コロナ禍の今、現在北青山に職場や自宅がある方の中で、カフェやファミレス、ファストフードを利用してテレワークを行ったり副業に勤しんだりしている方は多いのではないでしょうか?

 

最近はノマドワーク的な働き方が普及してきたことや何度かの緊急事態宣言の影響もあって、自宅周辺のカフェやファストフード店が大賑わい。そのため仕事をしようにも「いつも店内が騒がしい」「コンセント席がいつも埋まっている」「人の出入りが気になって仕事に集中できない」といったストレスを感じる方も増えているようです。

 

そこでワークスペース問題を解決してくれるおすすめのサービスが「レンタルオフィス」。レンタルオフィスを利用することで人に邪魔されず仕事に集中できるワークスペースが確保できることや、事務代行や電話応対・郵便物転送といったビジネスに必要な手厚いサポートも享受できるなどメリットも満載です。

 

今回は北青山エリアでワークスペースを探している方を対象に、自分に合ったレンタルオフィスの選び方とおすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

 

北青山ってどんなエリア?

東京都港区の最西端に位置する北青山は、北から順番に北青山1丁目~北青山3丁目まで分かれています。青山エリアのうち、青山通りの南側は「南青山」北側は「北青山」と区分けされており、どちらも東京を代表するオシャレタウンとして全国的に有名です。

 

北青山は表参道や六本木からも近く、企業のオフィスビルや大使館、流行の最先端を行くショップなどが多数存在しますが、一方で明治神宮外苑や美しいイチョウ並木などがあり、都会にいながらも季節感を感じられる緑に囲まれたハイセンスな街。大きな通りから一本入った住宅街に佇む隠れ家的なショップも多く、落ち着いた「オトナな街」を好むクリエイターやファッショニスタを多く惹きつけています。

 

北青山のレンタルオフィス事情

上質で洗練された街として知られる北青山は、オフィスの立地場所としても大変人気であり、比較的レンタルオフィスの数も多めです。

 

またエリア的に北青山は外苑前駅と青山一丁目駅の両駅を利用できるため、利便性が高いのも特徴。

 

レンタルオフィスの雰囲気としては、青山エリアに相応しい高級志向のレンタルオフィスが集積しています。そのため月額の利用料金は高めに設定されており、1名用オフィスでも10万円前後、30名を超えるような大規模オフィスだと月額100万円以上の料金が設定されているところもあります。

 

その一方「格安」を売りにしているレンタルオフィスもわずかながらに存在しますが、秘書サービスや郵便物転送、電話対応などは全てオプション料金となっているため、実際の料金は基本料金より高くなります。

 

以下に北青山エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめましたので、北青山でレンタルオフィスを検討する際には参考にしてみてください。

 

北青山エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

 

  エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 外苑前駅から徒歩30 レンタルオフィス 1名用オフィス

月額52,800円(税込)

1名~ 電話秘書対応、電話転送などは別料金

起業相談あり

登記可能

レンタルオフィスB 外苑前から徒歩1分・青山一丁目駅から徒歩5 レンタルオフィス・シェアオフィス 1名用オフィス

月額87,450円(税込)~

1名~ フリーデスクプランも用意

ラグジュアリーレンタルオフィス

ライブラリあり

レンタルオフィスC 外苑前から徒歩2分・青山一丁目駅から徒歩9 レンタルオフィス 1名用個室

月額88,000円(税込)~

30名~35名用個室

月額1,100,000円(税込)~

1名~35 法人向けレンタルオフィス

電話代行やお茶出しなど、各オプションプランあり

バーチャルオフィス契約可能(別料金)

レンタルオフィスD 外苑前駅から徒歩2 バーチャルオフィス 月額4,400円(税込)~

現在キャンペーンにつき月額2500円~

法人登記、電話秘書対応などは全て別料金

ミーティングスペースあり

 

防音対策バッチリかつセキュリティ的にも安心な「銀座ビジネスセンター」とは?

北青山エリアのレンタルオフィスは比較的高めの料金が多いことから、テレワークやリモートワーク、副業時のちょっとした利用のために契約するのは現実的ではないかもしれません。自宅やカフェの代わりに集中できる仕事環境を手に入れるのが目的なのに、コスト問題が大きくのしかかってくるようでは、レンタルオフィスを利用するメリットはあまりなく、二の足を踏んでしまうことでしょう。

 

そこでコスト的にも非常にリーズナブル、完全密閉型の個室を利用できるレンタルオフィスとしておすすめなのが、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年に銀座でスタート、20年以上にわたり運営を続けている業界のパイオニアともいえるレンタルオフィス。最寄り駅となる東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からは徒歩5分、銀座一丁目駅や東銀座駅、新橋駅も利用でき、都内へのアクセスは上々。また地方を訪れる機会が多い方には空の玄関口となる羽田空港が30分圏内、新幹線の停車駅となる東京駅や品川も近いとあって、非常に利便性の高いレンタルオフィスなのです。

 

そんな「銀座ビジネスセンター」が北青山のレンタルオフィスよりなぜおススメなのか、その理由を以下にまとめてみました。

 

コストメリットの高い時間貸しレンタルオフィス

静かな仕事環境を得たい一心で都内にて完全密閉型のレンタルオフィスを探そうとした場合、月額利用料金が10万円を超えることはざらです。レンタルオフィスの中にも安いタイプのものは探せば見つかりますが、そのようなタイプのものは総じて個室が密閉されておらず天井上部が開いていて隣の声が丸聞こえとなるところや、パーテーションで仕切られただけのような簡易的なレンタルオフィスも多いです。それであればカフェで仕事するのと大差なく、高い料金を払うのが無駄となってしまいます。

 

その点「銀座ビジネスセンター」は全22の個室スペースや会議室を必要な時に必要なだけ利用できる時間貸しタイプのレンタルオフィス。月額固定型のレンタルオフィスと違い、個室利用時のみしか費用が発生しないのが魅力です。料金も1時間1,760円~で完全密閉型の個室スペース利用可能。昨今増えているZoomGoogle Meetなどでのオンライン会議でも、他人の目を気にすることなく大きな声で会話ができるとあって非常に人気となっています。

 

オフィスビルへの入室がスムーズなレンタルオフィス

大きなオフィスビル内にレンタルオフィスが入居しているといった場合、入室までに時間がかかってしまうということがあります。特に高層ビルの場合にはエレベーターがなかなか降りてこない、入館時の手荷物チェックや、入館申請用紙への記載など煩わしいことも。

 

しかし「銀座ビジネスセンター」では複雑な入館申請もなく、入室がとてもスムーズに行えるレンタルオフィスです。建物内のエレベーターで5階まで上がれば、ホールのすぐ横はエントランス。受付秘書が常駐していることや、防犯カメラやセキュリティシステムも搭載しており、不審者の侵入の不安もなく安心して利用することができます。

 

北青山から銀座ビジネスセンターまでの交通アクセス

北青山から「銀座ビジネスセンター」までは、東京メトロ銀座線の外苑前駅または青山一丁目駅を利用した場合、両駅から銀座駅まではおよそ1012分。そこから「銀座ビジネスセンター」は目と鼻の先です。

 

まとめ

北青山エリアでカフェやファミレスなどに代わるレンタルオフィスを探しているなら、地下鉄で10分少々の銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」を検討してみることをおすすめします。

 

「銀座ビジネスセンター」なら法人登記や銀行口座開設も可能、バーチャルオフィスとしての機能も備わっているので、普段は自宅で仕事し、気分転換したい時や本当に使いたい時だけ個室利用をする、といった使い方を実現してくれるので、仕事にメリハリをつけることができるようになります。
ぜひ一度「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」ホームページにアクセスしてみてくださいね!

おすすめの記事