福島県内にてレンタルオフィスを探している起業準備中の方、もしくは事業拡大を目指し東京進出を検討している福島県内の企業に向け、東京のレンタルオフィスを契約するメリットについてまとめてみました。

 

福島県とはどんなところ?

福島県は東北地方に位置し、北海道・岩手県に次ぐ全国第3位の広大な面積を持つ県です。県内は南北に延びる山地と山脈により、「会津」「中通り」「浜通り」の3地域に大別され、気候・交通・歴史などそれぞれに異なる特徴を有しています。

そんな福島県の観光地は、奥州三関の一つに数えられる関所「白河の関」、磐梯朝日国立公園の中にある「五色沼」、国内で四番目に大きい湖「猪苗代湖」などが有名です。

 

2020年9月現在、福島県には13,783.90㎢の面積に1,827,283人(21/47都道府県)が居住しています。

 

福島県の県庁所在地は「福島市」ですが、人口順位は県3位とやや人口は少なめで、1位は「いわき市」、2位は「郡山市」となっています。福島県は中規模の都市が点在する地域であり、一般的に行政の中心地は福島市、商業や経済の中心地は郡山市と言われています。

福島県の玄関口となる「福島駅」は、東北本線と奥羽本線が走るほか、東北新幹線と山形新幹線の分岐駅としても機能しており、東北各地と関東を繋ぐ重要な役割を果たしています。

 

福島市・いわき市・郡山市以外のエリアには、ラーメンで有名な「喜多方市」、東日本大震災で甚大な被害を受けた「相馬市」「南相馬市」、白虎隊で有名な「会津若松市」などがあります。

 

福島県にあるレンタルオフィス事情

福島県のレンタルオフィスやバーチャルオフィスは、1つの都市に集中しているわけではなく、福島市や郡山市、白河市などで点在しており、数は少ないものの、偏りがなく県内各地にまんべんなく存在しているのが特徴です。

法人登記できるレンタルオフィスのほか、シェアオフィス、コワーキングスペース、自治体が運営するインキュベーション施設などがあって運営形態は各々異なります。中でも個室のあるレンタルオフィスは人気が高く、常に満室というケースもあるので注意しなければなりません。

 

福島県内でなく東京のレンタルオフィスを使うという選択肢

福島県内でこれから起業に向けて動こうとしている方や、東京進出を考えている福島県内にある企業が東京のレンタルオフィスを検討する場合、次のようなケースが想定されます。

 

起業予定でレンタルオフィスを探している人の場合

IT関連や士業、コンサルタントといった場所を選ばない仕事で起業しようと検討している場合、どこの住所で法人登記すべきなのかは迷うポイントの1つでしょう。そんな時に上手に活用したいのがレンタルオフィス。防犯上や営業戦略上の理由から自宅の住所を法人登記するには抵抗があるという人でも、レンタルオフィスであれば気兼ねなく利用することが可能。

特に東京のレンタルオフィスで法人登記すれば、クライアント獲得に有利にとなるだけでなく、東京の商圏に参入できることで、ビジネスチャンスが格段に広がります。

 

福島県でも知名度のある企業が東京進出に向けレンタルオフィスを利用する場合

もう一つは、福島県内でも有名な企業が東京進出や全国展開を図るために、東京のレンタルオフィスを利用するケースです。東京のレンタルオフィスを活用することで、コストをかけずに東京の拠点を作ることができ、東京での事業をスピーディかつスムーズに進めることが出来ます。
東京に拠点があり常駐スタッフがいれば、福島から打ち合わせや商談の度に上京する手間も省けますし、東京での人脈・ネットワーク形成にも一役買ってくれること間違いなしです。

 

福島県内の企業が東京のレンタルオフィスを活用するメリット

福島県内ではすでに知名度や実績があるものの、事業拡大のため新たに東京進出を考えている企業もあるのではないでしょうか。そのような企業が東京のレンタルオフィスを利用するメリットには以下のようなものがあります

 

東京のレンタルオフィスを拠点にまずはテストマーケティングを

福島から東京進出を検討することでビジネスチャンスが広がることは間違いありません。ただしビジネスには失敗が付き物であり、初めから大きな成功が約束されているわけではないのも事実。そのため、自社商品が東京市場で受け入れられるかどうかテストしてみたいと思う企業もあることでしょう。
そんな時にレンタルオフィスを活用すれば、低リスク・低コストでテストマーケティングを実施することが可能となり事業失敗のリスクを大幅に低減することができます。

 

日本のビジネスとトレンドの中心、東京でビジネスを展開できる

福島県の人口180万人に対し、東京の人口は1,400万人であり、その差は約7倍にも上ります。
圧倒的な人口を誇る東京であれば、福島県内で事業を展開するよりも多くのビジネスチャンスが存在し、新たな販路や顧客獲得を見込むことができます。地方とは異なり東京都内は公共交通機関が発達しており、関東の主要エリアであれば1時間程度で移動できるため、効率的な営業活動が行えます。

 

東京の銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

福島から東京進出を考える企業の方や起業準備中の方にぜひおススメしたいのが、東京都中央区銀座にある「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年から運営スタートした歴史あるレンタルオフィス。銀座という東京のど真ん中に位置し、最寄りの東京メトロ銀座駅B5番出口からは徒歩12分、JR有楽町駅からも徒歩5分圏内と交通利便性は抜群です。さらに、羽田空港や新幹線の停車駅である東京駅や品川駅へもアクセスしやすく、国内外への出張も多い企業の方にも利用しやすいロケーションとなっています。

 

東京のレンタルオフィスの中で「銀座ビジネスセンター」がおススメな理由

東京都内には地方とは比べ物にならないほど多くのレンタルオフィスが存在しますが、その中で「銀座ビジネスセンター」をおススメする理由には以下のようなものがあります。

 

事業規模や利用用途によって選択可能な3つのプランを用意

「銀座ビジネスセンター」は、22ある個室スペースや会議室といった必要な部屋を、必要な時に必要な時間だけ借りることができる形の時間貸しレンタルオフィス。

料金は「月額10,000円」「月額25,000円」「月額50,000円」の3つのプランが用意されており、企業の事業規模や利用用途に合わせて自由に選択できるようになっています。たとえば、地方にいながらバーチャルオフィス機能を活用し、郵便物の転送や電話の転送を行う形でビジネスを行うこともできますし、普段は自宅で仕事をしながら、面談や重要な商談の際にのみ個室利用を行うといったことも可能です。

 

利用者にとって嬉しいポイントは、すべてのプランに常駐秘書の受付対応や法人登記・口座開設、郵便物や宅配物の受取や転送サービスが含まれていること。リーズナブルな料金設定にもかかわらず、どのプランでも手厚いサービスが受けられるので、地方企業の方でも安心して利用することができます。

中でも、「月額50,000円」のプランは、基本料金に個室利用20時間分(4人部屋相当)がセットになっているため、個室利用が必須となる企業にとって最もお得なプランとなっています。

 

テレワーク利用でも安心。全室天井まで密閉された機密性の高い完全個室

一般的なレンタルオフィスは費用を抑えるために個室スペースの上部分が開いているものやパーテーションで区切られただけのものなど、プライバシーやセキュリティが全く考慮されていないものも多く、機密情報を扱っている場合には不向きです。他にも電話やネット会議をするのは他の方の迷惑になりかねません。

 

しかし「銀座ビジネスセンター」の22の個室は全てが天井までしっかりと密閉されており、隣で利用している方の電話の内容や打ち合わせ時の声が漏れてくることはありません。
また、ほとんどの部屋に窓が付いており、採光が確保されているだけでなく圧迫感もないため、快適に利用することができます。

 

銀座ビジネスセンターまでの交通手段

福島県内から「銀座ビジネスセンター」への移動に関しては、新幹線での移動が一般的です。新幹線の場合、福島駅から東京駅までは最速で約1時間20分。東京駅到着後「銀座ビジネスセンター」までは電車よりタクシーが便利です(およそワンメーターほど)
このほか高速バスを利用するといった方法もありますが、福島駅から都内まで5時間ほどかかるので、忙しいビジネスパーソンには新幹線の利用がおススメです。

 

まとめ

福島でレンタルオフィスを検討している起業予定者や東京進出しを目指す企業にとって「銀座ビジネスセンター」は、すぐにでも東京でビジネスが始められるだけでなく、コロナ禍でもソーシャルディスタンスをしっかりと保ちながら安全に利用できるレンタルオフィスです。

 

東京進出や全国展開を目指すならまずは「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」を利用してみるのはいかがでしょうか?

おすすめの記事