レンタルオフィス 日暮里

日暮里エリアで自宅以外のワークスペース、登記可能なオフィスを探しているものの、金額面やサービス面で気に入ったところが見つからず、Wi-Fi利用可能なカフェやファミレスで作業をしているという方も多いのではないでしょうか。

カフェやファミレスだと、雑音がうるさく、学生や家族連れの話し声で仕事に集中できなかったり、電話やオンラインミーティングが禁止されているところもあります。

そんな方におすすめなのが「レンタルオフィス」。レンタルオフィスなら専用個室が利用でき、オフィス備品も完備。受付秘書がいるレンタルオフィスでは、バックオフィス業務を任せることもできるので、業務効率が高まります。

今回は日暮里でワークスペースを探している方を対象に、日暮里エリアのレンタルオフィス事情とおすすめのレンタルオフィスについて紹介していきます。

日暮里ってどんなエリア?

日暮里とは、東京都荒川区西日暮里二丁目にある日暮里駅またはその周辺エリアを指す名称。JR線および京成電鉄・東京都交通局(日暮里・舎人ライナー)が乗り入れる日暮里駅は、荒川区最南端の駅となっているほか、ホーム内に台東区との区境があるのが特徴です。

また、京成本線における都心のターミナル駅となっており、同路線のすべての列車が停車することでも知られる日暮里駅。2008年開業の日暮里舎人ライナーや2010年に開業した成田スカイアクセス線の乗り入れによって、利用者が大幅に増加したこともあり、駅全体の改良工事や店舗のリニューアルが行われるなど日々発展を続けています。近年は、駅ナカ施設の新装開店(2020年)に加え、ホームドアの設置が予定される(2023年)など、駅構内の整備が進んでおり、利便性や安全性の向上が期待されているようです。

駅周辺には、昔ながらの商店街や繊維問屋街、マンションや商業施設が一体となった大型複合施設などがありますが、駅の東側を中心に再開発が進んでおり、新旧が入り混じる街並みを感じることができます。

日暮里のレンタルオフィス事情

日暮里は千葉と東京をつなぐ交通の要衝であることから、電車の利用客も非常に多いですが、日暮里駅を最寄り駅としたレンタルオフィスの数は限定的です。

また、どちらかというと「レンタルスペース」のような貸しスタイルが多く、プライベートスペースで静かに仕事をしたい方には不向きと言えます。このエリアでは個室のレンタルオフィスが極めて少ないため、空室が争奪戦となりやすい点にも気を付けておきたいところです。

以下に日暮里エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめましたので、検討の際には参考にしてみてください。

日暮里エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 日暮里駅から徒歩7分 レンタルスペース 1時間

11,000円~

1名~ キッチン完備

4時間から利用可能

家具、撮影機材あり

レンタルオフィスB 日暮里駅から徒歩10 レンタルスペース 1コマ(2時間半)

1名500

1名~ 飲食物の持ち込み自由

ミシンの貸し出し可能(1700円~)

教室やワークショップでの利用OK

レンタルオフィスC 日暮里駅から徒歩11 レンタルオフィス、コワーキングスペース レンタルオフィス

月額38,500円~42,900

※空室の値段、共益費別

1名~ 24時間利用可能

フリードリンク

オフィス備品充実

個人のワークスペース利用にも最適な銀座のレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

日暮里にあるレンタルオフィスは数が少なめ。現在空いているところも少ないので、結局カフェで仕事をしてしまう、ということになりかねません。

そこで都内にあるおすすめのレンタルオフィスとして、JR山手線で乗り換えなしで行ける銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年から運営開始、銀座の地で20年以上にわたり展開を続けている老舗のレンタルオフィスです。「東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F」が「銀座ビジネスセンター」の住所となりますが、この場所は銀座でも超一等地。最寄り駅の東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からは徒歩5分の場所にあり、移動に不便さんを感じることのない好立地のレンタルオフィスです。

月額利用料は11,000円~と銀座エリアでも比較的リーズナブルな価格設定ですので、これから法人登記をしたいと考えている方なら、これを機に銀座アドレスも手に入れられるメリットの高いレンタルオフィスとなっています。

そんな「銀座ビジネスセンター」が特におすすめとなっている理由について、以下に簡単にまとめてみました。

銀座で完全密閉型の個室スペースが利用できるのにリーズナブルなレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」の完全密閉型の個室タイプ。レンタルオフィスといっても隣との壁が薄かったり、天井部分が開いていたり、簡易的な仕切りで分けられただけのところも多くあり、カフェと変わらないように感じることも多々あります。

しかし「銀座ビジネスセンター」は全22部屋あるすべての個室が密閉されているので天井まで壁に隙間はありません。打ち合わせや電話、オンラインミーティングなどの声も通常会話であれば外に漏れることはないですし、外部からの声も室内に入ってきません。さらに防音対策やセキュリティ対策もしっかりされているので、機密情報を扱ったり個人情報を管理したりしている方の作業にも不都合はありません。

個室スペースの利用は1時間1,760円から。利用料金は5分単位での精算となっているので、利用予定時間を下回った場合はお得になることも。予約キャンセル時でもキャンセル料は一切かかりませんので、コストにシビアな方には最適なレンタルオフィスなのです。

月額11,000円から銀座に登記可能なオフィスが持てるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」の会員となれば、いつでも個室・会議室を必要な時に必要な時間必要なだけ借りられます。
現在「銀座ビジネスセンター」の月額プランは全部で4つあり、予算や事業規模、事業ステージに合わせてフレキシブルに選べます。

月額11,000円プラン

バーチャルオフィスとして住所利用がメインの方向けプラン。法人登記や銀座口座開設に利用できる銀座アドレスが利用可能、来客受付対応や郵便物や宅配物の受取・転送対応がサービスに含まれます。

月額22,000円プラン

月額11,000円の上記プランに電話対応が付加されたプラン。専用電話番号(03番号)が付与、不在時の電話対応をしてくれます。

月額27,500円プラン

上記月額27,500円のプランにFAX対応が付加されたプラン。FAXでのやり取りが多い、という方には適したプランです。

月額55,000円プラン

月額27,500円までの上記プランに加え、個室利用が20時間分付いているプラン(4名部屋相当)です。

 

個室利用には事前予約が必要となるものの、当日予約でもほとんどの場合利用できますので、打ち合わせや商談、面談等の時にカフェを利用するなどで席が空かず気まずい雰囲気になった、といったことが起きません。

まとめ

日暮里エリアでビジネス展開をしている企業や個人事業主の方、今後事業スタートしようとしている方にとって、東京銀座にある「銀座ビジネスセンター」は、銀座にオフィスをリーズナブルに持つことを可能にしたレンタルオフィス。完全個室なので、うるさい環境が苦手な方には最適です。

詳細は、レンタルオフィス銀座ビジネスセンターのホームページをチェックしてみてください。その後ぜひ内覧してみるとイメージが現実のものとなります。今なら入会金は無料!ぜひ検討ください。

おすすめの記事