居住エリアや職場が麻布十番周辺にある方の中で、テレワークやリモートワーク、また起業時や副業用の作業スペースとしてカフェやファストフード店などを利用する人は多いでしょう。

 

カフェやファストフード店といったオープンスペースは、数百円のドリンク代だけで場所利用できるとあって、気軽に利用できるメリットがある反面、混雑時にはコンセントが埋まっていたり周囲の声がうるさかったりと、集中しづらいものです。スポット的な利用であれば問題ありませんが、定期的に使えるワークスペースが欲しい方や毎回長時間の利用が必要となる人にとっては、かえって非効率となる可能性もあります。

 

だからと言って、自宅で作業するのはゲームや漫画といった仕事を妨げる要因が多い上、家族の存在が気になって作業が捗らないことも少なくありません。

 

そんな「いつまでたっても最適なワーキングスペースが見つけられない」、「仕事に集中できる環境で能率アップを図りたい」といった方におすすめなのが「レンタルオフィス」。レンタルオフィスであればオフィスとして必要な家具や備品類があらかじめ揃わっているほか、リーズナブルな金額でありながら有人受付、事務代行、郵便物転送といったサービスも享受可能なため、バックオフィス的な対応が不要となることも。

 

そこで今回は麻布十番エリアでワークスペースを探している方を対象に、快適なレンタルオフィスの選び方とおすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

 

麻布十番ってどんなエリア?

麻布十番は、東京都港区に属するエリアです。麻布と呼ばれるエリアには、西麻布・元麻布・麻布台など複数の地域が属しており、高級住宅地や繁華街といったイメージで纏められることが多いものの、麻布十番はどちらかと言うと商店街や飲食店、銭湯、寺社などがある下町情緒漂う街となっています。

 

麻布十番エリアには長らく鉄道の駅がなかったため、かつては「陸の孤島」と不名誉な名で呼ばれたこともありましたが、2000年に麻布十番駅が完成したことで交通利便性が大幅に改善。東京メトロ南北線が四谷・浦和美園(埼玉県さいたま市)方面から目黒・日吉(神奈川県横浜市)方面まで幅広いエリアをカバーするほか、都営大江戸線によって新宿や両国にも快適にアクセスできるようになりました。

 

駅周辺には教育機関や公共施設、各国の大使館などが集積する文化的かつ国際的な雰囲気のエリア、マンションや古い建物が残る住宅街、スーパーや飲食店の多い繁華街などがあり、一口では語れない様々な魅力を持つディープな街だと言えるでしょう。

 

麻布十番のレンタルオフィス事情

六本木ヒルズや東京ミッドタウンといった時代の最先端を行くスポットからも非常に近い麻布十番エリアですが、レンタルオフィスの数はかなり少なめです。

 

レンタルオフィス自体の数が限定的であるにもかかわらず、都内主要エリアへのアクセス抜群、ステータスの高い地域といった理由から空室待ちが出るほど入居は争奪戦。思い立ったタイミングですぐにオフィスが借りられない場合もあるので注意しなければなりません。

 

以下に麻布十番エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめましたので、検討する際には参考にしてみてください。

 

麻布十番エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

 

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 麻布十番駅から徒歩2 レンタルオフィス・バーチャルオフィス レンタルオフィス

月額78,000

1名~ 完全個室型

オフィス家具付き

秘書サービスあり

レンタルオフィスB 麻布十番駅から徒歩2分 レンタルオフィス・バーチャルオフィス 月額62,000円~67,000

(空室の値段、管理費別途)

1人~3

(空室の人数)

オフィス家具付き

フリードリンクあり

全室個室

レンタルオフィスC 麻布十番駅から徒歩5 レンタル会議室、バーチャルオフィス・バーチャルオフィス エグゼクティブプラン

月額49,800

1名~ メンバーシップ特典あり

セキュリティキーシステム

24時間利用可能

 

完全密閉型の個室利用可!仕事に全集中できるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

麻布十番エリアは憧れの麻布エリアにリーズナブルな金額でオフィスが構えられるとあって、個室型のレンタルオフィスだけでなく住所利用のみのバーチャルオフィスとして利用する人が多いのも特徴の1つです。

 

とはいうものの、場所利用がメインの方であれば個室利用できるかどうかがレンタルオフィスを利用する際の決め手となるのも事実。しかし上記のとおり、あまり個室がない麻布十番のため、少々エリアを拡大してみる必要があります。

 

そこでお勧めしたいのが、バーチャルオフィスとレンタルオフィスの両方の機能を持つ、防音対策万全の完全密閉型レンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年の営業開始から現在まで20年以上運営し続ける老舗のレンタルオフィス。

 

「東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F」の住所利用可能なレンタルオフィスとして、幅広い層の利用者に慕われ続けています。

 

外観のたたずまいも、雑居ビルの中に入居するレンタルオフィスとは違い銀座の街並みに非常にマッチしておりイメージが良いのが特徴。交通アクセスは東京メトロ銀座線の銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からも徒歩5分の近さにて、クライアントを招き入れるにおいても不便さを感じさせない点は大きなポイントと言えるでしょう。

 

数あるレンタルオフィスの中でも「銀座ビジネスセンター」をなぜおすすめするのか、その理由については下記にまとめています。

 

防音やセキュリティ対策に抜かりのないレンタルオフィス

一般的にレンタルオフィスとは、専用の個室スペースが利用できるものを指しますが、レンタルオフィスの中には「個室利用可」と明示しているだけで実際は、半個室といった密閉された空間ではないもの、簡易的なパーテーションで区切られただけのようなものも一定数存在します。

 

そのような環境では音漏れが普通に起きるため、オンラインミーティングやパソコン画面を見ながらの業務が当たり前の現在では、レンタルオフィス個室内で通話しにくいとなると利用価値は一気に下がります。

 

しかし「銀座ビジネスセンター」なら全22ある個室のすべては完全密閉型のレンタルオフィス。隣接する壁は天井まで密閉されており、打ち合わせや電話、オンラインミーティングも気兼ねなく行うことが可能です。室内には防音対策が施されていますので、反対に隣の部屋に声が漏れることもなく仕事に集中できます。

 

また施錠可能な扉が備え付けられているので、不用意な入室なんてこともありません。通路には防犯カメラやセキュリティシステムが設置、ネット回線もWi-Fiだけでなく有線LAN接続が可能。VLAN対応も施され、ネット接続環境を重視したい利用者にはとても安心仕様です。

 

予算や用途に応じて3つの料金プランから選べるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」の料金プランはすべて明朗会計!金額については「お問い合わせください」とされているレンタルオフィスも多い中、月額の基本プランが「10,000円」「25,000円」「50,000円」の3つのプランのみとわかりやすい金額設定となっています。

 

プランごとに利用できるサービスは異なるものの、全てのプランで法人登記や口座開設可能な住所が利用できるほか秘書による受付、郵便物の受取・転送対応が利用できますので、バーチャルオフィスとして利用するには十分です。

 

入会金や敷金、礼金、保証金といった費用が不要なことや、半年、1年といった契約期間の縛りもないことから、気軽に利用でき、コストおよび契約面で不安を感じさせないレンタルオフィスと言えるでしょう。

 

麻布十番から銀座ビジネスセンターまでの交通アクセス

麻布十番から「銀座ビジネスセンター」までの移動手段ですが、電車の場合、東京メトロ南北線で麻布十番駅から溜池山王駅まで約4分、乗り換え後東京メトロ銀座線で銀座駅まで約6分です。

 

タクシーの場合には麻布十番駅から「銀座ビジネスセンター」まではおよそ3.7kmの距離にあります。交通状況にもよりますが、おおよそ10分程度で移動が可能です。

 

まとめ

麻布十番エリアでレンタルオフィスを検討しているなら、完全密閉型の個室が1時間1,600円~利用できる「銀座ビジネスセンター」が非常におススメ!

 

麻布十番駅から20分ほどで移動できる「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」なら、移動もそれほど苦になりませんし、カフェなどと違って資料を広げながら作業しても問題なし。

 

ぜひ一度「銀座ビジネスセンター」を検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事