レンタルオフィス東池袋

新型コロナ感染症は一時期に比べ落ち着きの傾向を見せているとはいうものの、長きに渡りマスクを手放せない生活を強いられている現在、多くの企業では現在もリモートワークを行っているところもあります。リモートワークを行う場所としては自宅での作業が一般的かと思いますが、自宅で集中しにくいと感じている方の場合には、カフェやファミレスを利用して作業を行うという人もいるかもしれません。しかしカフェやファミレスといったオープンスペースでは、隣の話し声が気になって仕事に集中できない、Wi-Fiは1時間おきに切れてしまう、、PC電源が確保できないなどの問題もあったり、快適と言い難い現状もあります。

そんな中、最近注目を浴びているのが「レンタルオフィス」。レンタルオフィス自体は以前からありますが、コロナ禍でオフィスの存在意義が問われる今、広いスペースを借りるよりも、レンタルオフィスを活用してコンパクト経営を行おうという企業も増えています。

今回は東池袋エリアでワークスペースを探している方を対象に、東池袋のレンタルオフィス事情とおすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

東池袋ってどんなエリア?

東池袋は東京都豊島区にある地域であり、行政地名としては東池袋一丁目から東池袋五丁目までが存在しています。名前の通り、主に池袋駅の東口にあたるエリアを指す名称として使用されることが多いようです。

東池袋は、日本有数の繁華街である池袋地区の中心的役割を担う街。エリアの玄関口となる東池袋駅周辺には、豊島区役所やサンシャインシティなどをはじめ、飲食店、商業施設などがひしめき合っており、昼夜を問わず数多くの人通りがあります。

一方で東池袋から南池袋方面には寺社や宅地が集積する地域もあり、「繁華街・池袋」の喧騒とは異なる一面を覗くことができます。都電沿線には活気あふれる商店街や昔ながらの建造物なども点在しており、新旧の文化が混在しているのが特徴です。

東池袋のレンタルオフィス事情

東池袋は、都内を代表するターミナル駅「池袋駅」と近接していることもあり、レンタルオフィスの数も比較的多めです。ただし人気が高いエリアなので、希望の条件にあったオフィスが常に空いているとは限りません。仮に空室が出たとしてもすぐに申し込みが入ってしまう可能性が高いため、空き情報には常にアンテナを張っておく必要があります。

また外資系のレンタルオフィスでは、料金がホームページ上に明示されていないところもありますので、見積もりを取ったり問い合わせをしたりする手間がかかるのもネックと言えるでしょう。

参考までに、東池袋にあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などを下記に記載しましたので、気になる方はチェックしてみてください。

東池袋エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 東池袋駅から徒歩1 レンタルオフィス、コワーキングスペース、バーチャルオフィス レンタルオフィス

月額26,400円~126,500

※共益費別

1名~5名 完全個室型レンタルオフィス

アシスタントサービスあり

登記可能

レンタルオフィスB 東池袋駅から徒歩2分 レンタルオフィス、コワーキングスペース 個室プラン

月額38,000円~

1名~ 郵便物受け取り代行あり

スタッフ常駐

登記可能

レンタルオフィスC 東池袋駅から徒歩3分 レンタルオフィス、コワーキングスペース、バーチャルオフィス 要問合せ 1名~ 外資系レンタルオフィス

24時間365日利用可能

複数拠点利用OK

レンタルオフィスD
東池袋駅から徒歩5分 コワーキングスペース ドロップイン

DAY2,200

1名 ダイニングバーを改装したワークスペース

月額プランの設定あり(要問合せ)

ドリンク飲み放題

完全密閉型個室が利用できる!リモートワークに活用したいレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

リモートワークを行う際に一番重要なことは、仕事に集中できる環境かどうかです。オフィス仕事とは異なり、同僚の視線を感じることのないビジネス形態は、意識の高い人であれば問題ありませんが、普通のビジネスパーソンの場合、集中力はどうしても欠落しがちです。そのため、できるだけ集中して仕事が出来る環境が求められます。

そこでぜひおすすめしたいのが、防音対策バッチリの完全密閉型のレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年の営業スタートより現在まで20年以上運営し続ける老舗のレンタルオフィスです。東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5Fのアドレスが利用可能なレンタルオフィスとして、中小企業をはじめとして幅広い方々に利用され続けています。交通アクセスも申し分なく、東京メトロ銀座線の銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からも徒歩5分の近さ。さらに銀座一丁目駅や新橋駅、東銀座駅なども利用圏内なので、クライアントを招き入れるにおいても、自分が利用する際にもほとんど不便さを感じません。

月額利用料金は11,000円から、個室利用は1,760円からと比較的銀座エリアではリーズナブルな価格設定になっており、ちょっとしたビジネス拠点として利用しやすいのが特徴です。

都内に沢山あるレンタルオフィスの中でも、銀座にある「銀座ビジネスセンター」がなぜおすすめなのか、その理由については下記にまとめてみました。

防音対策セキュリティ対策に抜かりのない静かで快適なレンタルオフィス

レンタルオフィスは専用の個室スペースが利用できるイメージがあると思いますが、レンタルオフィスもピンからキリまでさまざまです。中には「個室利用可」と明示しているものの、半個室といった密閉された空間とは言えない作りのものや、単にパーテーションで区切られただけのような粗末なものもレンタルオフィスとして存在している現状があります。このような所では、カフェやファミレスと変わらないクオリティですし、オンラインミーティングを行うのが憚られてしまいます。もちろんコストを安く済ませたい場合には、このようなレンタルオフィスを選択せざるを得ないケースもあるかもしれませんが、環境の粗末さは絶対に避けるべきポイントです。

その点「銀座ビジネスセンター」なら、全22ある個室すべてが完全密閉型のレンタルオフィスです。隣との壁がしっかりと天井まで密閉されており、打ち合わせやオンラインミーティングも問題なく行うことができます。さらに各部屋は施錠扉となっておりセキュリティ面でも不安はありません。通路には防犯カメラ・セキュリティシステムも設置されていることや、ネット回線もWi-Fi以外に有線LAN接続も可能。VLAN対応ですので、通信環境もしっかりしたところを選びたい方にはとてもありがたいレンタルオフィスとなっています。

契約条件に一切の縛りなし!すぐに利用可能なレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は即日契約できるレンタルオフィスです。契約の手続きが面倒だったり、月額固定型の部屋利用タイプの場合だと、空きが出ずに数か月待たなければならないこともあります。

しかし「銀座ビジネスセンター」は、必要書類の提出や申込書の記入と捺印、それに支払いが完了した時点で契約が完了。保証人や保証会社が不要ですし、更新料や保証金、敷金・礼金などの金額も一切かかりません。個室利用は、契約が終了した段階で予約を行えばいつでも利用することができます。

またレンタルオフィス契約にありがちな半年や1年といった契約期間の縛りもなし。万が一解約する場合も解約違約金等は発生しません。

まとめ

東池袋エリアでリモートワークに利用できるワークスペースを探しているなら、有楽町線にて乗り換えなしで移動可能な銀座にある「銀座ビジネスセンター」を活用してみませんか?

「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」は、自宅やカフェやファミレスなどでのリモートワークとはひと味違う、仕事の成果を高める環境がリーズナブルに手に入るレンタルオフィス。ストレスを少しでも軽減したい場合には一度検討してみるのはいかがでしょうか。

おすすめの記事