起業に向け徳島県内でレンタルオフィスを探している人や、東京進出を目指す徳島県内の企業に向けて、東京のレンタルオフィス契約をするメリットについてまとめてみました。

 

徳島県とはどんなところ?

徳島県は日本の四国地方に位置する自然豊かな地域。

県内は、京阪神とのつながりが強い東部エリア、近畿地方に加え中国地方や香川・愛媛とも交流が盛んな西部エリア、太平洋に面する南部エリアの3つに分かれています。

 

観光名所としては、日本百景にも選定されている「鳴門海峡」、四国最東端の「蒲生田岬」などがあるほか、阿波踊りの発祥地としても知られています。

 

2020年8月現在、徳島県には4,146.75㎢の面積に722,653人(44/47都道府県)が居住しています。

 

徳島県の県庁所在地は「徳島市」。
県の行政や経済、文化の中心都市であり、近畿地方との交流が盛んな地域でもあります。

そんな徳島市を代表する駅として徳島駅があります。徳島県には私鉄が走っておらずすべてJRの鉄道路線なのですが、そのほとんどが徳島駅を発着駅としています。
また駅ビルは四国最大級であり、それらを囲むように繁華街やオフィス街が形成されています。

 

徳島県にある他の主要エリアとしては、徳島県有数の観光都市「鳴門市」や医療福祉都市を目指す「小松島市」などがあります。

 

徳島県にあるレンタルオフィス事情

徳島県のレンタルオフィスやシェアオフィスは、徳島市にいくつか存在しています。

ほとんどのレンタルオフィスが起業家向けの貸オフィスであったり、ベンチャー企業支援のためのSOHOプレイスであったりするため、誰でも簡単に入居できるというわけではありません。さらに入居条件を満たしていても、個室スペースは一般的に人気も高く空き室はほとんどありません。

 

会議や打ち合わせで使用するプロジェクターやホワイトボードは有料となっているレンタルオフィスも存在します。

徳島県内でなく東京のレンタルオフィスを使うという選択肢

徳島県内に居住しており、自宅以外での起業を考えている方、また東京進出を視野に準備を進めている徳島県内の企業が、東京のレンタルオフィスの利用を検討する場合には、次のようなケースが考えられます。

 

これから起業しようと準備している人の場合

働く場所にとらわれないビジネスで起業したいと考えている人が、徳島県内で起業するのではなく、あえて東京のレンタルオフィスを選択したほうがメリットとなることがあります。

 

東京のレンタルオフィスで法人登記や口座開設を行えば、東京のアドレスを活用してビジネスを行えるため、東京で活動しやすくネットワークも広げやすくなります。その結果、事業を発展させるのに有利に働く可能性が大いに高まります。

また、通常は徳島で生活しつつ、打ち合わせや商談の際にのみ東京へ出張する、といったスタイルで仕事することもできます。

 

徳島県内で実績十分な企業が東京へ進出する場合

もう一つは、徳島県内ではすでに実績ある企業が東京進出を目指す際、まずはレンタルオフィスを利用して事業展開の様子を見るケースです。

レンタルオフィスを拠点とすることで、低リスクでかつスモールスタートから事業を始めることができます。

少人数のスタッフのみ東京のマーケット調査に従事し、本格的に東京へ進出するかどうかを検討するのに活用できるのがレンタルオフィスの強みの一つです。

徳島県内にある企業が東京のレンタルオフィスを活用するメリット

徳島県内や周辺地域ではそれなりに知名度はあるものの、東京進出でさらに認知度を上げたい!と考える徳島県内の企業が、東京のレンタルオフィスを利用するメリットとして、さらに深堀りしていきます。

 

東京の人口は徳島県の人口のほぼ20倍!東京進出でビジネスチャンスを手に入れる

徳島県の人口72万人に対し、東京の人口は1,400万人と、およそ20倍近い人口差があります。

地方経済が鈍化・衰退している現在、徳島県内で大幅な新規顧客獲得を見込むのは厳しいのが現実。東京進出によって新たなビジネスチャンスを掴むことができれば、東京のみならず全国展開も視野に入れることができます。

そこで、レンタルオフィスならすぐにでも東京にオフィスを持つことを可能にしてくれます。

 

レンタルオフィスを利用すれば地方企業でも低リスク・低コストで東京営業所・支店が持てる

東京進出を検討する際、なるべくなら低コスト・低リスクで小さくスタートしたい、しばらく様子を見たいというのが経営者の本音でしょう。

 

たとえば、賃貸オフィス契約を考えた場合、物件の契約費用に加え、オフィス家具や備品、東京スタッフの人件費などで数百万から数千万出費がかかることが想定されます。さらに万が一東京進出が失敗した場合に撤退も視野にいれておかなければなりません。

 

しかし、レンタルオフィス契約であれば、少ないリスクでビジネスを始められるため、初期投資を大幅に軽減できるほか、3か月程度の期間のみ様子見で利用するといったことも柔軟に行えます。

地方企業の東京進出を後押しする「銀座ビジネスセンター」とは?

そこで徳島県から東京進出を考える企業にぜひおススメしたいレンタルオフィスが、地方企業でも安心して利用できる「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年から運営スタートした、レンタルオフィス業界のパイオニア。レンタルオフィス事業を展開して今年で20年目を迎える、トップランナー的存在です。

 

「銀座ビジネスセンター」は、銀座6丁目「銀座風月堂ビル」の5階、並木通りとみゆき通りが交差する場所に存在します。最寄り駅の東京メトロ銀座駅B5番出口からは徒歩12分、JR有楽町駅からもおよそ5分の距離にあり、その他近隣の駅からも徒歩圏内と非常に好アクセスです。

 

東京のレンタルオフィスの中でも「銀座ビジネスセンター」をおススメする理由

東京に数あるレンタルオフィスの中で、この「銀座ビジネスセンター」がなぜおススメなのか?その理由を簡潔にまとめました。

 

地方企業でも安心!事業規模に適した利用プランでスモールスタートを実現

「銀座ビジネスセンター」は、22ある個室スペースや会議室といった必要な部屋を必要な時に必要な時間だけ借りることができる時間貸しのレンタルオフィス。

料金プランは月額10,000円、25,000円、50,000円と、3つ用意されています。
プランによって利用できるサービスがそれぞれ異なります。

 

月額10,000円プラン

バーチャルオフィス利用、といった住所利用のみの方に適したプラン。
法人登記や銀行口座開設が可能なほか、郵便物や宅配物の受取・転送対応が料金に含まれています。

 

月額25,000円プラン

上記10,000円プランに加え電話・FAXサービスが追加されたプランです。東京03の専用電話番号、FAX番号が利用できます。

 

月額50,000円プラン

上記の25,000円までの内容に、部屋利用20時間分(4人部屋想定)が加わったサービスです。

 

事業規模や用途に合わせた利用ができ、スモールスタートを試みたい地方企業の方でも安心して利用できます。

 

常駐秘書の高いおもてなしサービス

銀座ビジネスセンターには平日9時から午後845分まで、常時10名ほどの秘書が待機し丁寧で正確なサービスを提供しています。丁寧かつ正確な仕事内容やホスピタリティあふれたサービス精神は他のレンタルオフィスと比べて非常に質が高いとの評判でもあります。

 

たとえば、電話対応の場合、かかってきた電話内容から状況を瞬時に判断し、TPOに合わせた適切な対応をしてくれます。特に緊急度が高いものはすぐに連絡、ビジネスチャンスを逃すことはほとんどありません。

 

秘書サービスの内容(一部)
  • 個室の予約対応
  • 郵便物や宅配物の受取、保管、転送対応
  • 電話対応および報告
  • FAX対応
  • 来訪者への受付対応
  • 飲み物の注文対応
  • 事務作業の代行
  • 備品の貸し出し準備 など(別途費用となるものもあります)。

 

銀座ビジネスセンターまでの交通手段

徳島県内から銀座ビジネスセンターへの移動に関しては、飛行機の利用がベストです。

 

徳島空港から羽田空港までの飛行時間はおよそ1時間20分となっています。

羽田空港から銀座までは、東京モノレールの場合、浜松町まで行き「JR山手線」に乗り換え新橋駅まで約25分、そこから「銀座ビジネスセンター」までの所要時間は徒歩でおよそ10分程度です。また京急線では、エアポート急行で東銀座駅まで行き(35)、そこから徒歩または「東京メトロ日比谷線」で銀座駅まで約1分です。

 

まとめ

徳島県内でレンタルオフィスを検討している起業準備中の人や、東京進出を検討している徳島県内の企業にとって、「銀座ビジネスセンター」はおもてなしの心を持ってどんな方でも迎えてくれるレンタルオフィスです。

 

東京での営業拠点としてぜひこの機会に「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」を検討してみませんか?

おすすめの記事