起業や副業、企業の新プロジェクト発足時にも利用されるワークスペースとして知られる「レンタルオフィス」。

 

レンタルオフィスを探そうとして「レンタルオフィス」とキーワードを入力しネットで検索してみると、似たようなオフィス形態を複数見つけることができます。たとえば「バーチャルオフィス」、「シェアオフィス」、「コワーキングスペース」などといったものがヒットし、レンタルオフィスと何がどう違うのか?よくわからずに迷ってしまうといったことはないでしょうか?

 

また東京都内でレンタルオフィスを探そうにも、数が多すぎて何を基準に選んだらいいかわからない、という人も多いことでしょう。

 

そこでレンタルオフィス契約したのちに「失敗した!」と後悔しないように、自分のニーズにあったレンタルオフィスの選び方についてここでは見ていくことにしましょう。

 

レンタルオフィス契約を簡単に解除できない理由

レンタルオフィスは賃貸オフィス契約よりリーズナブルで手続きも簡単であることから、気軽に利用できる点が人気であるものの、一度契約してしまうと簡単に解除するのが難しいという現実があります。

 

たとえば法人登記をレンタルオフィスで行っている場合、万が一何かトラブルや懸念材料が発生してしまい移転しなければならなかったとしましょう。そうなると法務局にて移転手続きを進める必要が出てきますが、移転手続きには当然のことながら費用が掛かってきます。

 

この費用は同一管轄内で本店移転をする場合と管轄外への移転の場合で異なり、同一管轄内の場合には30,000円、管轄外への移転の場合には60,000円の登録免許税がかかります。これは管轄外移転の場合、移転前と移転後双方の法務局への登記申請が必要になるため2倍の費用が掛かるというものです。

 

また、移転手続きに必要な書類を作成、準備しなければならない手間がかかります。

 

移転手続きに必要なものとしては、

 

  • 本店移転登記申請書
  • 株主総会議事録
  • 株主リスト(役員が1人の場合でも必要)
  • 取締役会議事録

 

といったものを準備しなければなりません。もし自分で作成が難しい場合には司法書士に頼むといったケースが考えられますが、その場合にも費用がかかってしまいます。

 

上記の一連の手続きが終わったあと、さらに税務署や年金事務所、取引金融機関への届け出や連絡、さらにはクライアントへの連絡などを行わなければならず、面倒な作業をひとつずつこなしていかなければなりません。

 

そのため業務拡張による引っ越し等前向きな移転でなければ、きるだけ一度決めた本店住所は変更せずに長きに渡り利用するのがベストなのです。

 

自分のニーズに合ったレンタルオフィスの選び方

では、自分のニーズにマッチしたレンタルオフィスを見つけて長く利用するためには、どのような視点でレンタルオフィスを選ぶと良いのでしょう?

 

ここでは、

 

  • 立地(エリア)
  • 外観
  • オフィス形態
  • コスト
  • 設備(部屋の内容・防音・ネット環境・備品など)
  • 運営会社の安心度

 

6つの点から見ていくことにします。

 

立地(エリア)

ビジネスにおいて本店が置かれる立地はかなり重要です。都心部と郊外エリアなら都心部のほうが利便性は高いですし、繁華街とオフィス街だと、オフィス街のほうがビジネスレベルが高いように感じます。

 

レンタルオフィスを契約するならできるだけ立地にこだわりましょう。誰もが知っている知名度の高いエリアや、街として格式高いエリアであれば、クライアントに対しても安心感を与えることができて仕事がしやすくなります。

 

外観

レンタルオフィスが入居している建物の外観は、本人というよりもクライアントへの印象度に影響します。最近はGoogle Mapで住所検索すればオフィス外観を観ることができます。その際今にも壊れそうな建物に入居していると思われると、クライアントからの信用が下がってしまう可能性が高くなります。打ち合わせの際、人を招くのに抵抗があるような雑居ビルを利用したレンタルオフィスは、どんなに立地が良くても避けるのが無難です。

 

オフィス形態

最初に述べましたが、レンタルオフィスと似たようなオフォスの形態には「バーチャルオフィス」、「シェアオフィス」、「コワーキングスペース」といったものがあります。バーチャルオフィスは個室利用がなく住所貸しのレンタルオフィス、シェアオフィスは複数の企業が1つのオフィスを共有するもの、コワーキングスペースは交流を目的として様々な企業や個人が集まって仕事を行うスペースのことを指します。

 

自身の事業形態や目指すべき方向性によって、活用すべきオフォス形態は異なります。レンタルオフィスが一般的だからといって契約したものの、実際求めていたのはコワーキングスペースだった、といったことがないようにしっかりと調べておきましょう。

 

コスト

レンタルオフィスの価格設定はエリアやグレード、運営会社により様々です。相場的に都心エリアは高め、郊外エリアは安めであるといった傾向はありますが、求めているサービスが提供されるかどうかが一番重要ですので、コストだけで判断せず、通いやすさやオフィス用品・備品の利用可否、スタッフの対応など総合的に見て判断しましょう。

 

設備(部屋の内容・防音・ネット環境・備品など)

レンタルオフィスの設備は実際に内見してみないことにはわからないことも多く、例えば防音に関しては人によって感覚も違います。運営側は「防音対策はバッチリ!」と言っているものの、実際に内覧したところ、隣の話し声が聞こえたり交通量が多く車の騒音が激しかったり、ということは往々にあります。これらはホームページからではわかりませんので他の設備も含め、必ず実際に自分の目や耳で判断するようにしましょう。

 

運営会社の安心度

運営会社がしっかりしているかどうかもレンタルオフィスを選ぶ際の重要な要因の一つ。単に運営期間が長いから良いというものでも、大手だから良いというものでもありませんが、やはりきちんとした運営会社は、スタッフの質も高く教育が行き届いていたり、清掃が丁寧に行われているなど、基本部分がしっかりしています。
内覧をする際には内装やサービスだけに目を奪われず、スタッフの接客対応の様子もチェックしておきましょう。

 

都内でレンタルオフィス選びに悩んだら銀座にある「銀座ビジネスセンター」がおススメ

以上のようにレンタルオフィスを選ぶ基準はいくつかあります。そうは言っても東京都内で数多くレンタルオフィスのなかから自身に最適なレンタルオフィスを探すのは至難の業といっても良いのではないでしょうか?

 

しかしそんな条件にぴったりのレンタルオフィスが銀座に存在します。立地条件は抜群、価格もリーズナブルで運営会社も安心なレンタルオフィス、それが銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年より銀座エリアで運営スタートした老舗のレンタルオフィス。並木通りとみゆき通りの交差する銀座6丁目の「銀座風月堂ビル」5階に位置し、450?のワンフロアーを活用したバーチャルオフィス機能も備わった完全個室のレンタルオフィス事業を展開しています。

 

なぜ「銀座ビジネスセンター」がレンタルオフィスとしておススメなのか、以下に簡単にまとめています。

 

提供されるサービスは超一流!銀座の格式をそのまま取り入れたレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は立地、コスト、スタッフのサービスどれをとってもハイグレード。

 

銀座6丁目という都内でも有数の一等地のエリアメリットを享受できるレンタルオフィスであることや、ハイセンスなオフィス家具、完全個室の機密性高いレンタルスペース、コロナ禍でも安全に利用できる清掃や消毒が行き届いた快適なオフィス環境、正確、丁寧がモットーの常駐秘書による事務サービス、どれをとっても他のレンタルオフィスとは比べ物にならないほどのサービスレベルです。

?

バーチャルオフィスとして住所利用も可、フレキシブルに利用化できるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」をおすすめする理由の一つに、バーチャルオフィスとして機能が付いたレンタルオフィスであることが挙げられます。

 

「住所のみ利用したい」という地方企業や個人の自宅で法人登記したくないといったニーズに応えるサービスとして、月額1万円からの利用料金で法人登記・口座開設可能な銀座の住所利用、郵便物・宅配物の受取・転送対応が受けられます。

 

また個室スペース利用は「時間貸し」のレンタルオフィスということもあり、使用した時間分のみの利用料金がかかる仕様となっています。キャンセル料金も一切かからず、当日や直前でのキャンセルも電話やメールで連絡するだけ。利用者にやさしいレンタルオフィス、それが「銀座ビジネスセンター」です。

?

まとめ

レンタルオフィスを選ぶポイントは人それぞれですが、エリアを重視すればコストが上がり、安さを求めればサービスの質が悪くなるのが一般的です。しかし「銀座ビジネスセンター」はそんな常識を覆す高水準のサービスを提供してくれるレンタルオフィス。

 

過去にレンタルオフィス選びに失敗した、また初めてのレンタルオフィス選びに悩んでいたら、ぜひ「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」を検討してみてください。きっと満足いく内容に驚かれることでしょう。

おすすめの記事