サービスオフィスとは?

働き方が多様化しつつある現在においては、毎日「同じオフィスで」「同じ時間帯に」「同じメンバーと」働くスタイルはもはや過去のものとなりつつあります。特にコロナ禍では、在宅勤務やリモートワークなどが積極的に導入され、人々の働く場所は「自宅」「カフェ」「コワーキングスペース」「レンタルオフィス」などへ変化しているようです。

こうしたフレキシブルな働き方は、企業側にも「オフィスの縮小化によるコスト削減」「リスク分散」「交通費の縮小」「従業員のワークライフバランス実現」といったさまざまなメリットがあり、働き方に関する改革は今後ますます進んでいくものと見られます。

今回はサービスオフィスの概要やサービス内容、契約時の注意点について詳しく解説するとともに、サービスオフィスとしておすすめの都内のレンタルオフィスについて紹介していきます。

サービスオフィスとは?

一般的にサービスオフィスとは、

  • ビジネスに必要なデスクや椅子、ロッカーといった家具類
  • FAXやコピー機、プロジェクター、ホワイトボードなどのビジネスツール
  • インターネット環境
  • レセプション(受付)
  • 電話代行、郵便物転送、秘書代行などのサービス
  • 起業支援やビジネス相談

といったビジネスに必要な設備やサービスが整ったオフィスのことを指します。
ほとんどのサービスオフィスでは、最新鋭のビジネス備品が用意されているほか秘書やコンシェルジュによるきめ細かなサービスを受けることができるのが魅力のひとつとなっています。またイニシャルコストやランニングコストが抑えることができ、賃貸オフィスの契約よりははるかに安くオフィスを持つことを可能にします。

広義の意味ではレンタルオフィスやシェアオフィス、コワーキングスペースと同じようなもので、違う点をあえて挙げるとすれば、サービスオフィスには「高級感がある」といった点です。レンタルオフィスやシェアオフィス、コワーキングスペースがどちらかというと、気軽に利用できるイメージに対して、サービスオフィスだと重厚感ある施設がイメージされます。とはいえ明確な定義があるわけではありませんので、ここでは一般的なサービスオフィスと言われているものについて説明していきます。

先ほど高級感があると言いましたが、最近では格安を売りにしたサービスオフィスも多く登場しており、コストをぎりぎりまで抑えるために「有人受付がない」「清掃が行き届いていない」といった施設もあります。
そのため利用の際には、ネット上の情報だけを鵜呑みにせず、実際に目で確かめてから契約することをおすすめします。

サービスオフィスで受けられるサービス

サービスオフィスにおいてスペース利用以外に受けられるサービスには、以下のようなものがあります。

  • 電話対応やFAX対応、郵便物受け取りなどの秘書サービス
  • 住所貸し

それぞれ詳しく見ていきましょう。

電話対応やFAX対応、郵便物受け取りなどの秘書サービス

サービスオフィスでは、電話やFAXの対応、郵便物の受取・転送といった秘書サービスが受けられます。
最近ではビジネスにおけるFAX利用は減りつつありますが、今もほとんどのサービスオフィスでFAX対応は継続されているため、「業務上FAX利用が欠かせない」「FAXを完全に無くすのは不安」といった方でも安心して利用できます。

郵便物や宅配便の受取や転送手続きに関しては「月に〇通まで無料」「即日転送は別料金」など、施設ごとにさまざまな条件や規約があるため、頻繁にサービスを利用することが予想される方はしっかり確認した上で契約するようにしましょう。

住所貸し

サービスオフィスでは法人登記や銀行口座の開設に必要な住所貸しを行っているところは多数あります。住所貸しの最大のメリットは、人気エリアや一等地、主要なビジネス街に企業のアドレスを持てる点でしょう。

ノマドワークを行う1人社長や個人事業主の方の中には「自宅で登記(開業申請)をすればいいや」と思っている方もいるかもしれませんが、マンションなどの集合住宅ではそもそも法人登記や開業不可の場合もあります。さらに自宅住所を醸し出すことにつながるため、セキュリティ上のリスクが生じる可能性は少なくありません。最近では住所をGoogleマップなどで簡単に調べられるようになったこともあり、自宅をオフィスとして登記するのは避けるべきです。

どんなエリアに会社を持つのか?はビジネスの先行きや企業のブランディングを左右する大切な要素のため、サービスオフィスを利用してエリアイメージの良い場所に法人住所を構えることができれば、ビジネスチャンスも大きく広がることでしょう。

1人会社や個人事業主でも気軽に利用しやすいレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

サービスオフィスの利用についてはそれほど大変なことはありません。利用料金も比較的抑えられていますし、契約もスムーズに行うことができます。そうなると重視する点は「エリア」と「サービス内容」ではないでしょうか?

「エリア」についてですが、法人登記を行うのであればやはりイメージの良い場所にあるサービスオフィスが良いわけで、東京都内においては渋谷や新宿といったターミナル駅近くであったり、六本木や銀座といった企業がひしめくエリアというのも見逃せません。

そんな中でもおすすめしたいのが、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。
「銀座ビジネスセンター」は2000年に銀座でスタートし、20年以上にわたって運営し続けているレンタルオフィス業界の先駆者的な存在。銀座の中でも超一等地と言われている銀座6丁目「銀座風月堂ビル」の5階を拠点とし、中小企業経営者をはじめとして士業、コンサルタント、カウンセラーなどの個人事業主、大企業の短期プロジェクト利用、地方企業のサテライトオフィスに至るまで活用されています。

最寄り駅となる東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からは5分と交通利便性は非常に高いのが魅力です。

そんな「銀座ビジネスセンター」がなぜおすすめなのか、その理由について以下にまとめてみました。

ビジネスツールの用意は一切不要!契約後したらすぐに利用できるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は、全部で22ある個室スペースや会議室といった部屋を必要な時に必要な時間だけ借りることができる時間貸しタイプのレンタルオフィス。個室を利用する際には、業務に欠かせないビジネスツールを無料で利用することができます(一部のツールは有料です)。そのためオフィス用品を一切準備することなく、契約後はパソコンやスマホと身一つあれば、すぐに仕事を開始することができます。

「銀座ビジネスセンター」で利用可能なビジネスツール類(一例)
  • 無料備品
    インターネット(有線LAN・無線Wi-Fi)、カラースキャナー、シュレッダ、ホワイトボード、コピーボード、PCプロジェクター、ディスプレイ、80インチスクリーン、OAタップ、文房具、携帯電話充電器など
  • 有料備品
    FAX、カラーコピー、カラーレーザープリンター、鍵付きキャビネット、レンタルPCなど

スモールスタートに最適なレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」の会員になれば月額11,000円~の利用料金でサービスを受けることが出来ます。サービス内容は4つのプランから選ぶことができ、事業内容や予算、利用形態によって柔軟な利用が可能となっています。

個室を利用する場合には、使用した時間分のみの料金を支払う時間貸しタイプなので、使わなければ月額利用料金はかかってしまいますが、部屋使用料金は一切かかりません。1時間1,760円~の料金にて、防音対策やセキュリティ対策がしっかりした完全密閉型の個室スペースを利用することができます。

月額11,000円のプラン

法人登記や銀行口座開設に必要な住所利用が可能なバーチャルオフィス利用プラン。郵便物や宅配便の受取・転送対応も含まれており、個室の利用もできます。

月額22,000円のプラン

月額11,000円のプランに電話対応が追加されたプラン。常駐している秘書が会員企業の外出時等に電話対応を行ってくれます。

月額27,500円のプラン

月額22,000円のプランにFAX対応が追加されたプラン。FAX受信の際にPDFファイルへの変換・転送対応などをしてくれます。

月額55,000円プラン

月額27,500円のプランに、20時間分の部屋利用(4人部屋相当)が付いたプラン。週に数回は個室利用の予定があるという方にはおすすめです。

まとめ

サービスオフィスを利用したオフィス構築を考えているのであれば、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「レンタルオフィス・銀座ビジネスセンター」は月額11,000円からのと料金も比較的リーズナブルでありながら銀座にてオフィスが持つことを可能にしてくれます。

銀座の高級感を感じつつもリーズナブルに利用できる、そんな「銀座ビジネスセンター」は正確無比な秘書サービスもおすすめしたい理由の一つ。ぜひ「銀座ビジネスセンター」をその目で見たうえで、利用検討してみるのはいかがでしょうか?

おすすめの記事