コロナ禍におけるテレワークやリモートワークの普及とともに、自宅やカフェ・ファミレスといった場所で仕事をする機会が増えています。水道橋で働いている方や居住している方の中にも、会社の仕事や副業においてカフェやファミレスなどの場所を利用し、仕事している人も多いのではないでしょうか?

 

カフェなどのオープンスペースは、一時的な作業場として利用するのは良いかもしれませんが、長時間または定期的な利用を考える場合にはあまり向いていません。その理由として、店舗の中には長時間の利用や仕事・勉強での利用を控えるように促すところも多いことや、周りの騒音、コンセント付きの座席が確保できるとは限らない、ということがあります。しかも水道橋は学生やイベント客などが多い土地柄というのもあり、集中できる環境とは言い難いエリアです。

 

そこでおすすめしたいのが「レンタルオフィス」を活用すること。完全個室のレンタルオフィスであれば、セキュリティ対策もぬかりなく、機密情報を扱う会議やオンラインミーティングなどで気を使うこともなくなります。

 

そこで今回は水道橋エリアでワークスペースを探している方を対象に、快適なレンタルオフィスの選び方とおすすめのレンタルオフィスについて解説していきます。

 

水道橋ってどんなエリア?

水道橋は東京都千代田区と文京区にまたがるエリアを指す名称です。「またがる」と表現される理由は、JRの水道橋駅は千代田区神田三崎町、都営地下鉄の水道橋駅は文京区後楽をそれぞれ所在地とするためです。

 

そんな水道橋は東京ドームシティのお膝元として、商業施設やスパなど多くのアミューズメント施設が軒を連ねるほか、都会にいながら自然を感じることのできる「小石川後楽園」や日本サッカーの歴史を感じられる「日本サッカーミュージアム」、野球ファンなら見逃せない「野球殿堂博物館」など見どころが満載。東京ドームではイベントやコンサートが行われることも多く、催事のある際は大勢の人だかりで賑わいます。

 

中でも野球やボクシングの試合における混雑具合はすさまじく、水道橋駅では「あらかじめ帰りの乗車券を購入しておくこと」、「ICカードには多めにチャージをしておくこと」などがアナウンスされるほどです。

 

しかしイベント開催期間を除いては、治安が良く落ち着いた雰囲気の漂う地域として知られ、大学のキャンパスや教育機関などが集積する「教育と文化の街」としての側面も有しています。

 

水道橋のレンタルオフィス事情

そんな水道橋は、街全体がアミューズメント的イメージの強いエリアということもあって、レンタルオフィスの数はそれほど多くありません。利用料金は比較的リーズナブルに設定されているところが多いものの、人気エリアかつ母数が少ないため、空室が出てもすぐに埋まってしまったり、満室のままずっと空きが出なかったり、といったケースもあるようです。

 

また仕切りで区切られただけの簡易個室や防音対策が十分でないレンタルオフィスもあります。そのため、レンタルオフィスを契約する際には、ホームページ上に記載された情報だけを鵜呑みにするのではなく、実際に現地へ足を運んだり、電話で問い合わせたりして施設の現状をしっかり確認することが必要です。

 

以下に水道橋エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめましたので、検討する際には参考にしてみてください。

 

水道橋エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

 

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 水道橋駅から徒歩2 レンタルオフィス 1人部屋月額43,000円~、共益費別途

2人部屋月額75,000円~、共益費別途

1名~ 2021年2月オープン

家具付き

住所登記可能

レンタルオフィスB 水道橋駅から徒歩3 レンタルオフィス 現在満室のため料金開示なし 1名~4 セキュリティカード導入

住所登記可能

5時間まで会議室無料

レンタルオフィスC 水道橋駅から徒歩4 半個室コワーキングスペース 個室(※)プラン月額34,000円~

(※半個室であり完全個室ではない)

1名 24時間365日利用可能

登記、会議室利用などはオプション料金

家具付き

 

リーズナブルながらサービスや施設がハイグレードなレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

レンタルオフィスを利用する際に、多くの人にとっては価格が一番気になるポイントではないでしょうか。

 

しかし、価格にこだわるあまり、サービス内容や施設に問題があって結果としてあまり使えない、ということになっては意味がありません。

 

そこで水道橋で快適なワークスペースを探している方にぜひお勧めしたいレンタルオフィスが、価格はリーズナブルながらハイグレードな完全密閉型レンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」がスタートしたのは2000年、それから20年以上の長きに渡り銀座で運営し続ける業界の先駆者的レンタルオフィス。銀座6丁目の銀座風月堂ビルの5階にある「銀座ビジネスセンター」は、全22ある個室スペースがすべて完全密閉型で防音対策がしっかりとしており、気密性が高いレンタルオフィスとなっています。

 

また「銀座ビジネスセンター」は、銀座界隈にあるレンタルオフィスの中でもとりわけリーズナブルな価格で個室スペースが利用できる上、クオリティの高い常駐秘書サービスや高級志向のオフィスラウンジ、防犯カメラや施錠扉が設置され、セキュリティやプライバシーに不安のないハイグレードなレンタルオフィスです。

 

そんなハイグレードなレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」が非常におススメな理由について、下記にまとめてみました。

 

コロナ対策も万全!毎日清掃が行われているレンタルオフィス

レンタルオフィスのような人が出入りする場所の場合、「コロナ対策がしっかりしているのだろうか?」というのが、利用する側の懸念材料にあることでしょう。

 

コワーキングスペースのような不特定多数の人間が出入りする機会が多いケースや、清掃が入る機会が少ないレンタルオフィスの場合だと、感染リスクが高まることから利用するのを敬遠しがちです。

 

特に価格の安いレンタルオフィスの場合にはスタッフがいないことも多く、清掃対応は完全に利用者任せ。清掃回数も限定されたり、使用後に自分で机を拭かなければならなかったりと、しっかりとした感染症対策を行っていないところもあります。

 

しかし「銀座ビジネスセンター」は、10名前後の常駐秘書が待機しており、毎回個室利用終了後には必ずアルコール消毒や清掃対応に入り、次の人に気持ちよく使ってもらう配慮と感染防止に努めています。

 

「銀座ビジネスセンター」限定された会員のみが利用する完全密閉型のレンタルオフィスのあるため、密になることもほとんどなく、安心して利用できるのが特徴です。

 

おもてなしの心でお出迎え!超一流の秘書が丁寧で正確な対応をしてくれるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」には常時10名程度の秘書が待機し、会員のサポート業務を行ってくれます。

 

内容としては、受付応対や電話・FAX対応、郵便物の受取・転送対応、個室利用後の清掃・アルコール消毒対応、事務作業などとなりますが、すべての仕事を正確かつ丁寧に行ってくれるので、会員のみならず会員クライアントからも素晴らしいと評判です。

 

一人ひとり異なる会員に対し、マニュアル通りの対応をするのではなく、その場その場で秘書が自ら考え対応する点が、他のレンタルオフィスとは大きく違います。その違いを生み出しているのは、教育研修をしっかり受けた正社員秘書が業務を行っている点。アルバイトや派遣社員で対応しているレンタルオフィスではこうはいきません。

 

「銀座ビジネスセンター」は常におもてなしの心で会員企業を出迎えてくれるレンタルオフィスなのです。

 

水道橋から銀座ビジネスセンターまでの交通アクセス

水道橋から「銀座ビジネスセンター」までの移動手段ですが、水道橋駅を起点とする場合、都営三田線で日比谷駅まで約7分、そこから銀座ビジネスセンターまで徒歩移動するのが最短ルートです。

 

その他には後楽園駅を利用して東京メトロ丸ノ内線で銀座駅まで行くという方法(10)もあります。

 

まとめ

水道橋エリアでテレワークや副業などに利用できるワークスペースを探しているなら、銀座にあるハイグレードな「銀座ビジネスセンター」をぜひ利用してみませんか?

 

水道橋から10分前後で移動できる銀座であれば通うのも苦になりませんし、何より銀座という場所のエリアメリットを感じながら仕事ができるのはとても魅力。バーチャルオフィスとしても利用できるので、コストパフォーマンスに大変優れています。

 

「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」は、スタートアップ企業の仕事場として、またテレワークやリモートワークでの利用、副業のスポット利用に最適なレンタルオフィスです!

おすすめの記事