レンタルオフィス佐賀市

佐賀市内で事業を行っている方、また独立して新たに事業をスタートさせようとしているスタートアップ企業や、副業収入を稼ぎたい個人事業主の方の中には、いつかは東京でビジネスをしてみたい、と思っている方も多数いるのではないかと思います。そうはいっても東京にオフィスを構えるのは普通に考えると至難の業。余程の資金がなければオフィスを持つのは難しい、そう思うのも当然かと思います。

しかし「レンタルオフィス」を利用すれば、東京に拠点を作るのが造作ないって知っていましたか?
レンタルオフィスなら、賃貸オフィス契約にかかるような多大なコストはかかりませんし、手続きや面倒な契約もほとんどありません。また、バーチャルオフィスを併設したレンタルオフィスもあり、地方企業のサテライトオフィスとして東京のレンタルオフィスを利用する、なんてことも最近では増えているようです。

今回は東京都内に拠点づくりを考えている佐賀市内の既存企業や個人事業主の方に向けて、佐賀市内のレンタルオフィス事情と、都内にあるおすすめのレンタルオフィスについて解説していきます。

佐賀市とはどんなところ?

佐賀市は佐賀県の中東部に位置する街であり、佐賀県の県庁所在地です。
2021年11月現在において230,483人の人口を有しており、県内最大の都市として経済や政治、文化の中心的役割を果たしています。近年は「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」という熱気球のイベントにも力を入れており、バルーンの街としても全国的に有名です。

江戸時代より佐賀藩の城下町として発展してきたこの地は、現在も県内中部や東部を代表する商業都市であり、佐賀駅を中心にオフィスビル街や商店街が広がっています。平成に入り、郊外に大型の商業施設や住宅地の建設が進んだことで一時はドーナツ化現象が深刻化していましたが、最近では佐賀駅周辺の再開発が活発化しており、さらなる街の発展が期待されています。

佐賀市内のレンタルオフィス事情

佐賀市のレンタルオフィスは、「佐賀駅」の周辺に集中して立地しています。ほとんどのオフィスが徒歩10分圏内にありますが、一部のオフィスは徒歩20分以上を要するため、マイカーやバスなどの利用が必要です。また、「女性専用」「フリーランスの美容師専用」といった細かい利用条件が定められていたり、ビジネスツールがオプション料金となっていたりする施設もあり、契約の際には気を付けておかなければなりません。

参考までに、佐賀市内にあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などを下記に記載しましたので、気になる方はチェックしてみてください。

佐賀市内にあるレンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 佐賀駅から徒歩5分 コワーキングスペース、シェアオフィス、貸し会議室 要問合せ 1名~5(※シェアオフィスの人数) セミナー・イベントでの利用可能

IT人材支援あり

電話対応ブース設置

レンタルオフィスB 佐賀駅から徒歩5 レンタルスペース 要問合せ 1名~ セミナー利用可能

サロン併設

女性専用

レンタルオフィスC 佐賀駅から徒歩10 コワーキングスペース、シェアオフィス シェアオフィス

月額35,000

1名~ ビジネスツール完備

24時間利用可能

登記可能

レンタルオフィスD 佐賀駅から徒歩17 コワーキングスペース、シェアオフィス コワーキング席フリープラン

1日1,650

固定席個人プラン

月額28,600

1名~ 固定席は24時間365日利用可能

ロッカー、会議室、プロジェクター利用は別途料金

Wi-Fi無料

レンタルオフィスE
佐賀駅から徒歩40 レンタルサロン 売り上げの25

※月額費用などの定額料金はなし

1名~ フリーランス美容師専用サロン

24時間365日利用可能

サロン備品完備

ロケーション・知名度ともに申し分なし銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

佐賀市を拠点に活動している、または活動予定の方にとって、東京にオフィスを持つ、というのはあまり現実的でないように映るかもしれません。しかし現在はパソコンやスマートフォンさえあればどこでも仕事ができる場所を選ばずに業務を遂行できる時代です。

そんな時代でも重視したいのが企業の位置する「エリア」。レンタルオフィスなら東京にオフィスを持てると先述しましたが、東京の広いエリアのどこにオフィスを持てばいいかわからないという方もいらっしゃると思います。
そんな方におすすめしたいのが、東京銀座のど真ん中にあり、レンタルオフィスとバーチャルオフィス両方の機能を持つハイブリッド型レンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年より銀座で運営をスタート、今に至るまで20年以上の運営実績を持つ業界の先駆者的レンタルオフィス。並木通りとみゆき通りが交差する「銀座風月堂ビル」5階に「銀座ビジネスセンター」はあります。全22室の個室・会議室を使いたい時に使いたいだけ利用することが可能。バーチャルオフィスとしても利用できることから、利用者は銀座に通える中小企業をはじめ、士業、個人事業主だけでなく、地方企業のサテライトオフィスとしても利用できる利便性を持ち得ています。

また羽田空港や新幹線の停車駅となる東京駅や品川駅からも30分圏内にあり、出張時の移動も容易に行えます。地方から月に数回程度東京出張を行っている、東京でのテストマーケティングにまずは利用したいという場合に、利用したい時だけ個室を利用することも、レンタルオフィスとバーチャルオフィスを併せ持った「銀座ビジネスセンター」ならできる技です。
そんな「銀座ビジネスセンター」が東京にあるレンタルオフィスのなかでおすすめしたい理由について、以下に簡単にまとめてみました。

予算や利用用途、事業規模に応じて4つのプランから選べるレンタルオフィス

東京都内にあるレンタルオフィスの中には利用料金が「お問い合わせください」となっているレンタルオフィスも多いです。営業戦略的に金額を表示せず、お問い合わせしてもらった際に営業する目的に思われますが、検討する方からするとホームページ上に料金が掲示していないレンタルオフィスは利用しにくいという方も一定数いるようです。
その点「銀座ビジネスセンター」の利用料金は、ホームページに記載されている金額がすべての明朗会計のレンタルオフィス。プランは全部で4種類あり、月額利用料金が「11,000円」「22,000円」「27,500円」「55,000円」の4つの中から、予算や利用用途、事業規模によって選ぶことが可能です。

どのプランにも法人登記や銀行口座開設可能な銀座アドレスが利用可能、来客受付対応、郵便物や宅急便の受取・転送対応が含まれているので、地方企業の方におすすめのバーチャルオフィスとしても難なく稼働できます。

「銀座」という地のアドレスを利用したビジネスが可能

「銀座ビジネスセンター」がある銀座ですが、日本中はもちろんのこと、海外の人からの知名度も抜群のエリア。地方企業が東京にて新規ビジネスを行うにあたり、東京での実績がない最初の段階で営業的に困難を極めることも多々あるでしょう。そんな時に銀座に東京オフィスを構えることで、クライアントや商談相手が「銀座にオフィスを構えられる企業であれば安心だ」と、信頼してくれる確率を高めてくれることでしょう。

まとめ

東京にオフィスを持ちたいと切望している佐賀市内の既存企業や個人事業主の方、ぜひこの機会にバーチャルオフィスとしても利用できる知名度抜群「銀座」にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」を一度チェックしてみませんか?

「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」は、月額11,000円~というリーズナブルな価格にて登記可能なオフィスが利用可能、東京の拠点構築を難なく行えます。バーチャルオフィス利用が可能なレンタルオフィスなので、佐賀にいながら東京オフィスにいるかのように振る舞うことも自由自在。これで東京マーケットも視野に入れたビジネスが思いのままです!

おすすめの記事