レンタルオフィス岡山市

岡山市内の企業またはこれから事業を立ち上げようとしている方が、ビジネススピードをより加速させたいと考えるなら東京への拠点作りは不可欠です。とはいえ、いきなり都心部にて賃貸オフィス契約を結んだりするのはハードルも高く現実的ではありません。

そこでローリスク・ローコストで、素早くオフィス立ち上げを可能にする「レンタルオフィス」を活用してみるのはいかがでしょうか?レンタルオフィスなら煩わしい手続きや敷金・礼金といったコストを極力抑えつつ、賃貸オフィス契約と比べると比較的安価な料金にて東京にオフィスを構えることが可能です。また、オフィス家具やビジネスツールが完備されているレンタルオフィスも多く無駄にコストをかけずに済む点もメリットです。
さらにバーチャルオフィスとして利用できるレンタルオフィスであれば、岡山市から出ることなく東京の会社として事業を立ち上げることもできるなど、柔軟に利用できる点は見逃せません。

今回は都内での拠点づくりを考えている岡山市内の既存企業や個人事業主に向けて、岡山市内のレンタルオフィス事情と都内にあるおすすめのレンタルオフィスについて見ていきます。

岡山市とはどんなところ?

岡山市は岡山県の南東部に位置する市であり、岡山県の府庁所在地および政令指定都市となっています。中国・四国地方の交通・物流の要衝であり、当該エリアでは最大の雇用都市圏を有する一大地方都市です。

桃太郎伝説発祥の地として知られる「岡山市」には、2021年10月現在1,878,042人が居住しています。一時期は郊外化が進み人口は減少気味でしたが、近年は「都心回帰」により中心部への流入が増加傾向にあるようです。

岡山市内で特に賑わうエリアは、かつて岡山藩の城下町として栄えた「表町」や「岡山駅周辺」であり、岡山県を代表する商業・経済・文化の中心地として常に老若男女で賑わっています。その一方で、桃やシャインマスカットといった高級フルーツの生産が盛んな高原・丘陵地帯、軽工業系の工場が集積する臨海部なども存在しており、都市と自然が融合した街並みが特徴です。

岡山市内のレンタルオフィス事情

岡山市のレンタルオフィスやバーチャルオフィスは、市内の中心である「岡山駅周辺」から「表町」までのエリアに集中しています。比較的リーズナブルな料金で利用できるレンタルオフィスも多いものの、個室のレンタルオフィスに関しては「要問合せ」となっている場合がほとんどで、正確な利用料金を知るためには見積もり依頼をする必要があるなど少々面倒が生じます。とはいえ岡山駅周辺では個室レンタルオフィスも限定的なため、問い合わせたところですぐに入居できるわけではないことも想定しておきましょう。

参考までに、岡山駅周辺にあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などを下記に記載しましたので、気になる方はチェックしてみてください。

岡山市内にあるレンタルオフィス料金イメージ(岡山駅周辺)

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 岡山駅から徒歩2 レンタルオフィス、シェアオフィス、コワーキングスペース、バーチャルオフィス 要問合せ 1名~ 受付サービス付き

オフィス家具完備

メンバーシップ特典あり

レンタルオフィスB 岡山駅から徒歩3 コワーキングスペース、バーチャルオフィス マスタープラン

月額13,750

1名~ ロッカー、コピー代などは別途料金

ドロップイン可能

オフィス備品完備

レンタルオフィスC 岡山駅から徒歩4 レンタルオフィス、シェアオフィス、コワーキングスペース、バーチャルオフィス 要問合せ 1名~ スケールアップ可能

最新設備完備

短期利用可能

レンタルオフィスD

 

岡山駅から徒歩5 コワーキングスペース、貸し会議室 コワーキングスペース

1時間550円~

 

6名部屋会議室

1時間2,200円~

1名~ 会議室4部屋完備

飲食持ち込み可能

オフィス備品無料貸し出し

「銀座アドレス」で法人登記や銀行口座開設が可能な「銀座ビジネスセンター」

ネット環境さえ整っていれば場所を問われない現代では、どこで仕事をするかはあまり問題になりません。しかし、会社としての看板となる「法人住所」だけはこだわっておくのがよいかもしれません。名のある会社と無名の会社でどちらが信用できるのか?と同じように、馴染みのあるエリアにある会社と名前を聞いてもピンとこないエリアにある会社のどちらが安心か?というとおそらく前者に安心感を持つ人がほとんどだと思います。

特に地方で活動されている方は、東京を拠点とする会社に比べるとその点をデメリットに感じ東京進出を検討することも多いと聞きます。

そこで東京都内にあるレンタルオフィスを利用し、東京拠点を作ることを検討してみるのがベストな選択です。
レンタルオフィスを利用すれば、テストマーケティングに東京での反応を見ることもできますし、万が一の撤退も容易に行えます。

とはいえ、東京にはレンタルオフィスもたくさん存在しますので、その中からどこがよいのかを判断するのは極めて困難です。そこで今回おすすめしたいのが、東京の一等地にあり20年以上の実績を誇る、バーチャルオフィスとしても利用できるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」はスタートが2000年。20年以上にわたり運営しているレンタルオフィス業界のパイオニア。銀座6丁目にある「銀座風月堂」の5階、450㎡のワンフロアーに全22の個室スペース・会議室を持ち、使いたい時に使いたいだけ利用できる時間貸しタイプのレンタルオフィスを展開しています。またバーチャルオフィスとしての機能を持ち、東京を拠点としたい地方企業のサテライトオフィスとしても多くの方が利用しています。

そんな「銀座ビジネスセンター」がおすすめできる理由ついて、以下に簡単にまとめてみました。

「銀座アドレス」をリーズナブルな料金で持つことを可能にしたレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」の住所は東京都中央区銀座6-6-1銀座風月堂ビル5F。これは銀座の目抜き通りからすこし内側に入った少し閑静なエリアにあります。このエリアは銀座の中でも超一等地とされ近くには有名百貨店も軒並みを揃えています。そんなエリアにある銀座ビジネスセンターを拠点に事業展開を行えれば、地本企業であっても「銀座に住所があるしっかりした会社」という印象をクライアントに与えることができ、事業拡大の足掛かりにすることができるでしょう。

月額利用料金に関しては11,000円~と、とてもリーズナブル。地方企業の住所のみの利用であれば、この月額11,000円のプランでも十分元が取れます。

バーチャルオフィスとレンタルオフィス、2つの顔を持つレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は全部で22ある個室スペースや会議室を使いたい時に使いたいだけ使用可能な時間貸しのレンタルオフィス。バーチャルオフィス利用での基本サービスとしては、法人登記や銀行口座開設に必要な銀座アドレスを利用できることや、常設秘書による郵便物や宅配物の受取・転送対応などがあります。

上位プランでは、基本サービスに加えて秘書による電話対応サービスやFAX対応サービスも受けられますので(月額22,000円~)、本当に岡山市にいながら銀座にいるかのように業務をこなすことも可能です。

たまに東京に出張するという方の場合、「銀座ビジネスセンター」では1時間1,760円~の料金で個室スペースを利用することができます。こちらは時間貸しのため、利用しなければ一切料金は発生しません。

まとめ

東京に拠点を持ちたいと考える岡山市内の企業または個人事業主の方で、手間暇かけずに東京拠点を構築するのであれば、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」がとてもおすすめです。

「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」は、月額11,000円~の料金で「銀座アドレス」が利用できるレンタルオフィス。バーチャルオフィスとしても利用できるので、東京に足を運ばなくても東京のオフィスのように事業展開できるまさに夢のようなレンタルオフィスなのです。

事業を飛躍的に伸ばしたいのであれば東京進出は絶対です。その際には「銀座ビジネスセンター」を拠点に事業展開を進めていきませんか?

おすすめの記事