レンタルオフィス千石

自宅で仕事したり、カフェやファミレスで仕事をする人は増加傾向にあります。リモートワークもまだ普通に行われており、コロナが終息したとしても今後リモートワークがなくなるかどうかは不透明です。

そんなカフェやファミレスでの仕事、効果的に行われていますか?多くの方が思ったより仕事になっていないと感じているのではないでしょうか。軽微な修正対応やヘッドホンをした状態であれば仕事に集中できることもありますが、作業内容によっては仕事にならないケースもあることでしょう。たとえば、周囲の話し声がうるさい、子供が泣き始めて気になる、オンラインミーティングの声が隣から聞こえる、Wi-Fiは1時間に1回接続し直しなど、いろいろ制約があって非効率に感じることもあります。

そこでもし上記のような煩わしさが気になるのであれば「レンタルオフィス」の利用を考えてみてはいかがですか?レンタルオフィスなら賃貸オフィス契約よりコストは抑えられますし、オフィス家具も買う必要ありません。法人登記もレンタルオフィスで行えば、自宅住所を醸し出すこともありません。

今回は千石エリアでワークスペースを探している方を対象に、千石のレンタルオフィス事情とおすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

千石ってどんなエリア?

千石は、東京都文京区にある地域です。行政地名としては千石一丁目から千石四丁目までが存在しています。千石という字を見ると、かつて租税の割当基準に使われた「石高」をイメージする方も多いかもしれませんが、実際は小石川植物園の付近を流れる「千川」と文京区にある町名「小石川」の文字を一字ずつ取って付けたのが地名の由来です。

同エリアの玄関口となる千川駅は、都営三田線が乗り入れる文京区最北端の駅。副駅名に「日本医師会館前」というネーミングが付いている通り日本医師会館が目の前にあるほか、近隣には都立庭園の「六義園」や、東洋学の専門図書館である「東洋文庫」、教育機関などが集積しています。

千石のレンタルオフィス事情

千石は文教地区のため、ビジネスに利用できるレンタルオフィスやコワーキングスペースは皆無と言っていいでしょう。しかし教育機関が多いという土地柄もあり、千石駅前にレンタル自習室が唯一存在しています。とはいえ、完全個室型になっているわけではなく、簡易的なパーテーションで仕切られた自習室のため、副業やリモートワークを目的にプライベートオフィスとして使うのはあまり向いていません。

都内には完全個室型のレンタルオフィスも多数存在しますので、ビジネスに相応しいオフィスを探すのであれば、新宿・渋谷・銀座といったオフィス街で検索してみると良いでしょう。

参考までに、千石にあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などを下記に記載しましたので、気になる方はチェックしてみてください。

千石エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 千石駅から徒歩1 レンタル自習室 指定席プラン

月額13,500

 

1名~20 完全ブース制(仕切りはパーテーション)

電源コンセント、デスクライト完備

Wi-Fi利用料金別途

クオリティの高さは随一!銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

千石のレンタルオフィスは数がほとんどないこともあり、ワークスペースを見つけるのが難しいエリアかもしれません。だからといってカフェやファミレスで仕事をするのは気が引ける、そういう方であれば主要駅を中心としてレンタルオフィスを探すのもアリです。

そこで都内において比較的リーズナブルなのに、クオリティの高いレンタルオフィスである「銀座ビジネスセンター」をおすすめしましょう。

「銀座ビジネスセンター」は2000年にスタート、業界でもパイオニア的な存在のレンタルオフィスとして知られています。主に利用する方は中小企業の経営者をはじめ士業、フリーランス、副業利用など、さらには大企業の短期プロジェクト利用や地方企業のサテライトオフィスなどに活用されています。スタートアップの利用者も増えており、スモールビジネスを行っている方のビジネス拠点としては申し分ありません。最寄りの東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からは徒歩5分と交通アクセスも抜群。また新幹線の停車駅になる東京駅や品川駅にもアクセスしやすく、羽田空港にも30分圏内といったロケーションの良さも人気となっています。

月額利用料金は11,000円から、個室利用料金は1時間1,760円からということで、銀座エリアでも比較的リーズナブルな料金設定となっています。

数多くあるレンタルオフィスある中で「銀座ビジネスセンター」がおススメな理由について、下記にまとめてみました。

秘書のクオリティが高いと評判のレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は常に10名程の秘書が待機、会員企業を支える業務を行ってくれています。具体的な業務内容としては、秘書サービスから電話対応、FAX対応、郵便物や宅配物の受取・保管・転送対応、来客時受付対応、契約関連の対応など多岐にわたります。電話対応においては、かかってきた電話相手に応じ、お客様企業のカラーに合わせて臨機応変に対応してくれるなどのサービスは他では受けられません。しっかりと教育研修を受けたスタッフがおもてなしの心得お客様ニーズに応えたサービスを行ってくれるのが「銀座ビジネスセンター」の特長です。

予算やステージなどに応じてプランを選べるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は、全22ある個室スペースや会議室を使いたい時に使いたいだけ借りられる時間貸しレンタルオフィス。「11,000円」「22,000円」「27,500円」「50,000円」と4つの月額料金プランが設定されており、事業内容や用途、ステージ、予算などに応じて好きなタイプのプランを選択することができます。全てのプランで法人登記や銀行口座開設可能な銀座住所の利用が可能だったり、郵便物・宅配物の受取・保管・転送サービスが利用できるため、バーチャルオフィスとしていつでも機能します。

「銀座ビジネスセンター」の個室利用は1時間1,760円から利用が可能ですが(1~4名部屋相当)、この料金で完全密閉型個室を利用することができる点がポイント。都内で完全密閉個室を契約する場合、他のエリアなどでは月10万円程度はかかるところも多いのが現状です。

しかし「銀座ビジネスセンター」の時間貸しレンタルオフィスは、週1~2回程度2時間程度使用した場合には、1か月14,000円程度の料金で済み(月額料金分は除く)、他のレンタルオフィスと比べても断然お得です。

まとめ

千石エリアでワーキングスペースを検討している方、都営三田線で日比谷駅まで乗り換えなしで移動でき、日比谷駅からとは徒歩10分程度の銀座にある「銀座ビジネスセンター」はドアツードアでも1時間かからず行き来することができるレンタルオフィス。

「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」は個室利用とバーチャルオフィス利用のハイブリッド型レンタルオフィスなので、ある時は個室、ある時はバーチャルオフィスとして利用でき、非常に経済的です。
カフェやファミレスのような気苦労をなくしたいなら、「銀座ビジネスセンター」はおすすめのワーキングスペースです。

おすすめの記事