レンタルオフィス 国立競技場

インターネット環境があればどこにいても仕事が行える今、テレワークやリモートワーク、副業、起業(スタートアップ)などに活用できるワークスペースを自宅以外に持ちたい、という方は少なくありません。

カフェやファミレスでフリーWi-Fiはかなりの場所で利用できるようになりましたが、勉強や仕事による長時間利用を制限、2時間制としているようなところも。電話やオンラインミーティングをするのに外に出なければならない、ネットが30分(60分)ごとに切れて再接続が必要になり、データ保存に失敗してしまったといったことも多く、ネット環境の課題が解決できる場所が求められます。

そこでおすすめなのが、静かな個室スペースで仕事が行える「レンタルオフィス」。レンタルオフィスなら、ネット環境や防音対策がしっかり整備、備品利用やネットサービス、ドリンク、秘書による事務的なサービスなどを受けることもできます。

今回は国立競技場でワークスペースを探している方を対象に、国立競技場エリアのレンタルオフィス事情とおすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

国立競技場ってどんなエリア?

「国立競技場」とは東京都新宿区霞ヶ丘にある競技場のことですが、その玄関口となる国立競技場駅や周辺エリアを指す名称としても使用されることもあるようです。同駅は、新宿区と渋谷区にまたがって建設されており、出入り口の東側は新宿区、西側は渋谷区に位置する好立地にあるのが特徴です。

駅周辺にはスポーツ関連施設のほか、新宿御苑や明治神宮外苑、国立能楽堂などがあり、日本のスポーツや文化を支える施設が集積しています。なかでも駅名に使用されている「国立競技場」は、2021年に開催された東京オリンピック・パラリンピックにて「オリンピックスタジアム」の名称でメイン会場に使用されるなど、その知名度は抜群。この街のシンボルとして、多くの市民に親しまれる存在です。

国立競技場のレンタルオフィス事情

国立競技場エリアはスポーツ施設や文化施設が多いこともあり、レンタルオフィスの数はそれほど多くありません。とはいえ新宿や代々木、原宿といった人気エリアに近い立地のため、席は争奪戦であり、コワーキングスペースですら満席となっている状態です。

また個室やレンタルスペースは数が少ないうえに、利用料金が相場は10万円前後とかなり高く、副業やテレワーク利用の方が気軽に契約するのは難しいと言えます。銀座や新宿といったビジネスエリアでも、同程度またはそれよりも安い金額でサービスの充実したレンタルオフィスを契約することはできるため、相場が高いと感じた場合には、エリアを少しずらしてオフィス探しをしてみるのも良いでしょう。

以下に国立競技場エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめましたので、検討の際には参考にしてみてください。

国立競技場エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 光が丘駅から徒歩9分 コワーキングスペース、レンタル自習室 フルタイムチケット(30日間有効)

14,800円

1名~ Wi-Fi完備

フリードリンクあり

クレジットカード決済による継続割引あり

レンタルオフィスB 光が丘駅から徒歩30 レンタルオフィス、シェアオフィス、レンタルスペース、貸し会議室 月額35,200円~79,200

※空室の値段

1名~2

※空室の人数

半個室の用意もあり

ドリンクバー飲み放題付

住所利用可能

レンタルオフィス初心者でも安心して利用できる「銀座ビジネスセンター」

国立競技場エリアのレンタルオフィスは数が少ないため、希望する条件に合うか比較・検討がしにくいといった課題があります。また比較的金額高いという観点からすると、1人会社や個人事業主には少々ハードルが高いエリアかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は銀座エリアで2000年より運営を続けるレンタルオフィス。20年以上にわたって中小企業経営者や、士業や個人事業主の方、地方企業の東京オフィスやサテライトオフィスとしても利用可能、多くの方に利用されているレンタルオフィスです。最近ではスタートアップ企業にも活用されている人気ぶりです。
銀座の中でも超一等地とされる銀座6丁目「銀座風月堂ビル」の5階を拠点として、450㎡の広さのワンフロアーを利用したレンタルオフィスとバーチャルオフィスを併用した施設として展開しています。

そんな「銀座ビジネスセンター」がなぜおススメなのか、その理由について以下にまとめてみました。

月額11,000円~の料金で利用できるリーズナブルなレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は、月額11,000円~という銀座エリアでは比較的リーズナブルな料金で利用できる明瞭会計のレンタルオフィス。最安値となる月額11,000円のプランですが、法人登記・銀行口座開設に必要な銀座アドレス利用や郵便物の受取・転送対応といったサービスを受けられることから、バーチャルオフィスとしての利用に適したサービス内容となっています。

個室利用の場合ですが、1時間1,760円~の料金で、防音やセキュリティ、コロナ対策が施された完全密閉型の個室スペースを利用することが可能。レンタルオフィスの中には、コスト削減の一環からか、壁の部分が閉じることなく天井との間に隙間のある個室もありますが、「銀座ビジネスセンター」なら、完全密閉型の個室が利用できるので、仕事をはかどらせたい時にはおススメです。

オフィス内装や備品にこだわりのあるハイグレードなレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は、優雅なオフィス内装や高級家具でお客様をお出迎えしてくれるレンタルオフィス。エントランス横のラウンジにはイタリアを代表する家具ブランド「カッシーナ」のソファーを、各部屋に置かれた椅子は部屋ごとにデザインやカラーを変えるなど、お洒落に対するこだわりも必見。ホームセンターで購入したような「ザ・オフィス家具」といったもので構成されたレンタルオフィスは多いものの、「銀座ビジネスセンター」は、利用者を快適にするデザインと品質が魅力。クライアントにも良い印象を与えてくれるに違いありません。

まとめ

国立競技場エリアにて作業用のワークスペースを検討しているなら、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」は利用価値の高いレンタルオフィスなので非常におすすめ。会員月額料金は11,000円~と銀座エリアでは比較的リーズナブルに。さらに防音対策がしっかりされた個室利用は1時間1,760円から。個室使用は使った分だけの清算なので、コストメリットも高い点は大きなメリットと言えるでしょう。

カフェやファミレスでの仕事に疲れてしまった・ストレスを感じている、といった方は、ぜひ「レンタルオフィス銀座ビジネスセンター」で新たなビジネス環境を構築してみてはいかがですか?

おすすめの記事