レンタルオフィス山口市

山口市内に事業所を構えている企業の方やスタートアップ企業、個人事業の方「東京進出」を夢見たことはありませんか?地方を拠点にしているなら、東京オフィスを持つことで営業販路を拡大できるチャンスも広がります。
しかし、オフィスを持つといっても、賃貸オフィスは敷金礼金や保証金などもあり、イニシャルコストが高くつくことから、なかなか手を出せない、という方も多いでしょう。

そんな時におすすめなのが「レンタルオフィス」。レンタルオフィスを利用すれば、地方にいながらも東京にオフィスを構えること可能にしてくれます。中にはバーチャルオフィスとしての機能を持つレンタルオフィスもあり、郵便物や電話を転送してもらうことが出来ます。

今回は東京都内に拠点づくりを考えている山口市内の既存企業や個人事業主の方に向けて、山口市内のレンタルオフィス事情と、都内にあるおすすめのレンタルオフィスについて解説していきます。

山口市とはどんなところ?

山口市は、山口県の中部に位置する市です。
同市は山口県の県庁所在地であるものの、人口規模は下関市に次ぐ2位、市内総生産の総額では周南市及び下関市に次ぐ第3位となっています。また市町村合併を経て、県内最大の市域面積を持っていますが、2021年11月現在の人口は193,059人で、全国の県庁所在地の中でも最下層レベルの水準です。

しかし街の歴史は古く、南北朝時代に大内氏が山口市の中心部に本拠地を移してから、室町時代の日明貿易の拠点、大内文化発展の地となるなど、「西の京」として栄華を極めた時代もありました。同市にゆかりの深い人物には、室町幕府の将軍足利義尹、キリスト教を布教したフランシスコ=ザビエル、俳人の種田山頭火などがおり、歴史にまつわる建造物や資料館なども多数存在しています。

現在の山口市内は、新山口駅を中心に鉄道や道路網が張り巡らされて交通の拠点となっているほか、山口駅周辺には大企業の支店や商店街、温泉宿などが集積。政治・経済・文化などの中心地となっている他の県庁所在地とは異なり、どちらかというと「観光」と「行政」に特化した印象が強い街となっています。

山口市内のレンタルオフィス事情

山口市のレンタルオフィスやバーチャルオフィスは、JRの「山口駅」周辺に集中していますが、「新山口駅」「上郷駅」近くにもわずかにシェアオフィスなどのレンタルスペースを見つけることができます。

コワーキングスペースやシェアオフィスがメインのため、 ビジネス交流や情報交換を活発に行いたい方にとっては最適な環境が用意されていますが、個室のレンタルオフィスは限定的です。そのため、「完全密閉されたプライベートスペースでビジネスに集中したい」という方にはやや厳しい条件となってしまうかもしれません。

参考までに、山口市内にあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などを下記に記載しましたので、気になる方はチェックしてみてください。

山口市内にあるレンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 山口駅から徒歩7分 シェアオフィス、コワーキングスペース コワーキングスペース月額会費

4,400円

1名~8(※会議室の利用可能人数含む) 創業支援スペース

会員は会議スペース1時間無料/

オフィス備品完備

レンタルオフィスB 山口駅から徒歩25 バーチャルオフィス 住所表記の利用

月額11,000

1名~ 現金書留・特別送達などの受け取りは不可

登記別料金

電話回線の設置要相談

レンタルオフィスC 上郷駅から徒歩12 シェアオフィス 要問合せ 1名~ パーティー、会議、セミナー等への利用可能

音響完備

レンタルオフィスD
新山口駅から徒歩3 コワーキングスペース 月額会員

10,000円

1名~ インキュベーション施設

ビジネスサポートあり

ドロップイン可能

バーチャルオフィスとして利用可能な東京銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

現在はパソコンやスマートフォンさえあれば場所を選ばずに仕事ができることもあって、オフィスの重要性が昔に比べると薄れています。会議もオンラインミーティングで済ますこともできますので、わざわざ固定のオフィスを持つ必要もありません。カフェや自宅から打ち合わせするといった機会は、コロナ禍のテレワークやリモートワークで十分皆さん実感したことと思います。

しかし、実際に仕事する場所と会社の所在地であるオフィスは別。オフィスだけはしっかりした場所に持ちたいと考える人も多いでしょう。

その一つの選択肢が「東京」にオフィスを持つということ。とはいえ、東京のどの場所にレンタルオフィスを持つのがベストなのでしょうか?そこでおすすめなのが、東京銀座にあるレンタルオフィスとバーチャルオフィスを併せ持ったレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は東京都中央区銀座にある、20年以上の歴史をもったレンタルオフィス。月額11,000円~の料金で銀座アドレスが持てるとあって、少人数の中小企業を中心に人気です。主に1人会社や士業、個人事業主、さらに大企業のプロジェクト利用、地方企業のサテライトオフィスとしての利用など、実に多彩な利用者が集まっています。最寄り駅となる東京メトロ銀座駅から徒歩2分、JR有楽町駅から徒歩5分、他にも銀座一丁目駅や新橋駅、東銀座駅も利用でき、都内の移動も不便なく行えます。

そんな「銀座ビジネスセンター」がなぜおススメなのか、以下に簡単にまとめてみました。

バーチャルオフィスとしてだけでなく時間単位で個室利用もできるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は月額11,000円~の料金にて、法人登記や口座開設に必要となる銀座アドレスが利用可能なレンタルオフィス。他にも郵便物の受取・転送対応を行ってくれ、バーチャルオフィスとしての機能も十分。
プランにより電話対応やFAX対応、個室利用20時間分が含まれたプランも用意されており、予算や事業内容に応じて希望のプランを選べます。

また、重要な打ち合わせや面接の際には東京へ来る機会もあると思いますが、その際には「銀座ビジネスセンター」の個室を1時間1,760円~で利用ができます。レンタルオフィスといえば個室を1か月ずっと借りているようなイメージもありますが、「銀座ビジネスセンター」は全22ある個室の中で空いている時間帯の部屋を利用するタイプの時間貸しレンタルオフィスなので、無駄な固定費をかけなくて済みますし、ほとんどの場合問題なく利用することができます。

代表が自ら利用希望者にお会いし、審査および説明を行ってくれる安心のレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」では、代表自らが利用希望者にお会いして、利用に関する説明を丁寧に行ってくれるレンタルオフィス。レンタルオフィスやバーチャルオフィスで法人登記を行った場合、その後の移転は思ったよりも手間やコストがかかってきます。契約前のイメージと大きくずれが無いように、しっかりと話を聞ける機会があるのはうれしい限りです。

まとめ

山口市内にある既存企業や個人事業主の方の中で、「今すぐにでも東京オフィスを作りたい!」という想いがあるのであれば、レンタルオフィスを活用するのが一番です。なかでも東京銀座にある「レンタルオフィス銀座ビジネスセンター」なら、月額11,000円~の料金で銀座アドレスを手に入れることができ、バーチャルオフィスとして山口にいながら東京の会社として立ち振る舞うことを可能にしてくれます。

ぜひこれを機会に「銀座ビジネスセンター」のホームページを覗いてみてくださいね。

おすすめの記事