東京都内でバーチャルオフィス利用を検討しているスタートアップ企業や個人事業主の方、バーチャルオフィス選びに重要なのは何だと思いますか?

バーチャルオフィスはもともとレンタルオフィスと比べると月額料金も安く、住所だけ利用できればOKという人に適したオフィススタイル。そのため、コスト面というよりもそれ以外の機能やサービスにおいて重視したいポイントを外さなければ非常に利便性が高いものとなります。

そこで今回は、バーチャルオフィスを選ぶのに絶対外せないポイント、また東京都内でおすすめのバーチャルオフィスについて紹介していきます。

 

バーチャルオフィスで重要なポイント

バーチャルオフィスを検討する際に外してはいけないポイントはいくつかありますが、以下の5つは意識しておきたいポイントです。

 

ポイント
  • エリア
  • 法人登記の可否
  • サービスの質
  • 個室利用の可否
  • 秘書サービスのクオリティ

 

順番を追って詳しく見ていきましょう。

 

エリア

バーチャルオフィスは「住所貸し」サービスということもあって、法人登記や銀行口座開設に利用可能な住所を運営会社が利用者に貸してくれる形でサービスが成り立っています。そのため、バーチャルオフィスの所在地=設置する自社の所在地となるため、エリア選びは非常に重要です。

バーチャルオフィスの所在地は何も自宅近所であるといった制約があるわけではありません。ましてやそのエリアに出向いて仕事をする前提で契約するモノでもありません。よって選定の際には馴染み深いエリアや知名度のあるエリアを選択するのが得策と言えます。

一般的にはバーチャルオフィスは主要駅やランドマークとなる街に設置されることが多いため、都内の場合だと銀座や渋谷、新宿、六本木、池袋といった乗降者数が多く知名度の高い街が好まれます。特に仕事で利用することもあって、ビジネス色が高いエリアのバーチャルオフィスを選ぶことにより、クライアントに与える印象も大きく変わってきます。

 

法人登記の可否

バーチャルオフィスは法人登記のために使う住所利用を前提に契約する人が大半だと思いますが、法人登記ができないバーチャルオフィスでは意味がありません。「契約後に法人登記が出来ないことがわかってショック」ということにならないためにも、ホームページに記載されている情報等が正しいのか、きちんと電話やメールで運営会社に確認するなどしておきましょう。

 

サービスの質

バーチャルオフィスは、その名の通り直接的な対人サービスが伴いません。そのためサービスの質を肌で感じられるのは、契約時の対応や郵便物の転送対応、電話やメールでの応対といったものとなります。

その中でも郵便物の対応はトラブルになりがちなサービスの一つ。郵便物が紛失したり、いつまでたっても転送対応してくれない、といったバーチャルオフィスもあるようです。これに付随して、問い合わせしても返答がないバーチャルオフィスも存在しています。

契約した後でないと実際のサービスがどのようなものかは正直判断が付かないため、口コミサイトやブログによる利用者の声を拾うことによって、運営会社の実態が見えてくることもあります。

特に激安・格安をうたっているバーチャルオフィスの場合、コストをセーブしている分サービスの質は低くなりがちです。トラブルに巻き込まれないように、できることなら激安・格安バーチャルオフィスは避けるのが賢明です。

 

個室利用の可否

バーチャルオフィスを運営している会社の中にはレンタルオフィスを併せて運営しているところもあります。

バーチャルオフィスで法人登記した企業の場合、バーチャルオフィスの住所において個室スペース利用が出来ないと、クライアントを招き入れることができずに困ることがあります。その点、レンタルオフィスを併設したバーチャルオフィスの場合には、会議室や個室利用も可能、打ち合わせや作業での利用も行えて便利ですし、クライアントを不安にさせることもありません。

 

秘書サービスのクオリティ

バーチャルオフィスのオプションサービスには電話代行サービスといったものがあります。これはバーチャルオフィスにかかってきた電話に対し、運営会社の電話秘書が代わりに対応してくれるものです。サービスは運営会社によってまちまちですが、かかってきた電話を受けて適切な対応をしてくれる(メール等で内容を伝える)ものや自身の携帯電話に転送設定してくれるものなどがあります。

気を付けたいのは秘書がかかってきた電話に出て対応してくれるケース。丁寧に顧客対応してくれていれば何も問題ありませんが、電話の応対が悪かったり伝言内容に不備があったりすると、企業の不信にもつながります。

 

エリアやサービス、どれをとっても高品質!レンタルオフィスの機能を併せ持つ「銀座ビジネスセンター」

東京都内にはたくさんのバーチャルオフィスがあり、どのバーチャルオフィスを選ぶのが自分にとってベストなのかはすぐに決定できるものではありません。そんな悩める方におススメしたいバーチャルオフィスが、銀座というプライムロケーションにあり、月額11,000円~の価格ながらサービスクオリティが抜群と評判の「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は20年以上の運営実績を誇り、ホスピタリティの精神で利用者を満足させてくれるレンタルオフィスとバーチャルオフィスの二つの顔を持つ施設。銀座6丁目「銀座風月堂ビル」の5階を拠点とし、最寄り駅となる東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からは徒歩5分の抜群のロケーションを誇っています。

バーチャルオフィスとしては、都内のみならず近郊エリアや日本全国からも「銀座アドレス」が利用できる利便性を持ち得ている他、レンタルオフィスとしては、中小企業を中心に個人事業主や士業、副業従事者、企業のプロジェクト利用など幅広い方々に活用されています。

 

代表自ら利用希望者にお会いして審査・説明を行ってくれる

「銀座ビジネスセンター」は、利用希望者には代表自らが会って、オフィスに関しての詳細説明を丁寧に行います。利用後に「思っていたのと違った」ということにならないよう、希望者の質問に納得いくまでしっかりと回答してくれるため、納得して入会してもらえるような配慮がなされています。

 

バーチャルオフィスとしてのみでなく打ち合わせや面談に活用できる個室利用が可能

「銀座ビジネスセンター」にてバーチャルオフィス利用(月額11,000円~)がメインの場合、普段は自宅や近くのカフェを利用して仕事をしながら、重要な打ち合わせや商談、面接といった場合にのみ1時間1,760円~の料金で個室レンタルをするといった利用方法も可能。これも「銀座ビジネスセンター」が、バーチャルオフィスに加えてレンタルとオフィスとしての機能を持ち得ているからなせる業です。

「銀座ビジネスセンター」は時間貸しのレンタルオフィスとしての側面を持ち得ているので、22ある個室を使いたい時に使いたいだけ利用することができます。利用の際には事前予約を行いさえすれば、当日の連絡となった場合でも問題なく利用することが可能です。

 

まとめ

バーチャルオフィスを検討する際には、「エリア」「法人登記の可否」「サービスの質」「個室利用の可否」「秘書サービスのクオリティ」といったものがポイントとなりますが、すべてが整った「レンタルオフィスの銀座ビジネスセンター」であれば月額11,000円~の料金で銀座のアドレスを利用したビジネスをスタートできます。ぜひこの機会に「銀座ビジネスセンター」を検討してみてはいかがですか?

おすすめの記事