レンタルオフィス 光が丘

ネットを中心としたビジネスがスタンダードな現在、テレワークやリモートワーク等に利用できるワークスペースは非常に人気です。 しかし、フリーWi-Fiが使用できるカフェの場合、パソコンやスマホを持参するビジネスワーカーも多いため、勉強や仕事による長時間利用を制限しているところも見られます。また、カフェやファミレスは飲食代程度の金額で場所の利用はできますが「電話やオンラインミーティングが出来ない」「ネット接続がすぐに切断されて再接続が必要となる」といった点から、集中できず、あまり仕事がはかどらないという声もチラホラ。

そこでおすすめなのは、専用個室スペースを利用して仕事を行える「レンタルオフィス」。レンタルオフィスなら、静かな環境で仕事に取り組めるだけでなく、秘書サービスや、郵便物受取・転送、電話対応などのバックオフィス的サービスを受けることができるところもあります。

今回は光が丘エリアでワークスペースを探している方を対象に、光が丘のレンタルオフィス事情とおすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

光が丘ってどんなエリア?

「光が丘」とは東京都練馬区にある地名ですが、主に光が丘駅およびその周辺を指す名称として使用されています。
光が丘駅には都営地下鉄大江戸線が通っているため、新宿(都庁前)や六本木といった都内の主要エリアへのアクセスは抜群。さらに練馬区役所前にある高速バス乗り場まで足を延ばせば北陸や群馬、長野にも乗り換えなしで行けるため、週末や連休のお出かけにも大変便利です。

また、同駅は光ヶ丘団地の中心に位置していることもあり、周辺には大規模な商業施設をはじめ、公園、警察署、郵便局、図書館といった施設が集積。都内にありながら緑を感じることができるスポットも多く、近年ではファミリー層にも人気の街となっています。

光が丘のレンタルオフィス事情

光ヶ丘は、商業施設や住宅街のイメージが強く、レンタルオフィスはかなり限定的です。徒歩9分の場所にコワーキングスペースが1件ありますが、交通利便性が低いだけでなく、個室が用意されていないため、ビジネス利用にはあまり相応しくありません。

また個室を利用したい場合には、一番近いもので徒歩30分以上かかる成増エリアまで行かなければならないほか、登記において「光が丘」の住所を利用することが出来ない点がデメリット。個室とは謳っているものの、完全密閉された部屋ではなく、壁の上部が開いているタイプのレンタルオフィスのため、頻繁に電話やWebミーティングをする方や機密情報を扱う方には不向きと言えるでしょう。

以下に光が丘エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめましたので、検討の際には参考にしてみてください。

光が丘エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 光が丘駅から徒歩9分 コワーキングスペース、レンタル自習室 フルタイムチケット(30日間有効)

14,800円

1名~ Wi-Fi完備

フリードリンクあり

クレジットカード決済による継続割引あり

レンタルオフィスB 光が丘駅から徒歩30 レンタルオフィス、シェアオフィス、レンタルスペース、貸し会議室 月額35,200円~79,200

※空室の値段

1名~2

※空室の人数

半個室の用意もあり

ドリンクバー飲み放題付

住所利用可能

1人会社やフリーランス、スタートアップ企業におすすめの「銀座ビジネスセンター」

レンタルオフィスは東京都内には数多く存在しますが、主要エリアにあるレンタルオフィスは非常に人気が高く、空室が出にくいのがネックです。特に山の手エリアにあるレンタルオフィスであれば、利便性が高いので利用したいと思う方は多いと思いますが、空きが出ない事には利用したくても利用できないので、ビジネスチャンスを逃してしまうことも。

しかし銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」なら、その問題を解決します。

「銀座ビジネスセンター」は2000年から銀座エリアで運営を続ける業界の先駆者とも言われるレンタルオフィス。銀座の目抜き通りから少し内側に入った並木通りとみゆき通りが交差する銀座6丁目「銀座風月堂ビル」の5階を拠点とし、レンタルオフィスとバーチャルオフィスを併せ持ったハイブリット型のレンタルオフィスを展開しています。

中小企業経営者から士業、個人事業主、スタートアップ企業などに利用されているほか、バーチャルオフィス利用のケースでは、自宅で法人登記を行えない方や、地方企業のサテライトオフィス利用などに臨機応変に対応できるレンタルオフィスとなっています。交通の便が非常に良く、最寄り駅となる東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からも5分という好立地にあり、路線の豊富な銀座エリアでは、都内近郊への移動も問題なく行えます。

そんな「銀座ビジネスセンター」がなぜおすすめなのか、以下にその理由をまとめてみました。

郵便物の受け取り拒否のないレンタルオフィス

レンタルオフィスの中には「郵便物の受取・転送可」と謳っていながら、利用者本人が不在の場合に速達や簡易書留、定形外郵便といった普通郵便以外の郵便物受取を拒否するところがあります。そうした場合、役所関連の書類や保険証券・銀行のカード再発行などの受取には、レンタルオフィスによって発送元に戻ってしまい、再手配が必要になったり、最悪の場合近くの本局郵便局まで取りに行かねばならなかったりする始末となります。

しかし「銀座ビジネスセンター」は、裁判所からの特別送達以外は郵便物を受け取ってくれるレンタルオフィスなので安心。受け取ってもらった郵便物の対応について秘書が会員にすぐに連絡してくれるため、その後早い段階で郵便物を受け取ることができます。

特別送達についての受け取り方法もありますので、銀座ビジネスセンターにお問い合わせください。

10名程度の大人数での個室利用も可能なレンタルオフィス

一般的なレンタルオフィスのイメージは、1~4名ほどの小規模会議室をイメージしている方が大半だと思いますが、「銀座ビジネスセンター」では、8~10名といった大人数利用にも対応。さらに16名ほどのセミナーが開催することもできるので、大人数でミーティングを行う機会の多い方には、とても利便性が高いレンタルオフィスとなっています。

セミナーを開催場合には、いつも会場予約から備品の予約まで非常に大変な思いをしている方も、「銀座ビジネスセンター」であれば、事前に個室を予約しておけば、普段使いなれた場所でセミナー開催できるので安心。備品も基本無料で利用できる点も魅力です。

まとめ

光が丘エリアでレンタルオフィスなどのワークスペースを探しているスタートアップ企業や既存企業、個人事業主の方、東京銀座にある「銀座ビジネスセンター」は、1人会社やフリーランス、スタートアップ企業が利用しやすいレンタルオフィス。

月額11,000円~で「高級感」溢れる銀座にオフィスが持てるのが魅力。個室利用も1時間1,760円~となっており、使った分だけの清算スタイルなので、予算と相談しながらの利用も可能です。

この機会に「レンタルオフィス銀座ビジネスセンター」を本気で利用検討してみませんか?

おすすめの記事