レンタルオフィス 有明テニスの森

有明テニスの森周辺に勤務地や自宅があり、カフェやファストフードなどのオープンスペースを利用して仕事をしている個人事業主や1人会社の社長さん、本業の合間に副業を行っているといった方もいることでしょう。

しかし最近は緊急事態宣言などの発令によってテレワーカーが多くなってきたこともあり、カフェやファストフードは以前にも増して混雑気味の様子。そのため「いつも店内が満席で、何十分も空席待ちを強いられる」「いつもコンセントのある席が空いていない」「長時間利用がしづらい」などと、作業場の確保に強いストレスを感じることも。

そんな方にイチオシなのが「レンタルオフィス」。レンタルオフィスなら、カフェやファミレスと違って、仕事にしっかりと取り組める環境が比較的安価な価格にて手に入るほか、ビジネスに必要なバックオフィス的なサポートを受けることもできます。

今回は有明テニスの森エリアでワークスペースを探している方を対象に、有明テニスの森のレンタルオフィス事情とおすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

有明テニスの森ってどんなエリア?

「有明テニスの森」とは東京都江東区有明にある都立公園ですが、「有明テニスの森駅」の周辺一帯を指す名称として使われることもあります。

駅名の名前にもなっている「有明テニスの森」は、テニスのジャパンオープンや全日本選手権などが行われる施設としてテニスファンには有名なスポット。最近では東京オリンピックのテニス競技の会場としても利用されており、日本におけるテニス施設のシンボル的存在として揺るぎない地位を築いているようです。

そのほか駅周辺には、日本を代表する国際展示場「東京ビッグサイト」や私立大学のキャンパスなどがあり、自然と近代的な建物がみごとに融合しています。

有明テニスの森エリアのレンタルオフィス事情

有明テニスの森エリアは、公園や競技場がメインの地区ということもあって、レンタルオフィスは皆無です。 最も近いレンタルオフィスでも、徒歩で20分近くかかる場所にあり、利便性を求めるユーザーにとっては条件的にかなり厳しいと言わざるを得ないのが現状です。そんな不便なレンタルオフィスでも人気のベイエリアということもあって、一部のユーザーには人気となっており、副業などに使える1~2名用個室の空室が出ることはほとんどありません。さらに大きめの部屋(~最大9名収容)を利用した場合には、月15万円以上の出費を覚悟する必要があります。

以下に有明テニスの森エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめましたので、検討する際には参考にしてみてください。

有明テニスの森エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 有明テニスの森駅から徒歩20 レンタルオフィス、コワーキングスペース、バーチャルオフィス 7名用個室月額162,000円(税込)+管理費 ※空室の値段 1名~9名 ※空室の人数 フロントサービスあり オフィス家具付き 登記可能

バックオフィス業務を安心して任せられるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

有明テニスの森周辺でわざわざレンタルオフィスを探さなくても、すぐにでも利用可能なレンタルオフィスを見つけたいなら他のエリアで探すのが無難です。

とはいえ、レンタルオフィス選びにはエリアが重要。ゆりかもめが乗り入れる有明テニスの森駅からどちら方面に向かうかによって、選択肢は変わってきます。豊洲方面はレンタルオフィスが少ないため、もし選ぶとするなら新橋方面というのが現実的。

そこでおすすめなのが、ゆりかもめの終点でもある新橋駅周辺、銀座エリアにある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年に運営開始のレンタルオフィス。20年以上の実績が物語るように、銀座という激戦区で長きに渡り運営を続けている安心感は、まさに老舗の貫禄と言えるもの。銀座風月堂ビルの5階にある450㎡のワンフロアーを利用したレンタルオフィスに加え、バーチャルオフィスの機能を併せ持ったハイブリッド型のレンタルオフィス、それが「銀座ビジネスセンター」です。最寄り駅となる東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からは徒歩5分という抜群の交通アクセスで、移動にも困ることがありません。

そんな「銀座ビジネスセンター」を利用するのがおススメである理由について、下記に簡単にまとめてみました。

高いスキルを持った受付秘書がクオリティ高いサービスを施してくれるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」には常時10名程の秘書が待機しており、平日9時から20時45分までの営業時間中、利用会員のサポートを行ってくれます。その業務の内容は一見簡単そうに見えるものの、実は複雑に入れ込んでいたり、数多くの利用者の状況を把握していないとできないことばかり。来客時の受付対応や電話・FAX対応、郵便物の受取・転送対応、個室利用後のアルコール消毒といったものなど多岐にわたります。

「銀座ビジネスセンター」の場合、アルバイトや派遣社員ではなく、すべての受付秘書は正社員ということもあって教育研修をしっかり受けています。さらに自分で考え臨機応変に対応する術を身に付けているなど、秘書の自主性を尊重しているため、ホスピタリティ(おもてなしの心)にあふれた顧客対応が魅力。

仕事環境や設備の良さはもちろんのこと、人間的な面においても自信あふれるレンタルオフィスなのです。

セキュリティやプライバシーを気にする方に、完全密閉個室のレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」では22ある個室すべてにおいて、隣部屋との境にある壁は天井までしっかり密閉された作りとなっており、電話やオンラインミーティング、通常の対面によるミーティングの際にも、隣の部屋に声が漏れることはありません。 また、出入りする扉は施錠型のものを利用していることや、通路には防犯カメラの設置が施されているなど、セキュリティシステムも導入されるほどの徹底ぶり。セキュリティやプライバシー面において注意が必要な業務に従事している方であれば、カフェやファストフードのようなセキュリティが脆弱な場所よりも、断然安全性が高い環境が約束されています。

有明テニスの森から銀座ビジネスセンターまでの交通アクセス

有明テニスの森エリアから「銀座ビジネスセンター」までの移動手段ですが、ゆりかもめ乗車後、終点の豊洲駅で乗り換え(乗車時間5分)、東京メトロ有楽町線の銀座一丁目駅で下車(乗車時間6分)、といったルートがもっとも早いです。

まとめ

有明テニスの森周辺で活動する方において、レンタルオフィスをはじめとするワークスペースを検討しているなら、銀座にある「銀座ビジネスセンター」を検討してみるのが良いでしょう。

自宅での作業やカフェやファストフードでの仕事に少々飽きてしまった、いつも集中できずにイライラする、といった時には「銀座ビジネスセンター」の個室を利用してすっきり仕事を片付けてしまいましょう。

バックオフィス的な業務が発生するのであれば、秘書サービスを利用してみるのも良いですし、法人化を考えている副業従事者などは法人登記が行えるのも魅力。すでにほかのレンタルオフィスや自宅で法人登記してしまった方でも、銀座の住所が利用できる「銀座ビジネスセンター」へ本店移転を考えてみるのも良いかもしれません。 あなたのビジネスの幅を広げるレンタルオフィス、それが「銀座ビジネスセンター」です。

おすすめの記事