2020年より続くコロナ禍でのリモートワークやテレワーク導入により仕事の在り方は大きく変わりました。その影響から会社に出勤して働くというスタイルだけではなく、自宅やカフェ、ファミレスなどで仕事をする機会が増えた方も多いと思います。もともと副業や起業した方で、特定のオフィスを持たずにそのような場所で仕事をしていた方もいるでしょう。

しかし、カフェやファミレス、ファストフードといった場所ではネット環境の不安定さやコンセントの不足、無防備なフリーWi-Fiといった環境面での脆弱性に遭遇してしまいがちです。

一方の自宅の場合には、家族の存在や趣味・娯楽グッズが気になって仕事に集中しにくいという問題が常に付きまといます。

そこで快適なワークスペースとしておススメなのが「レンタルオフィス」。レンタルオフィスであれば自分専用の個室スペースで作業に集中することができるため、ビジネス効率は飛躍的に高まります。

とはいえ「レンタルオフィスって高いのでは?」「コロナ禍で衛生面は大丈夫?」という不安もあるでしょう。

そこで今回は中目黒エリアでワークスペースを探している方を対象に、快適なレンタルオフィスの選び方とおすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

 

中目黒ってどんなエリア?

東京都目黒区にある中目黒は中目黒駅を中心とする一帯を指す通称であり、「ナカメ」という愛称で親しまれる地域。近隣のエリアである青葉台や東山を含めて中目黒と指す場合もあるようです。

目黒区の区役所があり行政の中心的役割も果たす中目黒ですが、近年の再開発によって駅周辺にはおしゃれなレストランやカフェなどが立ち並び、女子学生やOLなどから人気を集める街の1つでもあります。また春には目黒川沿いの桜まつり(コロナ禍では中止)に多くの人が訪れ、お酒を飲みながら美しい桜を楽しめるスポットとしても有名です。

中目黒エリアの玄関口となる中目黒駅は、東京メトロ日比谷線と東急東横線が通り、渋谷や恵比寿、六本木、銀座といった都内の主要エリアへのアクセスも抜群。通勤・通学のみならず買い物や週末のお出かけにも便利で、「中目黒に一度住むと他のエリアには住めない」というナカメファンも少なくありません。

 

中目黒のレンタルオフィス事情

ハイセンスでありながら住環境も整った人気の街「中目黒」には、レンタルオフィスやシェアオフィスなどもいくつか存在しています。ただし新宿や渋谷、銀座といった主要エリアと比べると数は少なくなります。

また人気のエリアであることから、かなり家賃相場は高めで、個人のワークスペースとして気軽に借りるには少しハードルが高い印象です。個室利用料金は一見リーズナブルであるように見えても、会員登録料や初期費用が高額である可能性もあり、契約する際には必ず事前に確認しておくことをおススメします。

以下に中目黒エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめましたので、検討する際には参考にしてみてください。

 

中目黒エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

 

エリア 形態 料金 利用人数

その他

レンタルオフィスA 中目黒駅から徒歩1 レンタルオフィス・シェアオフィス 6名部屋

月額245,430円(税込)~

※個室の詳細は要問合せ

1名~ 2021年3月オープン

重量課金制プランもあり

レンタルオフィスB 中目黒駅から徒歩2分 レンタルオフィス・シェアオフィス 月額登録料55,000円(税込)

部屋の利用料はプランごとに異なるが、1人用個室は132円(税込)~/1時間

1名~ 有人受付

1か月単位1席単位で利用可能

レンタルオフィスC 中目黒駅から徒歩5 レンタルスペース・貸会議室 2名以下の部屋

1時間のみ1,100円(税込)、それ以降は1時間ごとに550円(税込)

最大8 ビジネス以外の利用(レッスン、作業、仮眠など)もOK

回数券もあり

レンタルオフィスD 中目黒駅から徒歩7 レンタルオフィス・シェアオフィス 13人部屋5,489,000円(諸経費込み、税込) 13人(空室の人数) 法人登記可能

2021年1月竣工

全室バルコニー付き

 

明朗会計で安心して利用できる「銀座ビジネスセンター」とは?

中目黒のレンタルオフィスは、内装がおしゃれであり設備が整っているものも多いですが、費用が高いことや空室が出にくいエリアであるため、スタートアップの方や副業に月に数度利用したいという方には少々ハードルが高いかもしれません。

そこで、中目黒からも行きやすく価格もリーズナブルなレンタルオフィスとしてご紹介したいのが、中目黒駅から日比谷線一本で行ける銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年に銀座でスタートしたレンタルオフィスであり、すでに20年以上の運営実績を誇る業界のパイオニア的存在。ロケーションはみゆき通りと並木通りの交差する銀座風月堂ビルの5階、最寄り駅となる東京メトロ銀座駅からは徒歩2分という利便性抜群の場所に存在しています。利用者は中小企業をはじめ士業の方、コンサルタントやカウンセラーといった方、個人事業主、副業従事者など様々なタイプの方が利用しています。

ではなぜ数あるレンタルオフィスの中で「銀座ビジネスセンター」がおすすめなのか、その理由を以下にまとめてみました。

 

完全密閉型の個室スペースなのにリーズナブルな時間貸しレンタルオフィス

中目黒の個室型レンタルオフィスの価格相場を見るとわかるように、基本的に東京都内で完全個室型のレンタルオフィスを利用しようとすると10万円を優に超えるケースが多くあります。

ところが「銀座ビジネスセンター」は時間貸しレンタルオフィスのため、1時間1,760円~の価格で完全密閉型の個室利用が可能。レンタルオフィスの中には、壁が薄かったり簡易的な仕切りのみの区分けしかされていなかったりするような施設もありますが、「銀座ビジネスセンター」では全ての個室が完全密閉。そのため電話やオンラインミーティング、対面打ち合わせにおいても、会話が外部に漏れることはなく、防音対策やセキュリティ対策に不安がありません。

また5分単位での料金精算となっているので、予約した時間をショートした場合には利用分のみの清算となるなど良心的なのも魅力。さらにキャンセル料も一切無料となっており、コスト重視の方には満足いく内容となっています。

 

月額11,000円~の料金でバーチャルオフィスとしても機能するレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は会員になると月額11,000円~の料金にてビジネスを快適に行うための各種サービスが受けられます。提供されるプランは全部で3種類。予算や事業ステージに合わせたプランが選択できます。

なんといってもすべてのプランでバーチャルオフィスとしての機能が利用できるため、個室利用が少ない方でも十分利用メリットを享受できます。

 

月額11,000円プラン

法人やフリーランスで住所利用のみ行いたい方向けのプランです。法人登記や銀行口座開設可能な住所利用や、郵便物・宅配便の受取・転送を秘書が行ってくれます。セキュリティ的に自宅住所を醸し出したくない方や、登記をしたいけれど今の住まいでは難しい方にはおすすめです。

 

月額27,500円プラン

上記プランに加えて、電話・FAX対応付きのプランです。電話対応(電話応対、転送・報告対応等)FAX対応(受信時のPDFファイルへの変換、転送対応等)などが含まれています。普段オフィスにあまりいない方に向いています。

 

月額55,000円プラン

上記までのプランに20時間分の部屋利用(4人部屋相当)が付いたプランです。週に数度個室利用をしたい、といった場合には非常にお得。普段は銀座まで行くのが大変!という方も、打ち合わせや面談を行う際に個室を利用するのにちょうど良いぐらいの時間となっています。これまで大事な商談をカフェやクライアント先で行っていた方は自信をもって相手を呼ぶことができるので信頼度アップにつながります。

 

中目黒から銀座ビジネスセンターまでの交通アクセス

中目黒から「銀座ビジネスセンター」までの移動は、中目黒駅から東京メトロ日比谷線で銀座駅までは約18分。乗り換えなしで移動できるのでとても便利です。

 

まとめ

中目黒エリアでレンタルオフィス探しをしているなら、中目黒駅から電車一方で行ける銀座の時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」が大変おススメです。

月額11,000円~とリーズナブルな料金で完全密閉型の個室スペースが利用できる「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」ならば、テレワークやスタートアップ、副業利用などあらゆる用途に活用していただけます。ぜひ一度「銀座ビジネスセンター」を検討してみてはいかがですか?

おすすめの記事