本業のビジネスがある傍らで副業をしている方、作業用のワークスペースをお探しなら、リーズナブルな価格で気軽に利用可能なレンタルオフィスを検討してみませんか?

 

ここでは、副業のワークスペースにレンタルオフィスが適している理由と、最適なレンタルオフィスを見つける方法についてご紹介していきます。

 

副業時の仕事場としてレンタルオフィスが最適な理由

近年働き方改革により副業規定が見直され、大企業を中心に副業が認められるようになってきました。中小企業の中でも上がらない給与に将来への不安も重なり、副業を行う人が増えています。

 

終業後や休日などの空き時間を利用してパソコンやスマートフォンでも行える副業を始めている人は多く、Webサイト制作やWebデザイン、ライティングといったものから、FXや株式・不動産投資、ネットショップ運営といった副業が人気です。これらの副業で必要となるのはネットにつながる環境や座って仕事ができるワークスペースであることから、自宅やカフェ、ファミレスなどを副業場としている人も多いと思います。

 

しかしながら自宅の場合、独身者だと趣味や睡眠の誘惑に負けてしまって仕事がはかどらないこともあります。家族と同居している方の場合、家族の存在がやはり気になります。特に小さいお子様がいる家庭では集中して仕事をするのは難しいかもしれません。またカフェやファミレスの場合、席の確保までに時間がかかったり、セキュリティ面が不安だったりと、こちらも落ち着いて仕事するのに適した環境とは言えないのが現状です。

 

そんな副業用のワークスペースをリーズナブルな価格で利用できるのが「レンタルオフィス」。

 

レンタルオフィスとは、個室や会議室などのワークスペースを手軽にレンタルできるサービスのこと。施設内にはオフィス家具やコピー機などの備品類が完備、Wi-Fiなどの利用も可能と、契約後にすぐにビジネスができる環境が揃っている優れもの。最近ではビジネスラウンジやコンシェルジュサービス、カフェスペースなどが自由に利用できるレンタルオフィスも登場し、副業をする場所としては申し分のない環境が整っています。

 

レンタルオフィスと聞くと、利用しているのは起業したての人や会社のプロジェクト利用者向けといったイメージを持つ人も多いかもしれません。しかし、帰宅後は仕事ができない副業ワーカーにとって、カフェやファミレスよりも快適に仕事ができる場所として有効に活用されているのです。

 

ほかにもシェアオフィスやコワーキングスペースといった、似たような形態のものもありますが、個室で集中的に仕事をしたいのであればレンタルオフィスがベストです。

 

下記に、ワークスペースの比較表を作ってみましたので、契約時の参考に見比べてみてください。

?

ワークスペースの比較

レンタルオフィス 自宅 カフェ・ファミレス シェアオフィス・コワーキングスペース
スペース 専用の個室 自宅の一室またはリビングの空きスペースなどを利用 施設の共同空間 共同のワークスペース、フリーアドレス席
利用者 1人?最大で数十人 1人または家族と共同 不特定多数 不特定多数(運営方針による)
契約 1人または複数、法人としての契約も可能 特定の契約は不要 特定の契約は不要 1人ずつの契約
利用時間 レンタルオフィスごとに異なる

24時間365日利用可能な施設もあり

自由 施設の営業時間内 シェアオフィス、コワーキングスペースごとに異なる

24時間365日利用可能な施設もあり

利用料金 1室ごとの月額または時間単位での料金精算 なし 飲食代 月額または時間単位での料金精算

 

副業利用にベストなレンタルオフィスの探し方

さて、レンタルオフィスと言っても格安のレンタルオフィスから高級志向のレンタルオフィスまで様々なものが存在しています。自身の予算や利用頻度等にもよりますが、選ぶ際にはできるだけ長く利用できるような場所で契約するのがおススメです。

 

たとえば、

 

  • 職場や自宅から近い(終業後・休日)
  • 夜遅くまでやっている
  • 予算内におさまっている

 

など、レンタルオフォスを選ぶ際のポイントとしておくとよいでしょう。

 

たとえば副業専用にレンタルオフィスを借りたものの、予算にあうところを探していたら職場や自宅からあまりに遠くなってしまい通うのが苦痛になってしまった、というのはよくある話です。またレンタルオフィスの営業時間が「平日の9:00?18:00」など、一般的な会社の業務時間と同じ場合には、本業でレンタルを利用する人向けであることが多く、終業後や休日に利用する副業用には向きません。

 

自身にとって利便性が高くなければ利用する意味がありませんので、できるだけ無理のないコストで気軽に利用できるレンタルオフィスを選びたいものです。

 

業利用のワークスペースとしておすすめの「銀座ビジネスセンター」とは?

レンタルオフィスは東京都内にも数多く存在しますが、主要ビジネス街に立地するレンタルオフィスは競争率も高く、空室が出にくかったり、空室が出るまで予約登録となったりする場合も多くあります。

 

さらにレンタルオフィスの多くは、個室利用が月額固定制のところが多く、利用してもしなくても一定の料金がかかるため、副業利用のように時間が読めないケースでの契約だと利用時間に対してのコストが割高になることも。

 

そこで東京都内にて副業利用のワークスペースとしておすすめなのが、銀座にある時間貸しのレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年から銀座で運営をスタートし、これまで20年以上にわたって数多くの人や企業が利用しているレンタルオフィス。並木通りとみゆき通りが交差する銀座6丁目の「銀座風月堂ビル」5階に位置し、東京メトロ銀座駅からは徒歩1分、JR有楽町駅からは5分という好立地です。

 

オフィスが入居しているビルの佇まいも銀座にマッチしており、内装もハイグレードなオフィス家具で彩られ、受付秘書の高いホスピタリティも魅力のレンタルオフィスにて、中小企業経営者から士業の方、大企業の方など様々な方に支持され続けるレンタルオフィスです。

 

副業のワークスペースとして利用したいと考えている方に「銀座ビジネスセンター」がなぜおすすめなのか、以下にその理由を簡単にまとめてみました。

?

かかる費用は必要最低限に!時間貸しかつキャンセル料が発生しないレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」の個室利用料金は1時間1,600円?(4名部屋相当)で、会員になれば誰でも利用が可能です。

 

個室スペースの利用は事前予約制となりますが、本業がある方の場合、当日に急に思い立って空き時間で作業をしたいということもあるでしょう。その場合には当日電話やメール等による予約を行い、空きがあれば問題なく個室利用できます。固定スペース契約ではないため,料金は利用した分のみですので、固定費をかなり抑えることができます.

 

またキャンセル料は一切不要。多くのレンタルオフィスでは当日キャンセルの場合にはキャンセル手数料がかかりますが、「銀座ビジネスセンター」では万が一予定が変更になった場合に無駄なコストを支払う必要はありません。「本業で残業が入ったため利用できなくなった」という場合でも電話一本でキャンセルできます。

 

さらに机や椅子といったオフィス家具や、プロジェクターやホワイトボード、ネット環境も揃っており、準備するコストや手間を省けます。

?

コロナ禍でも安心して利用できる清掃が行き届いたレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」の営業時間は月曜から土曜日の9時から2045分となっており、終業後のビジネスパーソンにも利用しやすいレンタルオフィス。最近だと副業利用のワークスペースを借りるにあたって心配なこととして、コロナ対策ができているかどうかは懸念材料の一つではないでしょうか。

 

確かに周囲との接触が多いレンタルオフィスや清掃頻度の少ないレンタルオフィスですと、コロナ対策が十分に行われていないのではないか、と感じることもあるでしょう。実際に金額の安いレンタルオフィスの場合、月数回程度の清掃しかなされていなかったり、アルコール消毒液を設置するのみで、具体的な感染症対策を行っていない施設も存在します。受付のスタッフがいないところであれば確実に清掃対応は利用者任せとなっています。

 

しかし「銀座ビジネスセンター」では、常駐秘書が個室や会議室の利用終了後に必ずアルコール消毒をするほか、定期的な換気や清掃を行い、スタッフ一丸となってコロナ対策に取り組んでいます。「銀座ビジネスセンター」は不特定多数が出入りするレンタルオフィスではなく、会員限定の完全個室のレンタルオフィスであるため、大勢が押しかけて混雑する環境でも三密になるといったこともありません。

?

まとめ

比較的リーズナブルで快適に利用できる副業用のワークスペースを東京都内で探している方、もし銀座に近いエリアで働いていたり、銀座を通る路線沿線にお住いの方であれば、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」を活用してみるのはいかがですか?

 

個室環境の中で安心・集中して仕事ができる「銀座ビジネスセンター」なら、時間の限られたビジネスパーソンでも副業に勤しむことができるので非常におすすめです!

おすすめの記事