レンタルオフィス富山市

富山市内にてビジネスをしている企業の方や、これから会社を立ち上げる方、個人事業主の方の中には「東京への進出を検討している」といった方もいることでしょう。

もし今すぐにでも東京に拠点を作りたいなら「レンタルオフィス」の活用がおススメです。レンタルオフィスであれば、初期投資を少なく東京オフィスの構築が可能。バーチャルオフィスとして利用できるようなレンタルオフィスであれば、東京に移転・移住しなくても東京に会社を作ることができます。

今回は東京都内に拠点づくりを考えている富山市内の既存企業や個人事業主の方に向けて、富山市内のレンタルオフィス事情と、都内にあるおすすめのレンタルオフィスについて解説していきます。

富山市とはどんなところ?

富山市は富山県の中央部から南東部にかけて位置する街であり、富山県の県庁所在地および中核市となっています。
2005年の市町村合併により、全国の都道府県庁所在地の中で2番目に広い総面積を持つ同市は、富山県全体の面積の3割を占めるビッグシティであり、南北に細い地形が特徴です。しかし林野地が多く、可住地の面積はおよそ4割程度しかないため、コンパクトシティを目指す街づくりに力を入れています。また、環境未来都市や国際会議観光都市といったさまざまプロジェクトに指定されているのも特徴です。

そんな富山市には2021年11月現在416,053人が居住しており、県内最大の都市として、政治・経済・文化の中心的役割を果たしています。近年では、2006年のLTR路線「富山ライトレール富山港線」の開通、中心市街地活性化基本計画が次々と進行。車に頼らず暮らせる環境づくりを推進するなど、先駆的な取り組みにも注目が集まっています。

富山市内のレンタルオフィス事情

富山市のレンタルオフィスやバーチャルオフィスは、特定のエリアに集中しているわけではなく、市内全域に点在しています。基本的には駅から10分以内のレンタルオフィスが多いものの、中には最寄り駅から20分近く歩かなければならないところもあり、その場合にはマイカーやタクシーの利用が便利です。

料金はリーズナブルなところがほとんどですが、壁の上部までしっかり密閉された完全個室型のレンタルオフィスはかなり限定的です。また、料金が安い分「カジュアルなオフィス」というイメージが強く、重厚感や高級感はあまり感じられません。

参考までに、富山市内にあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などを下記に記載しましたので、気になる方はチェックしてみてください。

富山市内にあるレンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 富山駅から徒歩7分・電気ビル前から徒歩1 レンタルオフィス、コワーキングスペース、バーチャルオフィス 要問合せ 1名~ 有人受付あり

オフィス家具完備

多拠点利用可能

レンタルオフィスB 西町駅から徒歩4 シェアオフィス、コワーキングスペース コワーキング会員

9,800円

1名~ 登記可能(別料金)

ビジネスツール完備

飲食スペースあり

レンタルオフィスC 新庄田中駅から徒歩7 コワーキングスペース コワーキングスペース月額5,000 1名~ ビジネスツール完備

24時間利用OK

ライブラリあり

レンタルオフィスD
婦中鵜坂駅から徒歩20 レンタルスペース 1時間1,650円~ 1名~20 1時間から利用OK

会議・ワークショップなどへの利用可能

オフィス家具完備

地方企業の東京進出はここで決まり!銀座のレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

いざ東京にオフィスを持つと決めたとしたら、まず何を基準に選びますか?
コスト?外観?スタッフの質?どれも正しいと言えるのですが、一番重視したいのは「エリア」です。

東京には明らかな住宅エリア、治安の悪い場所などエリア的にビジネスに向かない場所が存在します。そのエリアを選ばなければよい、といっても富山市しか知らない方であれば東京の地理に精通しているはずがありません。つまり、レンタルオフィスであればどこでもよい、という気持ちで探すと失敗してしまう確率が高くなってしまいます。

東京でも知名度が高く、ビジネス街であり、治安も悪くないエリアにオフィスを設置することができれば、対外的な印象も高くなりことでしょう。そこでおすすめしたいのが、東京銀座といった一等地に存在し、バーチャルオフィスとしても利用可能なレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年より銀座でスタートしたレンタルオフィスの先駆者的な存在。都内でも超一等地とされる銀座6丁目「銀座風月堂」ビルの5階、そこに全22の個室・会議室スペースを携えたレンタルオフィスに加え、バーチャルオフィスを併設して運営を行っています。最寄り駅となる東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からは徒歩5分という利便性が魅力。地方との行き来に利用される羽田空港や新幹線の乗車駅である東京駅・品川駅にもほど近い抜群のロケーションです。

そんな「銀座ビジネスセンター」がなぜおすすめなのか、以下に簡単にまとめてみました。

月額11,000円~の料金で東京にオフィスが持てるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」の会員になると、個室や会議室を必要な時に必要な時間、必要なだけ借りられる時間貸しタイプのレンタルオフィス。プランは全部で4種類、事業スタイルや予算、事業規模に応じてフレキシブルに選ぶことができます。

バーチャルオフィス利用だけならこのプランでOK:月額11,000円プラン

住所利用を中心としたい方向けのプラン。法人登記や銀座口座開設に利用できる住所利用が可能であることや、来客時の受付対応、郵便物や宅配物の受取・転送対応がこのサービスに含まれます。

受付秘書の電話応対サービス付き:月額22,000円プラン

上記の月額11,000円プランに電話対応が付加されたプラン。専用電話番号(03番号)の付与、受付秘書による不在時の電話対応が含まれます。東京オフィスにスタッフがいなくても顧客対応が可能となっています。

FAX対応サービス付き:月額27,500円プラン

上記月額27,500円プランにFAX対応が付加されたプラン。FAXでの情報のやり取りが中心、という方向きのサービスです。

20時間分の個室利用付き:月額55,000円プラン

上記月額27,500円プランに、個室利用が20時間分付いています (4名部屋相当)。
東京で打ち合わせを行う際、「銀座ビジネスセンター」を打ち合わせの場所としてクライアントを招くことも可能です。

個室の利用には事前予約が必要ですが、当日でも予約ができないということはほぼありません。

常駐秘書が会員サポートをしっかりしてくれるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」の営業時間は月曜から土曜の9時~20時45分までです。その間、常に10名ほどの受付秘書が会員の方々のサポートを行っています。非常に高いスキルと一流のおもてなしを学んだ秘書が、会員企業の利用者一人ひとりに対しホスピタリティ溢れるサービスを提供してくれます。

特に「銀座ビジネスセンター」の受付秘書はクオリティの高さが評判で、敬語やビジネスマナーだけでなく、会員の方々が常に何を欲しているかを先読みしてサポートしてくれるので、一度「銀座ビジネスセンター」を利用すると他社のサービスを受けることが出来なくなってしまうほどの高いクオリティが魅力のレンタルオフィスとなっています。

まとめ

富山市内で東京進出または全国展開を検討している企業、スタートアップ企業、個人事業主の方にとって、銀座にある「銀座ビジネスセンター」は、バーチャルオフィスとしての利用だけでも十分なサービス・サポート内容のレンタルオフィス。

これを機会に「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」のホームページをチェックして、東京進出の足掛かりを作りましょう!

おすすめの記事