これから本気で副業や起業を考えている豊洲にお住まいの方、レンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスを活用すれば、仕事に専念できるオフィス環境を月額1万円~の費用で手にすることができます。

 

ここでは、豊洲エリアにお住いの副業や起業を目指す方に向けて、失敗しないレンタルオフィス、バーチャルオフィス、シェアオフィスの見つけ方についてまとめてみました。

 

副業・起業とレンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスの関係

2002年、世界的なコロナ禍によって、仕事が失われたり給与が減ったりする人が続出しました。働き方も大きく変わり、テレワークなどを経験したことで、自宅やカフェといった場所でも問題なく仕事ができるということが人々の頭に浸透していきました。

 

最近都心にオフォスを構える企業の中には、コスト削減を目的としてテレワークを増やし、これまで借りていた賃貸オフィスをバーチャルオフィスやレンタルオフィスに切り替えるところも出てきています。

 

このように働く場所や働き方も多様化されている現在、インターネットが生活の一部となり、パソコンやスマートフォンが1台あれば誰でもどこでも仕事ができるような時代となりました。1つの会社にとどまらず本業を持ちながら副業する人や、独立して起業を考える人も少しずつ増えてきています。

 

さて、副業や起業をする際に重要となるものに「仕事をする場所」があります。

先ほど場所は選ばないで仕事ができるようになってきたと述べましたが、とはいえメインで仕事する場所は決める必要があります。一般的には自宅やカフェ、ファミレスといった場所でパソコンを使って仕事をするというイメージがあると思います。しかし、これは実のところよい環境だとは言い切れません。

 

たとえば自宅の場合、家族がいらっしゃる方であれば仕事に集中したいからといって無視するわけにはいきません。家事や子育てをしながら合間に仕事をするということもあるでしょう。またテレビやマンガ、睡眠を誘発するベッドなどがある環境では自らの意思を強く持たなければ仕事をし続けることはできません。

 

またカフェやファミレスといった場合、まず席を確保するのに悪戦苦闘することがあります。特に人気のエリアや食事時にはなかなか空きがでないこともあります。隣の人の会話も気になりますし、席によっては電源の確保も確約されていません。最近は一般化されているとはいえWi-Fiのないカフェもまだ存在しますし、2時間交代制をうたっているカフェもあり長居できる環境にないのが実状です。

 

このように仕事をする場所で悩みがある方をサポートしてくれる存在が、レンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスといったオフィスなのです。

 

レンタルオフィスやシェアオフィスといった場所貸してくれるタイプのオフィスには、机や椅子などのオフィス家具やコピー機や文房具、スキャナーなどの備品類も備え付けられているところも多く、一からオフィス用品を揃える必要がないのがポイントとなっています。

 

一方でバーチャルオフィスは、起業しようと考えている人には有効なオフィスの形態です。たとえば、1人で起業しようとした場合、自宅で登記をするのが一番効率良いと考える人も多いでしょう。しかし、自宅で登記しようとすれば自宅住所をさらけ出すことになるため安全面での問題が発生してしまいます。

また、マンションなどによっては法人登記を禁止しているところもあります。

 

そんな時に法人登記できるバーチャルオフィスであれば、自宅の代わりに事業用のアドレスを持てますし、郵便物や宅配物も転送されるため、自宅住所が表に出ることはなく安心して仕事をすることができます。

 

そんなレンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスですが、豊洲エリアにはどのようなタイプのものがあるのでしょう?

 

豊洲エリアのレンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィス事情

豊洲は銀座から4kmの場所にありますが、かつてIHIの造船所があったこの場所も、近年は世帯年収が高めのファミリー層が数多く住む大型タワーマンションが次々と誕生、ららぽーと豊洲やスーパービバホーム豊洲など大型の商業施設などが隣接した居住エリアへと大きな変貌を遂げました。

 

豊洲がこのような変貌を遂げたのは、東京メトロ有楽町線で銀座や有楽町といったエリアまでわずか5分ほどで移動できる利便性の高さが影響しています。そのような立地的な利点もあるかもしれませんが、豊洲エリアにあるレンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスはほとんどなく、有明や青海、勝どきといったエリアに移動しなければ見つけることができません。

 

以下に有楽町エリアにあるレンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスの利用料金のイメージや形態などをまとめていますので、有楽町エリアでオフィスを検討しているなら参考にしてみてください。

 

豊洲エリアにあるエリアレンタルオフィス料金イメージ

 

  エリア 形態 料金 面積 利用人数 その他
レンタルオフィスA 豊洲 個室ブース 250円/15分※最低料金3,000 1200mm×高さ2315mm×奥行1200mm 1名~ 電話ボックスのようなワークスペース
レンタルオフィスB 勝どき駅 レンタルオフィス 非公表 - 1名~37
レンタルオフィスC 青海 レンタルオフィス 159,000円(初期費用318,000) 33.86㎡ 6 スモールオフィス集合体

 

使いたい時に使いたいだけ利用可能なレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

以上のように、豊洲エリアでレンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスを探すにもなかなか見つけられないということもあり、レンタルオフィスやシェアオフィスなど、リアルなワークスペースを持ちたいと考える方であれば、エリアを広げて探すことになるでしょう。

 

そこで豊洲エリアでレンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスを検討している方におススメしたいのが、豊洲から目と鼻の先の銀座エリアにあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は銀座の地で2000年に運営スタートした、業界の先駆者ともいえるレンタルオフィス。

東京都中央区銀座6-6-1銀座風月堂ビル5階という銀座でもど真ん中の一等地にあり、レンタルオフィスにバーチャルオフィス機能を備えたサービスが展開されています。

 

「銀座ビジネスセンター」の利用者の中には、豊洲にお住まいの方で副業や起業目的に利用されている方が数多くいます。職住近接という観点において、「銀座ビジネスセンター」は非常に便利なロケーションにあります。東京メトロ有楽町線の利用で「豊洲駅」から「銀座一丁目駅」までは電車でわずか5分、タクシーを利用した場合でも1,0001,500円前後で移動することができる距離に仕事に集中できるオフィスを持てるのはとても魅力です。

 

さて、銀座エリアにはもちろん「銀座ビジネスセンター」以外にも数多くのレンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスが存在していますが、その中でも「銀座ビジネスセンター」がなぜおススメのレンタルオフィスなのかについてまとめてみました。

 

月額1万円からの料金で銀座アドレスが利用可能

「銀座ビジネスセンター」の利用時間は月曜から土曜日の9時から2045分までとなっています。会員の方であれば事前予約の上個室スペースを利用することが可能です。

 

副業での利用を検討している方の場合、都内勤務の方であれば居住している豊洲からは東京メトロ有楽町線またはゆりかもめに乗って通勤していることと思います。銀座や新橋で働いている、また銀座または新橋経由で家路につく方であれば、銀座で途中下車して「銀座ビジネスセンター」を利用することはそれほど苦にならないでしょう。

たとえば、平日18時に会社を退社して18時半から20時半まで2時間だけ個室を利用してから帰宅するというルーティンを組むこともできます。

 

また起業予定の方の場合、「銀座ビジネスセンター」は月額1万円~で法人登記および銀行口座開設を可能にするレンタルオフィスのため、自宅住所を使わず世界的に知名度の高い銀座アドレスを利用したビジネススタートができます。

 

豊洲エリアも豊洲市場などがあり、決して知名度が低いわけではありませんが、オフィス街というイメージからはかけ離れている場所であるため、銀座にオフィスがあると言える「銀座ビジネスセンター」のほうがビジネス的にもプラスに働くことは間違いありません。

 

利用スタイルによって3つの料金プランからベストのものをチョイス!

「銀座ビジネスセンター」は、全22の個室スペースや会議室を使いたい時に使いたいだけ借りることができる時間貸しのレンタルオフィスです。

 

月額料金は「10,000円」、「25,000円」「50,000円」の3つのプランの中から、用途に合わせて選ぶことができます。すべてのプランで法人登記や銀行口座開設、郵便物の受取・転送サービスが利用できるので、まずは小さく始めたいと考えているのであれば、月額10,000円のプランでもサービスを十分享受することができます。

 

また個室利用は1時間1,600円~となっています(月額50,000円のプランの場合には4人部屋想定で20時間分の料金込み)。入会金は現在のところ0円、敷金・礼金・保証金といったものは一切かかりません。オフィス家具や備品類も基本無料で利用できます(ただしコピー等は利用に応じて課金されます)

 

まとめ

豊洲エリアに住みながら副業や起業を検討しているものの、「副業するにしても家に仕事は持ち込みたくない」、「自宅では法人登記をしたくない」というニーズに応えてくれる便利なレンタルオフィス、それが「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」をうまく活用して、副業や起業を今すぐにでもスタートさせてみませんか?

おすすめの記事