横浜市内でこれから事業を立ち上げようとしている方、また現在横浜市内を中心にビジネス展開をされている企業や個人事業主の方、もしビジネススピードを早めたいなら東京進出は不可欠。そんな時レンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスを活用すれば東京進出がとても簡単にできるって知っていましたか?

 

ここでは横浜市についての現状データを見つつ、横浜市以外でのマーケット拡大に向け、東京に拠点を作るレンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィス活用術についてまとめてみました。

 

横浜市の概要

まずは横浜市についてみていきましょう。
横浜市は神奈川県東部に位置する市であり、神奈川県の県庁所在地です。202010月現在、横浜市には約437.70㎢の面積に3,757,630人が居住しており、その人口は日本の市町村の中で最多を誇ります。

 

日本有数の港湾都市としても有名な横浜市は、観光地としても人気が高く「オシャレな港町」というイメージにふさわしい街です。先進的な街並みと景観の良さからドラマのロケ地や国際会議の会場に選ばれることも多くなっています。

 

そんな横浜市の中心機能は商業エリアである「西区」と行政エリアの「中区」の2つに分けられます。西区は大型のショッピングセンターや百貨店、飲食店などが集積する神奈川県における一大繁華街です。一方の中区は横浜市政の中心であるほか、神奈川県庁や県警察本部など神奈川県の行政機関が集中しているエリアでもあります。
また、金融機関や企業の本店や支店が多いのも特徴です。

 

近年は、両地区の中間に位置するみなとみらい地区の開発が進められており、事実上分断されている2区の一体的発展が期待されています。

 

横浜市内の交通事情

横浜市の玄関口となる駅は市内と近郊エリアを結ぶ「横浜駅」と新幹線の停車駅である「新横浜駅」。

横浜駅はJR東日本・東急電鉄・横浜高速鉄道・京浜急行電鉄・相模鉄道・横浜市営地下鉄の計6社が乗り入れる神奈川県内最大のターミナル駅です。乗降客数は、新宿駅・渋谷駅・池袋駅に次ぐ世界第4位となっています。

 

新幹線の停車駅である新横浜駅は港北区に位置し、JR東海・JR東日本・横浜市営地下鉄が乗り入れています。駅周辺は多くのオフィスビルやホテルが立ち並ぶほか、横浜アリーナや日産スタジアムなどの最寄り駅としても機能しています。

 

横浜市内にあるレンタルオフィス

横浜市のレンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスは、市内全域に点在しており、特に市の中心エリアである西区と中区にたくさん見られます。ほとんど施設は最寄り駅から徒歩圏内であり、利便性の高さがうかがえます。

 

一般的に横浜市のレンタルオフィスは、東京都内の代表的なビジネスエリアと比べて賃料が安いのが特徴です。また、鉄道路線が充実している点も横浜市の大きな魅力の1つであり、市内だけでなく神奈川県全域や都内の企業と取引する場合には大変便利と言えるでしょう。

 

しかし横浜市は神奈川県の中でも人気の高いエリアであり、希望の条件に合う個室はすでに満室で借りられない可能性が高く、退去を待つのに相応の時間がかかる場合があります。

 

横浜市以外に東京での拠点を持つメリット

横浜市はエリアにもよりますが都内へは30分程度で行けるアクセスの良さもあり、東京のベッドタウンとしての一面を持ち合わせています。

 

また地価も安いため、都内にオフィスを構えるよりも大幅にコストを抑えられることや、東京都内にオフィスを持たなくても横浜市内からでも十分東京へ商談や打ち合わせに通えることもあって、わざわざ東京に拠点を持つ必要性を感じない、という企業もあるようです。

 

しかし、東京にオフィスを持つことは実は他社向けのアピールに大きくつながる点を忘れてはいけません。
東京は1,400万人の人口を有する街であり、都内には資本金10億円以上の大企業は3,000社近く集積しています。また全国の8割近い外資系企業が集まる国際的なビジネス拠点でもあり、都内総生産はメキシコや韓国の国内総生産にも匹敵すると言われています。

 

そのような土地柄があることから、ビジネスチャンスは豊富にあるだけでなくネットワークも広がりやすい環境にあります。営業をかけるにせよ他社と共同プロジェクトを進めるにせよ、東京都内に拠点を持つことは有利であることは間違いないでしょう。

 

横浜市も全国的には知名度が高いことには東京とあまり変わりません。しかし横浜市は広く、地方の方には馴染みのないエリアも多いため、アドレスにおけるブランド力は東京に比べると見劣りしてしまいます。事業におけるコンプライアンスや信用度が求められる中、企業のブランド力を高めたいのであれば、名だたるエリアでの事業展開はもはや避けられません。

 

東京の拠点づくりに最適なレンタルオフィスを探すなら「銀座ビジネスセンター」

そこで「東京のアドレスを持ちたい」、「東京でもブランド力あるエリアにオフィスを構えたい」という方におススメしたいのが、東京銀座にあるレンタルオフィスのパイオニア「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は20年という長きにわたり、多くのお客様に選ばれている安心と信頼のレンタルオフィス。企業オフィスとしての長期利用だけでなく、プロジェクト単位での短期利用や会議室としての活用など様々な用途に合わせて使うことができます。

 

レンタルオフィスの中でも「銀座ビジネスセンター」がおススメな理由

東京には無数のレンタルオフィスがありますが、その中でもなぜ「銀座ビジネスセンター」がおススメなのかについて簡単にまとめてみました。

 

誰もが知っている銀座エリアに会社アドレスを持つことができる

「銀座ビジネスセンター」のアドレスは東京都中央区銀座6-6-1銀座風月堂ビル5F。会員となり法人登記を行えばこのアドレスを使ってビジネスを展開することが可能となります。銀座風月堂ビルは並木通りとみゆき通りが交差する落ち着いた風格漂うエリアにあるため、クライアントや商談相手にも企業信用力を与えることができるのは魅力です。

 

「とにかく東京都内に法人アドレスを持ちたい」、「個室はあまり使わないけど、商談時や面談時のみ利用したい」という方にも「銀座ビジネスセンター」はバーチャルオフィス機能を有しているため、普段は横浜市を拠点しながらスポット的に利用することもできます。法人登記や銀行口座開設、郵便物や宅配物の受取・転送サービスが受けられるのでビジネス上支障は一切ありません。

 

秘書が常駐!質の高いおもてなしサービスを提供

銀座ビジネスセンターには常時10名ほどの秘書が待機し、会員様のサポートを行っています。そのサービスは丁寧かつ正確無比と言われ、「一流のおもてなし」を提供してくれます。

会員様以外にクライアント企業からも高い評価をいただけることもあって質の高さは折り紙付きです。常に的確でスピーディな対応を行ってくれるため、営業や打ち合わせのためにオフィスを離れる場合にも安心して留守を任せられます。

 

銀座ビジネスセンターへの交通手段

交通アクセスは、最寄り駅である東京メトロ銀座駅B5番出口からは徒歩で2分、JR有楽町駅からも徒歩で約5分。銀座一丁目駅や新橋駅、東銀座駅からも歩ける距離にあるため、ビジネスには最高のロケーションと言えます。

また羽田空港や成田空港、新幹線の停車駅である東京駅からのアクセスも良く、国内外への出張が多いビジネスパーソンが拠点とするにも最適です。

 

まとめ

東京都内に拠点を持ちたいと考える企業や個人事業主にとって「銀座ビジネスセンター」なら銀座という東京の中心エリアに月額1万円から、というリーズナブルな金額でオフィスを持つことを可能にします。無数にあるレンタルオフィスの中でも一流のホスピタリティとサービスが受けられる「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」で「銀座オフィス」を実現してみるのはいかがでしょうか?

おすすめの記事