独立起業をする際の拠点として、また副業に利用できるワークスペースとして、レンタルオフィスやシェアオフィスといったオフィスを契約する人がここ数年で増加しています。

 

そんなレンタルオフィスですが、利用する際、月額でどれくらいの料金がかかるのか?という部分は非常に気になるところ。

 

そこで今回は、東京都内でレンタルオフィスを借りた場合の利用料金の相場、また備品やサービス利用時にかかる金額などについて解説していきます。加えて東京都内でおすすめのレンタルオフィスの情報についてもご紹介していきます。

 

レンタルオフィスを利用する人が増えている理由

レンタルオフィスの利用者が増加している背景として、景気の不透明感から収入増加が見込めないと判断した人が一念発起して起業するケース、また本業を辞めるまでではないものの、空いた時間を利用して副業を行い、不足収入を増やそうとするケースなどがあるようです。

 

レンタルオフィスの良い点は、料金を支払えば自分専用の個室スペースを利用できるため、他人に邪魔されることなく仕事に専念することができること。また賃貸でオフィス契約をするのと違い、レンタルオフィス内にすでに机や椅子、オフィス備品などが備え付けられているため、内装費用や備品購入などが不要となる点もメリットになります。

 

起業するにせよ副業するにせよ、仕事をするための拠点や作業場所は必要となりますが、レンタルオフィスであれば初期投資は少なくて済みますし、月額利用料も賃貸オフィス契約と比べれば非常に安く済みます。

 

このようにレンタルオフィスを利用して仕事を行うことは、スモールビジネスを行っている人々にとってコスト面において有利に働きます。

 

東京都内のレンタルオフィスの相場

一般的にレンタルオフィス契約を行う際、発生する費用としては「初期費用」、「月額費用」、「共益費」、「オプション費用」といったものかかります。

 

初期費用

まず「初期費用」ですが、「入会金」や「事務手数料」、「保証金」といった名目でも呼ばれ、ほとんどの場合は契約時に発生します。しかしキャンペーンの一環として「入会金無料」、「初期費用無料」と費用を取らないところもあり、選定基準ポイントの一つにもなっています。

 

東京都内の場合、初期費用の価格は、各施設によってもまちまちですが、安いところは10,000円前後、高いところだと150,000?200,000円程度とかなりの幅があります。全般的に都内でも表参道や西麻布、日本橋といった知名度の高いエリアでは高めに設定されていることが多いようです。

 

月額費用

次に「月額費用」ですが、この金額を見てレンタルオフィス契約をするかどうかを判断するに使われることが多いものとなります。東京都内の利用料金は総じて高めとなっており、部屋の広さや利用人数、駅からの近さ、エリアなどによっても変わりますが、一般的には1人用個室の利用で30,000円前後というのが相場のようです。

 

中でも山手線内側は賃料が高く、新宿、渋谷、銀座、青山、六本木などの主要エリアでは1(3?)10万円は下らないレンタルオフィスも。その一方で山手線の外側にあたる田端、駒込といったエリアでは賃料は安めです。

 

共益費

その次に「共益費」ですが、共同で利用することになる電気や水道などの光熱費、清掃代などに使われる費用です。積極的な設備投資を行っているレンタルオフィスの場合、この金額が高めに設定されていることがあります。
共益費は月額費用に含まれるところもありますが、別途徴収される場合、数千円から2?3万円というのが一般的です。

 

オプション費用

最後に「オプション費用」ですが、これは会議室利用や商談スペース利用が別料金となるもの、秘書サービスや電話サービス、備品利用が有料となるようなものを指します。

 

会議室の利用料金は、6名前後で利用できる広さのもので1時間500?1000円前後というのが一般的です。

 

秘書サービス・電話サービスは、業務範囲により異なってきますが、電話対応や郵便・宅配物対応などがこれに含まれています。だいたい月額5,000?10,000円前後の料金を見ておきましょう。

 

備品に関しては、無料で利用できるものも多数ありますが、コピーの印刷代金やFAXの送信代など、実費分がかかってきます。

 

利用料金をできるだけ抑えたいなら、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

以上のように、レンタルオフィスには月々の費用の他にも様々なコストがかかります。これらのコストを計算するとなんだかんだでかなりの金額になってしまい、「賃貸オフィス契約のほうがいろいろ融通が利くのでよかったのでは」なんてことになりかねません。

 

そこで利用料金をできるだけ抑えつつ、都内でレンタルオフィス契約を検討している方におすすめしたいのが、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年に銀座の地で創業したレンタルオフィス業界の先駆者たる存在。銀座6丁目「銀座風月堂ビル」の5階に位置し、大手企業だけでなく、中小企業経営者や士業、フリーランスの方など、様々な業種や職種の方々に利用されているレンタルオフィスとなっています。

 

そんな「銀座ビジネスセンター」が利用料金を抑えたい方になぜおすすめなのか、理由を以下にまとめてみました。

 

時間貸しのレンタルオフィスなので、無駄なコストが発生しない

「銀座ビジネスセンター」は月曜から土曜日の朝9時?2045分まで利用可能なレンタルオフィス。「銀座ビジネスセンター」の会員であれば月額1万円?の料金で銀座にオフィスを持てるだけでなく、個室利用が可能になります。

 

この1万円の料金の中には、法人登記・口座開設可能な住所の利用、郵便物・宅配物の受取・転送対応が含まれていますので、バーチャルオフィスとして住所のみの利用を検討している方に最適です。

 

個室利用は1時間1,600円?となりますが、利用した分のみの清算となるため、使っても使わなくても固定料金がかかるレンタルオフィスとは異なり、とても経済的です。

 

また、5分単位での精算であることや、キャンセルした場合にもキャンセル料は一切かからないため、無駄に発生するコストを最小限に食い止めてくれるレンタルオフィスです。

 

料金はすべて明朗会計!ホームページにも金額表示安心のレンタルオフィス

レンタルオフィスの中には、ホームページ上に利用料金を明示していないところもかなりあります。おそらく営業戦略の一環だと思われますが、そのようなレンタルオフィスは問い合わせをしないと詳細を教えてくれません。

 

その点「銀座ビジネスセンター」明瞭会計のため料金に対する不安は一切なし。月額プランは「10,000円」、「25,000円」、「50,000円」の3つから選ぶことができます。

 

また備品類にかかる費用もすべてホームページに記載されているので、「銀座ビジネスセンター」を利用する場合に、どれくらいの費用がかかるのかは、一目瞭然です。

 

まとめ

「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」は、月額利用料や個室利用料、備品、秘書の事務作業費などの利用料金がしっかりと明示されており、利用者に金銭的な不安を感じさせない信頼度バツグンのレンタルオフィス。

 

できるだけコストをかけずにレンタルオフィスを利用したいと考えるなら、「銀座ビジネスセンター」はとてもおススメです。ぜひこれを機にレンタルオフィスでビジネスをスタートさせてみませんか?

おすすめの記事