、こちらは入居条件が厳しく利用に制限があるためにしっかりとした確認が必要となります。

 

神戸市以外に東京での拠点を持つメリット

神戸市内は古くから日本を代表する港町として栄えてきた背景を持ち、物流や貿易、製造業などの拠点です。さらに、全国的にも「オシャレで洗練されたグローバルな街」として知られており、地名のブランド力を感じる企業も多いことでしょう。

 

また、神戸市内には空港や新幹線の駅を有していることから東京への交通アクセスも抜群。新幹線であれば新神戸から3時間ほど、神戸空港から羽田空港までは約1時間10分のフライトで東京へ移動することができますので、わざわざ東京へ進出するメリットを感じないという企業もあるかもしれません。

 

しかし、地方企業が東京に拠点を持つことは大きなメリットをもたらすことも事実。

 

たとえば、「神戸」という地名にブランド力があることは間違いありませんが、やはり東京を含めた関東圏に比べるとネームバリューが下がりますし、マーケットが狭いことは否めません。どうしても「関西にある都市の1つ」という域を出ないというのが現実。

 

そこで新たなマーケット展開を進めていくのであれば、本社機能は神戸市内に置いておくとしても、営業やプロモーションの拠点を東京に構え、東京から情報発信していくことが必須となってくるのではないでしょうか。

 

東京へオフィスを持ちたい企業に最適なレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

「ローコストで東京オフィスが作れないだろうか?」「日帰り出張の際に拠点となる場所が欲しい」といったニーズにぜひおススメなのが、東京銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年創業のレンタルオフィス。銀座の一等地「銀座香月堂」の5階にバーチャルオフィスが融合したレンタルオフィスを構え、大企業から中小企業、士業、個人事業主といった方々に利用され続けています。

 

東京都内にあるレンタルオフィスの中で「銀座ビジネスセンター」がおススメな理由

レンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスは東京には数多く存在します。その中でも銀座にある「銀座ビジネスセンター」がどうしておススメであるのか、以下にまとめました。

 

地方企業が即時に銀座のアドレスを利用できるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」のアドレスは東京都中央区銀座6-6-1銀座風月堂ビル5Fにあります。並木通りとみゆき通りの交差する場所に存在し、各部屋に設置されている窓からは銀座の街並みを見下ろすことができます。

 

一般的なオフィス設立の場合、賃貸オフォス契約ですと物件・エリア探しから不動産業者との交渉、敷金・保証金等の支払い、内装業者の手配、オフィス備品の購入・設置など多岐にわたる事務所設立作業を行わなければなりません。

 

しかし銀座ビジネスセンターでは契約は即日可能。必要書類の提出や申込書の記入、捺印、支払いが完了すればすぐに利用スタートです。それも月額1万円~のリーズナブルな価格で、銀座にアドレスを持つことができます。

 

オフィス家具や備品類も用意することなく、すでに設置されているものを利用できるので、すぐにでもビジネスを稼働させられます。

 

また、利用においても1か月単位での契約のため、6か月や半年といった長期の契約を行う必要がありません。短期的に利用したい場合や、まずはお試しで利用するといった場合にも安心して契約することができるフレキシブルさが魅力です。

 

レンタルオフィスとしての常時利用もバーチャルオフィスとしての利用もフレキシブルに

「銀座ビジネスセンター」は単なるレンタルオフィスではなく、バーチャルオフィス機能を持ち得ているのが特徴です。そのため、郵便物や宅配物、電話・FAXにおいては転送機能等を利用して業務を行い、普段のオフィスワークは地元や自宅で行う、という方に数多く利用されています。

 

通常はバーチャルオフィスとしての部分しか利用しない地方の方でも、「東京に出張した際には個室を利用したい!」といったニーズにお応えするために、事前予約することによって個室利用することも可能です。定期的に東京出張をされる方であれば「銀座ビジネスセンター」内にはストレージキャビネット(ロッカー)がありますので、重い資料類は保管しておき、手ぶらで出張することもできます。

 

「銀座ビジネスセンター」への交通手段

交通アクセスですが、最寄り駅である東京メトロ銀座駅B5番出口からは徒歩で2分、JR有楽町駅からも徒歩で約5分。銀座一丁目駅や東銀座駅、新橋駅からも徒歩圏内。東海道・山陽新幹線の停車駅となっている品川駅・東京駅からもアクセスしやすく、ビジネスするには最適なロケーションとなっています。

 

まとめ

東京への拠点を考え始めた神戸市内の企業の方や個人事業の方、東京銀座の「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」は、地方企業でも信用力やブランド力を飛躍的に高めることができるレンタルオフィス。事業拡大も採用活動もプラスに働くこと間違いなしです!

おすすめの記事