レンタルオフィスとは?

オフィス通いをしない方の場合、ワーキングスペースとして検討の一つに上がることも多いと思うレンタルオフィス。テレワークやリモートワークに最適なワークスペースとして活用しやすい点が魅力のオフィス形態です。賃貸オフィスに比べてリーズナブルな価格でワークスペースが手に入るだけでなく、電話代行や秘書代行といったサービスも享受することができ、スモールビジネス従事者を中心に最近人気が高まっています。

とはいえ、「家の近くにレンタルオフィスがない」「レンタルオフィスってどこに気を付けて検討したらいいのだろう?」「賃貸オフィスと何が違うの?」といった疑問もあって、いまひとつレンタルオフィス探しに踏み出せない方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、レンタルオフィスとはどんなものかを解説するとともに、賃貸オフィスとの違いやメリット・デメリットについて解説していきます。

レンタルオフィスとは?

レンタルオフィスとは、短期間契約やオフィス家具完備といった「即入居可能な状態」が整備された新しいオフィス形態です。入居可能な人数は1名から数十人まで幅広く、用途や使用人数に合わせて自由に選べます。ビジネスに必要なデスクや椅子のほか、プロジェクターやホワイトボード、コピー機といったビジネスツールも完備されており、契約が完了次第すぐにオフィスを使用することができます。

また、設備投資費用やオフィス契約にかかる保証金など、オフィス立ち上げまでのコストをミニマムに抑えることも可能。さらに、電話対応や秘書・事務といった代行サービスを提供しているレンタルオフィスもあり、そうしたサービスを活用すれば人的コストを削減できるという利点もあります。貸会議室やラウンジといった共有ファシリティが用意されている点、ネットインフラ環境やセキュリティ対策が万全な点なども、レンタルオフィスが注目される理由と言えるでしょう。

賃貸オフィスとの違い

レンタルオフィスと賃貸オフィスの一番の違いは、契約形態でしょう。賃貸オフィスの場合には不動産会社と「賃貸借契約」を結ぶ必要がありますが、レンタルオフィスの場合には「サービス利用契約」となります。

賃貸借契約の場合には、敷金・保証金といった費用や初期設備の資金を独自に調達しなければなりませんが、レンタルオフィスの場合には、そういったコストを最小限に抑えることができます(敷金・礼金・保証金の有無・金額などは運営会社によって異なります)。また、賃貸借契約では審査が厳しいこともあり、申し込みから入居までに3か月程度を要するケースもありますが、レンタルオフィスであれば即日から入居できるところがほとんどです。

レンタルオフィスのメリット・デメリット

では、レンタルオフィスにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。
それぞれ見ていきましょう。

レンタルオフィスのメリット

レンタルオフィスのメリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • オフィス開設の時間的・金銭的コストが抑えられる(賃貸借契約の保証金は賃料の6~12か月分が目安のところが多いが、レンタルオフィスでは高くても賃料1~3か月分)
  • オフィス家具やビジネスツールが完備されており、新しく購入する必要がない
  • ITインフラが整っているため、インターネット申し込みや設置工事の立ち合いが不要
  • 受付や秘書サービス、事務代行などのサービスをリーズナブルな費用で利用できる
  • 会社登記や住所利用が可能(ただし、許可していないレンタルオフィスもあり)
  • 個室、施錠付きのレンタルオフィスであれば、セキュリティ対策が万全
  • 都内の一等地やビジネス街にオフィスが持て、ビジネス戦略上有利になる

このように、レンタルオフィスは賃貸借契約と比べてリーズナブルに利用ができ、イニシャルコストやランニングコストを抑えることができる点や、秘書サービスや事務代行サービスに力を入れているレンタルオフィスであれば、郵便物の受け取りや電話代行、来客対応なども任せることができ、事務スタッフを別途雇う必要がないのもポイントです。

さらに、賃貸借契約ではコスト的に契約が難しい東京都心部の一等地にある施設を利用して法人アドレスを持てるというのもビジネスにおいては大きなメリット。クライアントと名刺交換した際に、「会社の所在地を見て一目置かれる」なんてこともあるかもしれません。

レンタルオフィスのデメリット

メリットが多いように感じるレンタルオフィスですが、当然ながらデメリットもあります。

たとえば、

  • 間取りを大きく変更する、特徴的な内装を施すといった改装が難しい
  • 登記利用やロッカー利用などがオプション料金となって、当初の予算を超える可能性も
  • 完全個室ではなく、簡易的な仕切りの個室や天井部に空間が生じるタイプのレンタルオフィスもある
    といったものが挙げられます。

とはいえ、1人経営の会社やリモートワーク、副業などで利用する場合、それほど大がかりな改装をするケースは稀でしょう。またオプション料金や個室に関しても、物件を決める段階でしっかりと見学・確認などをし、納得した上で申し込みをすれば、懸念されるメリットを最小限に抑えることができます。

都内でレンタルオフィスを探すなら銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」がおすすめ

ここまでレンタルオフィスの概要やメリット・デメリットについて解説してきました。しかし、実際にレンタルオフィスを探すとなると、「どんなところを選べばよいのかわからない」と感じる方も多いのではないでしょうか。

都内には数多くのレンタルオフィスがありますが、その中でおすすめなのは、利便性および知名度が高いエリア。なかでも、利便性・知名度の両面で優れている銀座エリアにあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」をご紹介しましょう。

「銀座ビジネスセンター」はレンタルオフィスやシェオフィスひしめく銀座で、20年以上もの間レンタルオフィス運営を続けている業界のパイオニア。銀座エリアにありながら時間貸しのレンタルオフィスという特性を活かし、月額11,000円~と比較的リーズナブルな価格で利用できるのが魅力のレンタルオフィスです。個室利用料金は別途かかりますが、1時間1,760円からとなっています。

銀座エリアなのにリーズナブルな料金体系のレンタルオフィス

一般的なレンタルオフィスは月額固定型のレンタルオフィスであることが多く、自分専用の個室スペースがあてがわれるタイプものをイメージされる方も多いと思います。この場合、空きが出なければ利用することはできませんし、利用しても利用しなくても費用が掛かるため、利用しない期間が続くと足が遠のいてしまうことも。

その点、「銀座ビジネスセンター」は、月額11,000円~の料金で銀座にオフィスを持てるレンタルオフィス。月額利用プランは全部で4つ、最安値プランが月額11,000円、一番高いプランは月額55,000円となっており、金額によって提供されるサービスは異なります。

また、個室利用には1時間1,760円~の料金が別途かかりますが、完全密閉型なので隣の声が聞こえることもなく、静かな環境で仕事に取り組めます。「銀座ビジネスセンター」は使いたい時だけ使える時間貸しレンタルオフィスですので、使わない際には費用は掛かりません。自分で料金調整をしながら利用することもできますし、月額55,000円のプランであれば、20時間の部屋利用が含まれているので、利用頻度に合わせてフレキシブルな使い方ができる点はなんとも魅力です。

オフィス機能がすべて揃ったレンタルオフィス

また「銀座ビジネスセンター」はオフィス備品の大半が整っています。机や椅子といったオフィス家具以外にもプロジェクター、ホワイトボード、文房具などが基本的に無料で利用可能。セミナー開催やプレゼン時にも困ることはありません。気になるネット環境ですが、Wi-Fiアンテナがフロアの四隅に設置してあり、電波が届きにくい部屋もありません。まさにビジネス環境としても最適なオフィス、それが「銀座ビジネスセンター」です。

まとめ

賃貸オフィスを借りるほどではないけれど、「自宅やカフェ・ファミレスでの仕事から脱却したい」「お客さんとの信頼も出来てきて、お互いのオフィスを行き来しながらさらなる戦略談議を交わしたい」といった方は、一度「銀座ビジネスセンター(https://www.ginza-bc.co.jp/)」を検討して見てはいかがですか?

都心の一等地にある銀座エリアに事業所が持て、メガバンクの銀座支店の銀行口座開設を可能にしてくれるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」。賃貸オフィスに比べても、銀座エリア内でも比較的リーズナブルな料金設定ですし、時間貸しタイプのレンタルオフィスですので、懐にも優しく、安心して利用できます。

「銀座ビジネスセンター」はオフィスを持ちたいビジネスパーソンの救世主となる存在です!

おすすめの記事