レンタルオフィス 原宿

自宅で法人登記を行い、カフェやファミレスで気ままに仕事をする、そんな働き方をしている方もいると思いますが、対外的なことを考えた場合、自宅での登記はクライアントを呼ぶことが出来ませんし、打ち合わせも先方へ行くばかりだったり、カフェを利用したりすることになっていませんか?

事業が安定化し、軌道に乗ってきたら新たなステージとして対外的なオフィスを持つことは重要かもしれません。とはいっても、賃貸オフィスを契約するにはコストがかかりすぎる、そんな方におススメなのが「レンタルオフィス」です。レンタルオフィスであれば、賃貸オフィス契約と比べて契約面で手間はかかりませんし、コストもそれほどかからず、オフィスを持つことができます。

今回は原宿でワークスペースを探している方を対象に、原宿エリアのレンタルオフィス事情とおすすめのレンタルオフィスについて紹介していきます。

原宿ってどんなエリア?

「原宿」とは、東京都渋谷区にある原宿駅から表参道周辺にかけてのエリアを指す通称です。このエリアは、「ファッションストリート」と称されるほど有名なトレンドの発信地。若者向けのアパレルショップや飲食店、雑貨店、美容室などがひしめき合い、常に活気のある街として知られています。

かつてこの地は、原宿1丁目~原宿3丁目という行政地名がありましたが、昭和時代にすでに廃止されており、今日において「原宿」の地名が用いられる住所はありません。現在では、当時は町域外だった原宿駅や竹下通りも含んだ形で、神宮前1丁目~神宮前4丁目という行政地名へ変更されています。

同エリアの玄関口となる原宿駅は、神宮前1丁目に所在しており、JRの山手線および東京メトロの千代田線・副都心線が乗り入れる駅となっています。旧駅舎は、都内に現存する木造駅舎として最も古く、イギリス調のハーフティンバー様式の建物は街のシンボルとして多くの人々に愛されてきました。しかし2020年より立て替えが進められており、旧駅舎の外観を再現しつつも、「街の個性を活かした拠点づくり」を目指した新たな取り組みがスタートしています。

原宿のレンタルオフィス事情

原宿のレンタルオフィスやバーチャルオフィスは、原宿駅や明治神宮前駅周辺に多数存在しています。このエリアは、レンタルオフィス・コワーキングスペース・貸し会議室などバリエーションが豊富なのが特徴であり、料金設定も比較的リーズナブルなものからエグゼクティブクラスまで様々です。

ただし、エグゼクティブを対象とした高級レンタルオフィスや外資系レンタルオフィスでは、利用料金をホームページ上に公開しておらず「要問合せ」「見積もり対応」となっているケースがほとんど。そのため、各社のサービスや値段を比較・検討する際に時間と手間がかかる点がややネックと言えるでしょう。

以下に原宿エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめましたので、検討の際には参考にしてみてください。

原宿エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 原宿駅から徒歩1 レンタルスペース、クリエイターズオフィス 月額352,000 1名~ 入居は20221月上旬~

プロモーションスペースとしても利用可能

原則2年契約

レンタルオフィスB 原宿駅徒歩1 レンタルオフィス 月額224,000円~510,000 1名~ デザイナーズレンタルオフィス

24時間365日のセキュリティ

完全個室

レンタルオフィスC 原宿駅徒歩2 バーチャルオフィス 月額2,310 法人登記可能

会議室の利用OK

複数拠点あり

レンタルオフィスD 原宿駅から徒歩4 レンタルオフィス、コワーキングスペース、イベントスペース 要問合せ 1名~ コンシェルジュサービス常駐

エグゼクティブオフィス

24時間365日利用可能

レンタルオフィスE

 

原宿駅から徒歩5分 レンタルスペース 1日35,000 1名~ 時間貸しも可能(2時間以上~)

キッチン完備

備品無料貸し出し

レンタルオフィスF 原宿駅から徒歩7分 レンタルオフィス、シェアオフィス、コワーキングスペース、バーチャルオフィス 要問合せ 1名~ テンポラリーオフィスとしての利用OK

オフィス家具完備

スケールアップ可能

レンタルオフィスG 原宿駅から徒歩7 シェアオフィス 要問合せ 1名~ 感染症対策万全

イベントスペースあり

マザーズルーム完備

使いたい時に使いたいだけ利用できるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

原宿周辺のレンタルオフィスには、比較的高い金額設定となっていることから、気軽に利用するには難しいエリアかもしれません。もし比較的で安めで、気軽に利用できるレンタルオフィスを探したいという場合には、原宿エリアを外すのが無難です。しかし、原宿は知名度抜群、選ぶなら同様に知名度の高いエリアの方が対外的にもインパクトを与えることができるので、そのようなエリアでレンタルオフィスを探してみるのが理想です。

そこでおすすめしたいのが、比較的リーズナブルでエリアメリットも高い、銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年に銀座にてスタートしたレンタルオフィス。銀座6丁目の銀座風月堂ビル5階、並木通りとみゆき通りが眼下に見渡せる落ち着いたロケーションに存在します。最寄り駅となる東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からは徒歩5分とアクセスがとても良く、都内近郊への移動に不便は感じることがありません。利用者は中小企業経営者をはじめ士業、個人事業主、スタートアップ企業や副業従事者、地方のサテライトオフィス使用など、幅広く利用されています。会員月額料金は11,000円~と銀座エリアとしては比較的リーズナブルな料金設定となっています。

そんな「銀座ビジネスセンター」がおススメな理由について、以下にまとめてみました。

「銀座」という知名度が高く、落ち着いた街にあるレンタルオフィス

ビジネスを行うにあたって「エリア」は重要なポイントの一つです。法人登記を行う際、住宅街にあるようなところと、オフィス街のイメージを持つ街のどちらがクライアントに信用されやすいかを考えればわかるかもしれません(答えは後者です)。

「銀座ビジネスセンター」のある銀座エリアは、大手企業や老舗企業が数多く存在するビジネス街。さらに大人の街のイメージがあり、ごちゃごちゃした雰囲気ではなく洗練された街並みをイメージできる点もポイント。クライアントからしてみたら「安心できそう」「しっかりした仕事をしてくれそう」という印象を持ってもらえる、それが銀座の持つエリアメリットです。

完全密閉型の個室利用可なのにリーズナブルな時間貸しのレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は全22ある個室スペースや会議室を必要な時に必要な時間利用できる時間貸しレンタルオフィス。完全密室型の個室スペースは防音対策やセキュリティ対策がばっちり。電話や打ち合わせ、オンラインミーティングの話し声は外部に漏れて迷惑をかけるようなことは一切ありません。

ちなみに都内で完全個室型のレンタルオフィスを利用する場合、サイズにもよりますが月額10万前後が相場と言われています。銀座エリアには月額20万円以上する完全個室のレンタルオフィスも多数存在します。しかし「銀座ビジネスセンター」は時間貸しのレンタルオフィスということもあって、1時間1,760円~の料金で、個室を利用できます。使わない時にはコストがかからないので、予算を鑑みながら利用できる点がとても便利。コストを抑えつつも、仕事がはかどる環境が手に入る、それが「銀座ビジネスセンター」です。

まとめ

原宿エリアで、カフェやファミレスでの仕事から脱却してレンタルオフィスを検討するなら、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」はニーズを叶えてくれるレンタルオフィスと成り得ます。銀座というエリアメリットを感じながら仕事ができる上、月額11,000円~の利用料および1時間1,760円~の完全個室スペース利用はコストパフォーマンスも高いと会員の方には好評です。

レンタルオフィス銀座ビジネスセンターを活用し、今のビジネスステージをさらに一歩アップグレードしてみませんか?

おすすめの記事