レンタルオフィス 千葉

オンラインを活用したビジネスが一般化した昨今、テレワークや副業に了できる作業場を求めているという方は少なくありません。Webサイト制作や、デザイン、ライティング業務を行うタイプの仕事では、パソコンやスマートフォンがあれば場所を問わず作業が行えるため、自宅だけでなくカフェやファミレスで仕事する方も多数見受けられます。

しかしそのような場所では「電話やオンラインミーティングが禁止されている」「利用制限があり長居が出来ない」「ネットが30分(または1時間)ですぐ切断される」といった課題も多く、そこまで快適な環境とも言い難い現実があります。

そこでお勧めしたいのが、専用の個室が利用可能なレンタルオフィス。レンタルオフィスであれば、誰にも邪魔されない静かな環境で作業ができるだけでなく、秘書サービスを始めとしたバックオフィス業務を代行することができ、ビジネス効率を格段に高めてくれます。

今回は千葉でワークスペースを探している方を対象に、千葉エリアのレンタルオフィス事情とおすすめのレンタルオフィスについて紹介していきます。

千葉ってどんなエリア?

「千葉」とは千葉県千葉市中央区新千葉1丁目にある千葉駅周辺を指すエリアです。地域の玄関口となる千葉駅は、JR線と千葉都市モノレールの2路線が乗り入れるほか、京成電鉄の京成千葉駅とも隣接しており、千葉県を代表するターミナル駅のひとつとなっています。

千葉駅には複合施設・超高層ビルなどが複数接続していますが、それ以外にも企業のオフィスビルや金融機関、商業施設、家電量販店などが周辺に数多く立地。近隣の駅とともに巨大な商圏を形成しており、常に学生やビジネスパーソン、家族連れなどで賑わっているのが特徴です。

また、同エリアは都市の国際競争力強化の観点から都市再生緊急整備地域にも指定されています。そのため、複数の再開発プロジェクトが数年にわたって進行中であり、今後はさらなる街の活性化が期待されています。

千葉のレンタルオフィス事情

千葉のレンタルオフィスやバーチャルオフィスは、市内の中心駅である「千葉駅」に集積しています。いずれの施設も駅から近いため利便性が高く、サービスも比較的充実していますが、人気のエリアとあって個室は争奪戦になりがちです。

また、ホームページに利用料金を公表していなかったり、備品等の使用にあたってオプション料金が必要となったりするレンタルオフィスも複数あります。「当初考えていた予算よりも高くついてしまった」ということがないように、事前にかかるコストはしっかり調べておくことが大切です。

以下に千葉エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめましたので、検討の際には参考にしてみてください。

千葉エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 千葉駅直結 レンタルオフィス、コワーキングスペース、貸し会議室 コワーキング全日プラン月額13,200

貸し会議室

1時間1,500円~

1名~18

※多人数利用はコワーキングスペースの一部貸し切りが必要

ドロップインOK

登記不可

個室ブースあり(追加料金)

レンタルオフィスB 千葉駅から徒歩1 レンタルオフィス、コワーキングスペース 個室プラン月額36,300円~

※固定席の空席なし

1名~ 24時間365日利用可能

ドロップインOK

登記や郵便物転送などは別途料金

レンタルオフィスC 千葉駅から徒歩4 レンタルオフィス、コワーキングスペース、自習室 共有デスク

マンスリープラン

月額13,400

※個室ブース席は要問合せ

1名~ デイリープランあり

24時間利用可能

ロッカーや複合機、会議室利用は別料金

レンタルオフィスD 千葉駅から徒歩4 貸し会議室 カンファレンスルーム1時間6,600円~ 1名~81 会議室4部屋

パーティ、夜間利用可能

ビジネス備品完備

レンタルオフィスE 千葉駅から徒歩5 レンタルオフィス、コワーキングスペース、バーチャルオフィス 要問合せ 1名~ オフィス家具完備

多拠点利用可能

事務サポートあり

都内の一等地銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

仕事をする上で「エリア」や「ロケーション」は思った以上に重要です。場所を選ばず仕事ができる時代だからこそビジネス環境にはこだわりたいもの。

当然自宅で仕事をするのが利便性を考えればベストですが、個人事業の枠を超えることはなかなか難しいですし、気持ちの切り替えも難しいのが現実ではないでしょうか。さらに、事業が拡大した場合の本店移転には手間やコストがかかることや、人を招いて打ち合わせするのも難しいのが現状です。

そこで気軽に利用できお手頃な作業場を検討している方にぜひおすすめしたいのが、東京都内の一等地「銀座」にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年から銀座エリアで運営をスタート、レンタルオフィスの先駆者とも呼ばれるほどの存在です。目抜き通りから一本入った銀座6丁目の並木通りとみゆき通りの交差する場所に佇む「銀座風月堂ビル」の5階を拠点とし、レンタルオフィスとバーチャルオフィスを併せ持ったサービスを展開しています。交通アクセスも良く、東京メトロ銀座線の銀座駅から徒歩2分、JR有楽町駅から徒歩5分と非常に近いことや、銀座一丁目駅や新橋駅、東銀座駅も利用圏内とあって、クライアントも招きやすいレンタルオフィスです。

月額利用料金は1か月11,000円~となっており、銀座エリアでオフィスを構えることができる料金としては比較的リーズナブルな価格設定となっています。

さらに「銀座ビジネスセンター」は1時間1,760円~で完全密閉型の個室が利用できる時間貸しレンタルオフィス。通常は自宅ベースで仕事を行いながら、クライアントとの打ち合わせや、新たな商談時、採用の面談などがある際には個室利用する、といった形であればコストを抑えることもできます。

そんな「銀座ビジネスセンター」が、ビジネス拠点としておすすめの理由について以下にまとめてみました。

銀座の知名度の高さを十分利用できるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は法人登記可能なレンタルオフィスとして知名度抜群の「銀座」住所の利用が可能、なレンタルオフィス。自身のホームページや名刺に、会社の住所として使用できる銀座アドレスを記載し、事業展開することができるので、知名度がイマイチ弱いというエリアでビジネス展開している方には、「銀座ビジネスセンター」を拠点としてみるのはいかがでしょうか?

クライアントや取引先、商談相手に与えるイメージも申し分ない「銀座」エリアは、ビジネスをする上で好都合な場所です。ネット全盛の時代は場所にとらわれずに仕事が出来ると言われていますが、それでも拠点となる場所だけはしっかりした場所に構えたいところです。また、「銀座ビジネスセンター」は、オフィス外観や内装もしっかりしており、相手が不安になるようなことが一切ありません。

内装にもこだわりのあるお洒落なレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」では、他のレンタルオフィスと異なるのがオフィス環境へのこだわりが強い点も魅力です。受付横のラウンジには「カッシーナ」のソファーが設置、来訪者を優雅に出迎えてくれます。さらに個室に備え付けられた椅子は、部屋により色やデザインを変えるなどハイセンスなお洒落が施されています。

「銀座ビジネスセンター」では、快適な環境でビジネスを行えるように設計されたレンタルオフィスのため、比較的リーズナブルな料金設定にもかかわらず、快適なオフィス環境を銀座エリアで手に入れることができます。

まとめ

千葉駅周辺エリアで事業活動を行っているものの、いまだ拠点となるワークスペースを持っていないという方、東京でも知名度抜群、超一等地「銀座」にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」を利用してみませんか?

「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」は、月額11,000円~の利用料金で銀座アドレスを利用できるだけでなく、1時間1,760円~で完全個室・セキュリティ万全の個室を利用できるレンタルオフィスです。使用用途や使用機会に応じてフレキシブルに活用できる「銀座ビジネスセンター」で仕事の質を高めてみることをおすすめします。

おすすめの記事