近年レンタルオフィスの競争が激化する中、様々なサービスや設備を充実させることで他社との差別化を図ろうとするレンタルオフィスが増えてきています。特に「設備」に関しては、あるのとないのとでは利用者の業務に影響するものもあり、レンタルオフィス契約する前には確認しておきたいものです。

 

そこで今回は、起業や副業などでレンタルオフィス利用を検討している方に向けて、レンタルオフィスの設備事情を解説するとともに、豊富な設備が備え付けられたおすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

 

レンタルオフィスを契約する前にチェックしておきたいポイント

レンタルオフィスを契約する際、どのような点を重視して契約するのが良いでしょうか?

 

利用する方それぞれ重要となる点は異なるため、どれが正解と言うのはありませんが、一般的にレンタルオフィスを選ぶ際には「エリア・環境」、「費用」、「提供サービス」、「設備」といったものが決め手となります。

 

エリア・環境

レンタルオフィスを検討する際に最も重要となるのが「どこのエリアでレンタルオフィスを探すか」という点です。

 

起業時に契約するンタルオフィスで法人登記を行う人もいると思いますが、登記された会社住所は社会的信用を決定する重要なもの。あまりにもビジネスイメージからかけ離れたエリアだったり治安の悪いエリアだったりすると、名刺交換した相手やホームページを閲覧した相手からの印象が悪くなってしまうことが往々にしてあります。

 

自宅や職場などから通いやすい場所にあるレンタルオフィスにこしたことはありませんが、できるだけ知名度や印象の良いエリアにあるレンタルオフィスで法人登記を行うことをおすすめします。

 

費用

賃貸オフィス契約よりもかなり安い価格でオフィスを持つことができるレンタルオフィスですが、月1万円前後から利用できるレンタルオフィスもあれば、10万円を超えるようなものも存在します。

 

賃貸オフィスとは違って内装にお金をかけることはないものの、身の丈にあった費用を心掛けないと資金がショートしてしまう危険性が伴います。月額利用料以外にもオプション費用や初期費用などがかかることもありますので、しっかりと予算管理は行うようにしておきましょう。

 

提供サービス

レンタルオフィスでは基本料金またはオプション料金として秘書サービス、電話代行サービスといった各種サービスが提供されています。必要に応じて利用すれば自身の業務の省力化につながります。

 

「秘書サービス」とは、忙しい利用者のサポート業務をレンタルオフィスのスタッフがサポートしてくれるものです。

 

来客対応や郵便物・宅配物の受取・転送対応、清掃対応などがこれらに含まれます。

 

「電話代行サービス」とは、レンタルオフィス契約の際に固定電話の利用契約を結んだ場合、外出時や不在時に利用者に代わって電話対応をしてくれるサービスを言います。電話応対後にメールや電話などで内容を報告してもらえるのでビジネスチャンスを逃さずに済みます。

 

設備

意外と見逃されがちなのが「設備」です。オフィス家具や備品はもちろんのこと、会議室やセミナールームといった付帯設備も必要なものが備わっているかどうか、利用しやすい環境かどうかは確認しておく必要があります。

 

たとえば「会議室が利用可能」とうたっているレンタルオフィスも利用者が多くて予約ができない、といった状況があるかもしれませんし、プロジェクターなどの備品類も絶対数が少ないがゆえ、利用したい時に利用できない、ということがあることも想定しておきましょう。

 

現在のレンタルオフィスの設備事情

レンタルオフィスはオフィス家具や備品類が始めから備わっていることから、お金をできるだけセーブしたいスタートアップ企業や、スポット的に利用したい企業のプロジェクト利用などに有効活用されています。

 

そのレンタルオフィスに備え付けられている設備類も年々グレードアップしており、ほとんどのレンタルオフィスではWi-Fi利用が当たり前、テレワークやリモートワークでも大活躍のオンラインミーティングに必要となるカメラやマイクを貸し出しているところもあります。

 

一般的なレンタルオフィスに付帯する設備としては、

 

  • インターネット環境(有線・無線)
  • 電話/FAX
  • オートロック機能
  • 机や椅子などのオフィス家具
  • コピーやプロジェクターなどのオフィス備品
  • フリースペース
  • 専用ロッカー
  • 会議室/セミナールーム

 

といったものがありますが、これらは施設によってあったりなかったり無料で利用できるたり有償となったりと様々です。利用したい設備が検討中のレンタルオフィスにあるかどうかは、ホームページなどの情報に頼ることなく、実際に内覧して確認しておきましょう。

 

コロナ感染症対策グッズにも注目

コロナ禍の中では、感染症対策に必要な設備が備わっているかどうかも契約の際の決定ポイントの一つとなり得ます。

たとえば、飛沫防止の透明アクリル板が用意されているかどうか、アルコール消毒液や検温器具が設置されているかなども確認しておくとよいでしょう。

 

ハイグレードな設備が整ったレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

実際のところ、設備面を比較検討してレンタルオフィスを決定するのはかなり難しいのが現状です。
なぜなら価格やサービス面を強調するレンタルオフィスは多いものの、設備面についてホームページや広告に詳しく記載しているレンタルオフィスはそれほど多くないためです。

 

またホームページや広告内に設備に関する情報や写真が掲載されていても、現物とはことなるイメージ写真だったために、「行ってみたらイメージと全く違っていた」、「設備が整っていると書いてあったけど、期待したほどではなかった」ということも起こり得ます。

 

さらに、このコロナ禍では何軒ものレンタルオフィスを内見するのも憚られます。

 

そこでハイグレードな設備が備わったレンタルオフィスとしておすすめしたいのが、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年から銀座の地でレンタルオフィス運営を開始、これまで20年以上の実績を誇るレンタルオフィス業界のパイオニア。みゆき通りと並木通りの交差する銀座6丁目の「銀座風月堂ビル」の5階、外観も銀座の街並み溶け込む優雅さを持った建物の中に「銀座ビジネスセンター」は存在しています。

 

そんな「銀座ビジネスセンター」が設備にこだわる方におすすすめする理由を下記にまとめてみました。

?

セキュリティ対策も万全!安全に仕事ができる環境設備を持つレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は内装にもしっかりとこだわりを持ち、設備も充実しているレンタルオフィス。カッシーナ製のソファをはじめ高級感溢れるビジネスラウンジや一流の秘書サービスなど、まさに銀座の地に相応しいレンタルオフィスとなっています。

 

設備に関してですが、各個室は天井までしっかりと密閉された完全個室のため機密性が高く防音効果が高いことや、施錠可能な扉であること、有線LAN利用も可能なため、機密情報や個人情報を扱う業務を行っている方には有線LANケーブルの貸し出しも行っているなど、セキュリティ面でも安全であることが「銀座ビジネスセンター」をおすすめする理由の一つとなっています。

 

充実したビジネスツールがほとんど無料で利用可能なレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」では机や椅子といったオフィス家具や、コピー機やFAX、プリンター、プロジェクター、文具といったオフィス備品も一通り完備、ビジネスツールの準備は一切不要、パソコンやスマートフォンに加えてその身一つあればビジネスを開始することが可能です。

 

ほとんどのビジネスツールは無料で利用することができますが、一部のものに関しては利用するのは無料、実費分は有料(コピー代、通話代など)となっています。

 

利用可能なビジネスツール一覧

無料のものインターネット(有線LAN・Wi-Fi)、スキャナー、シュレッダー、ホワイトボード、プロジェクター、ディスプレイモニター、スクリーン、文具他

有料のもの

電話(通話料金は有料)、FAX(送信時有料)、コピー、レーザープリンター(印刷分は有料)、鍵付きキャビネット(必要な方)、専用電話番号通知など(使用時有料)他

?

まとめ

東京都内で設備の充実したレンタルオフィスを利用したいなら、知名度抜群、銀座にある「銀座ビジネスセンター」がおすすめです。

 

セキュリティ面やプライバシーにも配慮された設備が多数備わっており、利用者のビジネス環境を快適にしてくれる「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」で、あなたのビジネスライフをもっと良いものにしてみませんか?

おすすめの記事