辰巳周辺に職場や自宅がある方で、カフェやファミレスを利用したテレワーク・リモートワークを行っているのであれば、一度レンタルオフィスの利用を検討してみませんか?

自分専用の快適なオフィス環境を求めるなら、オープンスペースではなくレンタルオフィスは理にかなっています。
その理由は個室スペースが確保されていること、様々なビジネスツールや秘書サービスを受けられること、セキュリティ対策や感染対策がなされているなど、あらゆる面でビジネスに最高の環境が用意されているからです。

今回は辰巳でワークスペースを探している方を対象に、辰巳エリアのレンタルオフィス事情とおすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

辰巳ってどんなエリア?

「辰巳」とは東京都江東区にあり、辰巳1丁目から辰巳三丁目までで構成されるエリア。
「辰巳」という地名は皇居からみて南東(辰巳)の方向に位置していることに由来しているのだそうです。

この地はいずれも東京湾の埋め立て地であり、昭和後期に入って初めて住所表示が実施されるようになりました。辰巳三丁目に至っては2009年に住所表示が実施されたばかりで、都内でも比較的新しいエリアの1つとなっています。

そんな辰巳エリアの玄関口となる「辰巳駅」には東京メトロ有楽町線が乗り入れており、池袋や埼玉方面に向かうのには非常に好アクセス。ただし近隣の新木場駅や東雲駅、豊洲駅などはすべて運河を挟んだ対岸に位置しており、交通利便性がそれほど高くありません。

辰巳駅周辺は昔からの団地が立ち並ぶほか、少し離れたところにはタワーマンションも点在。また国際水泳場やアクアティクスセンターといったスポーツ施設が充実していることから、2021年の東京オリンピックでは競技場としての役割が期待されています。

辰巳のレンタルオフィス事情

辰巳は昔ながらの街並みが残る団地エリアであることから、レンタルオフィスはほとんど存在しません。最も近いレンタルオフィスでもおよそ3キロは歩く必要があり、徒歩での利用は現実的ではありません(別に最寄り駅が設定されている場合もあります)。

貸しスペースやスタジオなどはいくつか見受けられますが、「個室タイプのレンタルオフィス」は近接する駅を含めても極めて少なく、条件に合ったレンタルオフィスを探すのは至難の業。利便性やビジネス戦略等を考慮するならば、銀座や新橋などのビジネスエリアで拠点となるオフィスを構えるのがオススメです。

以下に辰巳エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめましたので、検討の際には参考にしてみてください。

辰巳エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

  エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 辰巳駅から約3

(※新木場駅が最寄り)

フォトスタジオ、貸し会議室、レンタルスペース Aスタジオ

1時間22,000円(税込)~

1名~ フリードリンクあり

フリーWi-Fi完備

利用は3時間~OK

レンタルオフィスB 辰巳駅から約3㎞

(※東京ビッグサイト駅が最寄り)

レンタルオフィス、コワーキングスペース、バーチャルオフィス、貸し会議室 要問合せ 1名~ 多拠点利用可能

24時間365日利用OK

レセプションあり

ビジネスで重要なのはエリア!銀座の時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

辰巳エリアにはほぼレンタルオフィスがないため、ワークスペースを探し求めた場合には少々エリアを広げなければなりません。とはいえ、あまり遠いところになってしまうと「通うのが面倒くさい」「交通費もばかにならない」といった新たな問題を考えなければならなくなってしまいます。

その場合「どのエリアでレンタルオフィスを探せばよいのだろう?」と都内にあるレンタルオフィスを検索してみたら、あまりに多くのレンタルオフィスが存在していることに気づき困ってしまった、そんな方もいるのではないでしょうか?

そこでレンタルオフィス難民にオススメしたいのが、辰巳駅から東京メトロ有楽町線で乗り換えなし、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は銀座6丁目の「銀座風月堂ビル」5階に拠点を構える業界の先駆者的なレンタルオフィス。運営実績は20年以上と長きに渡り、都内のみならず地方企業のサテライトオフィスとしても利用されているレンタルオフィスなのです。中小企業経営者を中心に、スタートアップ企業や副業従事者、個人事業主など、幅広い層に活用されています。

都内のみならず銀座エリアにも多くのレンタルオフィスがある中でなぜ「銀座ビジネスセンター」がおすすめなのか、その理由を以下にまとめてみました。

完全密閉個室スペースが1時間1,760円~で利用可能なレンタルオフィス

レンタルオフィスを利用するといっても、料金や営業形態はさまざま。一般的なレンタルオフィスは、月額固定型のタイプが多く、使っても使わなくても一定の料金がかかっていまい、雨や体調不良で利用できない時には損をした感覚に陥りがちです。

しかし「銀座ビジネスセンター」は時間貸しタイプのレンタルオフィスにて、1時間1,760円~の料金で天井まで密閉された専用の完全個室が利用できます。完全個室であれば他人の声に邪魔されることもありませんし、静かに落ち着いて仕事を行えます。

また使いたい時に使いたい分だけ個室スペースを利用できるため、天候不順や急な予定、体調不良で利用するのが難しい時などは無理して利用する必要がありません。利用には事前予約が必要となっていますが、利用開始時間前までにキャンセルの連絡をすれば、直前のキャンセルでもキャンセル料は無料。このようなフレキシブルな利用も「銀座ビジネスセンター」ならではです。

代表が自ら利用希望者にお会いし、審査・説明を行うレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は、利用を検討している希望者の方に代表自らがお会いして、銀座ビジネスセンターの契約に関する説明を丁寧かつ詳細に行ってくれるレンタルオフィス。

ネットのみでの申し込み、あとはメールでのやり取りで終わってしまい、一度も担当者に会うことなく契約が出来てしまうようなレンタルオフィスもあるようですが「銀座ビジネスセンター」は違います。

レンタルオフィスの場合、法人登記をそのレンタルオフィスで行ってしまうと、移転手続きを行う場合にコストや必要以上の労力がかかってしまうものです。しかし「銀座ビジネスセンター」であれば、契約前に使用時の疑問や不安について納得いくまで回答してくれるので「こんなはずじゃなかった」と思うことも少なく安心して契約できるレンタルオフィスと言えるでしょう。

辰巳から銀座ビジネスセンターまでの交通アクセス

辰巳駅から「銀座ビジネスセンター」までの移動手段ですが、東京メトロ銀座線で銀座一丁目にて降車するルートが一番早くて安く済みます(乗車時間8分)。銀座一丁目から「銀座ビジネスセンター」までは徒歩圏内です。

まとめ

辰巳エリアでレンタルオフィスを検討しているスタートアップ企業や中小企業、個人事業主の方、快適な環境を目指すなら、有楽町線で10分少々の銀座にある「銀座ビジネスセンター」はとてもリーズナブルでおススメ。

1時間1,760円~の料金で完全密閉型の個室スペースが利用できる時間貸しのレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」なら、使いたいだけ個室利用ができるといったフレキシブルさがあるため「使い続けないと元が取れない」といったプレッシャーを感じることは一切ありません。

ぜひこれを機に「銀座ビジネスセンター」のホームページへアクセスし、利用を検討してみませんか?

おすすめの記事