鳥取県内在住で起業に向けてレンタルオフィスを探している方、また東京にオフィスを構えたい鳥取県内の企業に向けて、東京のレンタルオフィス契約をするメリットについてまとめてみました。

 

鳥取県とはどんなところ?

鳥取県は日本の中国地方に位置し、山陰地方の東側を占める地域です。

県内は東部エリアと中部エリア、西部エリアに3つに分かれています。

観光名所として、景勝地として有名な「鳥取砂丘」「白兎海岸」、国の重要伝統的建造物保存地区になっている「白壁土蔵群」、中国地方最高峰で日本百名山の1つでもある「大山」などがあります。

 

2020年8月現在、鳥取県には3,507.14㎢の面積に552,111人(47/47都道府県)が居住しています。

鳥取県の県庁所在地は「鳥取市」。

神戸市や大阪市とも距離が近く、古くから京阪神地方との結びつきが強い山陰地方の東の玄関口です。
そんな「鳥取市」の主要な駅は鳥取駅。特急列車をはじめ、県内外を結ぶ多くの列車の始発駅となっています。

駅周辺には行政機関や公共施設をはじめ、報道局、ショッピングセンターなどが軒を連ねており、県内の政治・経済・商業の中心的役割を担っています。

 

鳥取県にある他のエリアには「米子市」や「倉吉市」、「境港市」などがあります。

 

鳥取県にあるレンタルオフィス事情

鳥取県のレンタルオフィスやバーチャルオフィスは、県の中心地である鳥取市や米子市、境港市に数は少ないものの見ることができます。しかし、県のインキュベーションルームがほとんどなので入居には条件があったりする場合があります。その他のエリアでは、レンタルオフィスを見つけるのは極めて難しい状況と言えるでしょう。

鳥取県内でなく東京のレンタルオフィスを使うという選択肢

現在鳥取県内で起業を考えている方や、過疎化が進む鳥取県内を出て東京に進出を検討している企業が、東京のレンタルオフィスを利用しようとする場合、次の2つのパターンが考えられます。

 

起業予定であるものの準備段階の人の場合

昨今、ネットビジネスやコンサルティング、YouTube動画作成など、パソコンがあれば場所を問わないビジネスで事業展開しようと考える起業予定の方が、今後を踏まえて東京のレンタルオフィスを利用した起業および法人登記を行うケースです。

東京のレンタルオフィスで法人登記や口座開設を行うことによって、東京の大手クライアントとの仕事につながる可能性も高まりますし、東京以外の全国の企業からの依頼も受けやすくなります。

 

鳥取県内で実績がある企業が東京進出する場合

次に、地元では実績のある企業が、新たな顧客層獲得を目指して東京進出を考える際、東京のレンタルオフィスを利用するケースです。

現在、東京進出は賃貸オフィス契約をしなければスタートできない時代ではありません。

レンタルオフィスというオフィス形態により初期投資を抑えながら、立ち上げは素早く、アクセス条件のよい立地のオフィスアドレスを持つことができるため、東京での営業展開をスムーズにすることが出来ます。

鳥取県内にある企業が東京のレンタルオフィスを活用するメリット

鳥取県内ではそれなりに知名度はあるものの、東京進出さらには全国展開によって売上シェア拡大をしたい!という企業も多いのではないでしょうか。そんな企業が東京のレンタルオフィスを利用するメリットには、以下のようなものがあります。

 

東京の人口は全国一人口が少ない鳥取県の25倍!

鳥取県の人口は55万人であり、47都道府県の中では最も少ない人口です。その一方で東京の人口は1,400万人とその差は25倍以上にものぼります。

過疎化が進み顧客増加が見込みにくい鳥取県内で営業活動するよりも、東京のようにマーケットが大きな場所で事業展開することにより、新たな顧客を見つけられるだけでなく、新鮮で有益な情報も得やすくなります。

レンタルオフィスはそのような企業にとって最適なオフィス形態となり得る存在です。

 

レンタルオフィスを上手に利用すれば低リスク・低コストで東京進出が可能

東京進出を狙う地方企業の経営者の方であれば、なるべくお金をかけずに東京にオフィスを持ちたい、というのが本音でしょう。そこで登場するのがレンタルオフィスの存在です。このレンタルオフィス、地方企業にはあまりなじみがないことも多いため、東京進出には莫大なコストがかかると思っている方も多いのではないでしょうか。

 

たとえば、賃貸オフィス契約の場合、イニシャルコストや月々のランニングコストに加え、スタッフの採用コスト、社員の人件費など、数百万をゆうに超えるコストがかかってしまいます。

しかしレンタルオフィスであれば、初期費用やランニングコストも大幅に抑えることもできます。
レンタルオフィスを東京の営業拠点としてまずは小さくスタートし、段階を経て規模を大きくしていくという戦略を取ることができるのです。

東京の営業拠点に最適なレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

そこで鳥取県から東京進出を考える企業にぜひおススメしたいのが、東京都中央区銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年から運営スタートした、業界の先駆者たるレンタルオフィス。並木通りとみゆき通りが交差する銀座6丁目の「銀座風月堂ビル」の5階にあり、最寄りの東京メトロ銀座駅B5番出口からは徒歩で12分、JR有楽町駅からはおよそ徒歩5分と非常にアクセスがよいのが特徴です。

 

羽田空港や新幹線の停車駅でもある東京駅や品川駅へもアクセスしやすい環境であることや、成田空港までも高速バスが運行していますので全国どこへでも行きやすい、まさに日本の中心に位置している場所と言えるでしょう。

 

東京のレンタルオフィスの中でも「銀座ビジネスセンター」をおススメする理由

東京に数あるレンタルオフィスの中でなぜ「銀座ビジネスセンター」がおススメなのか?その理由をまとめました。

 

10名の常駐秘書による丁寧かつ質の高いおもてなしサービス

「銀座ビジネスセンター」には常時10名ほどの秘書がおり、月曜から土曜日の午前9時から午後845分まで、会員企業の方々のサポートを行っています。

 

この秘書サービスは「銀座ビジネスセンター」が最も力を入れているサービスの1つであり、ホスピタリティの高いレンタルオフィスとしてビジネスパーソンから絶大な信頼を得ています。

会員企業の方からは「電話は3コール以内に出てくれるので評判がいい」、「かかってきた電話内容から営業電話と仕事に直結する電話かどうかを判断し適切な応対をしてくれる」、「郵便物や宅配物の受取や転送対応の間違いがなく安心」といった具合に評価も高いので、常に安心して秘書業務を任せることができます。

 

ビジネスツールの用意は一切不要!

「銀座ビジネスセンター」は、個室スペースや会議室といった必要な部屋を必要な時に必要な時間だけ借りることができる時間貸しのレンタルオフィス。個室利用の際には様々なビジネスツールを無料で利用できるので、オフィスで仕事中に備品類がなくて困るようなこともありません。

 

利用できるビジネスツール一覧

 

無料で利用可能なもの
インターネット(有線・無線)、カラースキャナ、シュレッダー、ホワイトボード、コピーボード、PCプロジェクター、ディスプレイ、80インチスクリーン、ステーショナリーなど

 

利用時に費用が掛かるもの
電話(通話料金は有料)、FAX(送信時有料)、カラーコピー、レーザープリンター、鍵付きキャビネット、専用電話番号通知など(それぞれ使用時有料)など

 

銀座ビジネスセンターまでの交通手段

鳥取県内から「銀座ビジネスセンター」への移動は、飛行機がメインとなります。

鳥取県内には2つの空港があり、米子市周辺に住んでいる人は米子空港を、倉吉市や鳥取市周辺に住む人は鳥取空港を利用することになりますが、どちらもフライト時間はおよそ1時間20分です。

 

羽田空港から「銀座ビジネスセンター」への移動手段は、東京モノレールの場合には浜松町で「JR山手線」に乗り換え、新橋駅まで行きます(25)。新橋から「銀座ビジネスセンター」までは歩いても10分程度です。

また京急線では、エアポート急行で東銀座まで行き(35)、徒歩または「東京メトロ日比谷線」で銀座駅までわずか1駅です。

 

まとめ

島根県内で起業を検討中でレンタルオフィスを探している方、また東京への営業展開を検討している島根県内の企業にとって、東京都中央区銀座にある「銀座ビジネスセンター」は、どんな方でも安心して利用できると地方企業の方にも自信を持っておススメできるレンタルオフィスと言えます。

 

レンタルオフィスがたくさんありすぎて何を基準で選んでいいかわからない、といった場合には「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」のホスピタリティ精神あふれたサービスがとても心地よいサービスに感じることでしょう。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事