起業や副業に利用できるワークスペースや、企業の発足プロジェクト拠点としても気軽に利用できるレンタルオフィスですが、法人登記や口座開設ができるものの多く、ビジネス立ち上げの際にぜひ活用したいという人もいることでしょう。

 

しかし、「レンタルオフィスで本銀行口座を開けるのだろうか?」と不安に思う人も多くいるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、レンタルオフィスで銀行口座や法人口座が開設できるのかどうかを検証するとともに、銀行口座開設がスムーズにできると話題のレンタルオフィスついて解説していきます。

 

レンタルオフィスで銀行口座・法人口座開設はできるのか?

インターネットで「レンタルオフィス 口座開設」などと検索すると、レンタルオフィスでは銀行口座・法人口座の開設はできない、レンタルオフィスでは審査に通らないといった口コミを見かけることがあります。

 

都内にあるレンタルオフィスでも、問い合わせとして「こちらのレンタルオフィスでは銀行口座の開設は可能ですか?」といった内容のものがよくあるようです。それだけレンタルオフィスでの銀行口座・法人口座が開けるのかどうかは不安に感じている人が多い証拠でもありますが、結論から言うとレンタルオフィスでの銀行口座や法人口座は「高確率で開設が可能」です。

 

実際レンタルオフィス運営会社のホームページなどでは、メガバンクをはじめ地方銀行や信用金庫など様々な金融機関に口座開設の実績があることが掲載されています。

 

しかし、近年ではレンタルオフィスを利用している法人の銀行口座の開設審査は非常に難しくなってきているのは事実です。そのため一部の業種や実態のわからない会社の場合には審査が下りないケースも当然あります。口座の必要性や会社の信頼性、マネーロンダリング、反社会的勢力との関係などをかなり入念にチェックされるため、起業したての会社が銀行口座を開くのは難しいとも言われています。

 

銀行の新規口座を開設するための書類や手続きは、各銀行によって異なるため、直接銀行に問い合わせをするのが良いでしょう。

 

口座開設条件は銀行によってそれぞれ異なりますので、1つの銀行で審査が下りなかったといって諦めず、他の銀行でチャレンジしてみることも大切です。

?

銀行口座・法人口座が可能なレンタルオフィスの探し方

銀行口座・法人口座の開設を見据えてレンタルオフィスを契約する場合には、レンタルオフィスの信頼性が重要なことは言うまでもありません。レンタルオフィスの契約後にいざ銀行口座を開設しようとしたら「レンタルオフィス自体の信頼性が低く銀行口座開設できなかった」、「そもそも銀行口座開設が可能なレンタルオフィスではなかった」といったことがないよう、レンタルオフィスの運営実績や銀行口座の開設実績などはしっかり調べておきましょう。

 

またレンタルオフィスの中には、経営がうまくいかず倒産してしまうケースや、ビル解体により立ち退きとなってしまうようなケースもあります。そうなるとせっかく契約したレンタルオフィスから退去せざるを得ず、一からレンタルオフィス探しをしなければなりません。

 

その際の移転に伴うコストは自己負担であるケースが多く、移転手続きも非常に骨の折れる作業です。よって運営に不安を感じるレンタルオフィスは最初から選ばないようにしましょう。

 

銀行口座開設にもブランディングが大事

ここまでレンタルオフィスで銀行を開設するための方法やレンタルオフィスの探し方について解説してきましたが、「どのエリアでレンタルオフィスを借りればよいかわからない」、「銀行口座・法人口座を開設するかはまだこれから」という人もいることでしょう。

 

そんなエリア選定に悩む方にぜひおすすめしたいのが、東京中央区の「銀座」エリア。銀座は都内でも有数のビジネス街かつ高級ショッピング街として有名であり、世界的にも名の知られた地域です。東京の中でも一等地として知られる銀座エリアにあるレンタルオフィスを利用すればビジネスブランディングに活用することもできます。

 

当然銀行口座を開設する場合にもエリアブランディング効果は機能します。たとえば法人の場合、一般的には「会社登記に使用する本店所在地の最寄り銀行の管轄支店」で法人口座開設をすることになります。銀座のレンタルオフィスを利用して、「銀座支店」の銀行口座を持つことができれば、クライアントに対しても信用力のアピールとなります。

 

銀行口座はオフィス住所と同じくらいクライアントに注目されるところ。支店名は請求書や伝票にも載るため、知名度の低い支店名や治安の悪い地域の支店名よりも、せっかくなら「銀座支店」に口座がある企業であるというアピールをしたいものです。クライアントや顧客からの信頼度が増せば、ビジネスも優位に働くことは間違いありません。

 

豊富な銀行口座開設実績を持つレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

銀座には多くのレンタルオフィスがありますが、その中でも銀行口座開設実績が豊富なレンタルオフィスとしてイチオシなのが時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」。

 

「銀座ビジネスセンター」は銀座の地で20年以上の運営実績を持つレンタルオフィス業界の先駆者ともいえる存在。オフィスは銀座6丁目のシンボルともいえる「銀座風月堂ビル」の5階にあり、ハイグレードな雰囲気が漂うレンタルオフィスです。

 

そんな「銀座ビジネスセンター」をおススメする理由について以下にまとめてみました。

?

信頼度抜群!銀行口座も開設できるレンタルオフィス

レンタルオフィスやバーチャルオフィスでは、そもそも銀行口座の開設ができなかったり、審査が下りにくかったりすると言われるところもある中、「銀座ビジネスセンター」は、これまでに多くの銀行口座開設の実績があるレンタルオフィス。特に都市銀行での口座開設実績が豊富なため、起業したての方でも、メガバンクでの口座開設が可能となる可能性が高くなります。

 

当然業種によっては審査がNGとなる場合もありますが、他の格安レンタルオフィスや運営実績の浅いレンタルオフィスと比べ、事業実績が十分な「銀座ビジネスセンター」なら、審査もスムーズに進むことでしょう。

 

さまざまな業種に対応した3つの利用プラン

「銀座ビジネスセンター」は、22ある個室スペースや会議室を、必要な時に必要な時間だけ借りられる時間貸しのレンタルオフィス。会員であれば誰でも1時間1,600円?の料金で個室スペースが利用できます。

 

会員の月額料金プランは「10,000円」、「25,000円」、「50,000円」の3つのプランが用意されており、すべてのプランにおいて法人登記・銀行口座開設が可能となります。

 

「銀座ビジネスセンター」は明瞭な料金システムと高い信頼性によって、本社事務所だけでなく地方企業の東京支店やグローバル企業の日本支店など、様々な業種・事業形態の方に選ばれている信用力の高いレンタルオフィスなのです。

?

まとめ

東京都内で銀行口座・法人口座の開設ができるレンタルオフィスを検討しているならば、口座開設の実績十分な「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」がオススメ。

 

レンタルオフィス業界の中でも歴史が古く、事業実績も非常に豊富な「銀座ビジネスセンター」ほどの信用度があれば、法人登記や銀行口座開設をスムーズに進めてくれることでしょう。

おすすめの記事