コロナ禍において、自社がテレワークやリモートワークを導入したというオフィスワーカーが増えているようです。

 

さらに景気動向の不安から、企業側もコスト削減のために、オフィス面積の縮小や本社機能の地方移転などを強いられるところも出てきていると聞きます。

 

このようなテレワークやリモートワークの仕事場としてオフィス運営にかかるコストを削減したい企業や、起業した方や副業に使えるワークスペースとしてオススメなのが「レンタルオフィス」。

 

レンタルオフィスは、賃貸オフィス契約に比べると非常にリーズナブルな価格で静かに仕事ができる環境が手に入ります。またオフィス家具や備品も基本無料で利用できることや、法人登記可能、秘書代行サービスなども付いたレンタルオフィスもあり、パソコンを持参しさえすればすぐにでも仕事ができるのはレンタルオフィスの最大の魅力と言えます。

 

最近ではカフェなどでもWi-Fiが当たり前になり、通信環境も整備されたことにより仕事しやすい環境になりましたが、最適な仕事環境にこだわるなら、レンタルオフィスのような機密性の高い個室には勝てません。

 

そこで今回は押上エリアでワークスペースを探している方を対象に、快適なレンタルオフィスの選び方やおすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

 

押上ってどんなエリア?

東京都墨田区にある押上エリアは、東京スカイツリーのお膝元として知られる地域です。

 

スカイツリーの玄関口ともなっている押上駅には「スカイツリー前駅」という副駅名が導入されており、最近では押上という名前よりも後者の名称が人々の間に浸透しつつあります。

 

そんな押上駅は東京メトロ半蔵門線と東武伊勢崎線に加えて、都営浅草線と京成電鉄が乗り入れる駅。羽田空港や成田空港とのアクセスもよく、コロナショック前には国内外から多くの観光客が訪れる、東京を代表する観光地の1つでもありました。駅周辺には東京スカイツリータウンをはじめ、古くからの寺院や神社なども多く、新旧が入り混じる「見どころあふれる街」となっています。

 

押上のレンタルオフィス事情

押上エリアは商業および観光エリアということもあり、レンタルオフィスの数はそれほど多くありません。

 

駅近のレンタルオフィスがなく、最も近いレンタルオフィスであっても1㎞以上離れているため、頻繁にオフィス利用する場合には不便かつ通いづらいと言わざるを得ないでしょう。

 

価格帯やサービス内容としては、外資系企業の運営するハイグレードオフィスから格安レンタルオフィスまで幅が広いのが特徴で、予算や希望に応じて利用者が自由に選ぶことが可能です。

 

ただし大半の外資系レンタルオフィスは価格がネット上に公表されておらず、見積りしたうえで判明する形がとられているため、すぐに詳しい料金がわからないことが多いです。また、基本料金とは別に様々なオプション料金が設定されていることから、実際に必要となるコストが分かりづらく不親切に感じることもあります。

 

以下に押上エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめましたので、検討する際には参考にしてみてください。

 

押上エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

 

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 押上駅からおよそ1,400m レンタルオフィス 1名用個室

月額39,000円~

(空室の値段)

1名~5名

(空室の人数)

24時間利用可能

法人登記可能

有料カフェあり

レンタルオフィスB 押上駅から徒歩10 レンタルオフィス 満室のため金額開示なし 1名~2 喫煙スペースあり

原則2年契約

個室にはチェスト付き

レンタルオフィスC 押上駅からおよそ1,400m レンタルオフィス 見積もり対応 1名~20 外資系レンタルオフィス

家具付き

有人受付

 

オフィス設備やサービスに満足できるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

以上のように、押上はあまりレンタルオフィスが多いエリアではないので、レンタルオフィスを探すなら少々範囲を広げなければならなくなります。とはいえ「電車移動するのに何度も乗り換えするような場所は避けたい」、「あまり知らないエリアは避けたい」というのが探す方の本音ではないでしょうか?

 

レンタルオフィスを利用する際には

  • 交通の利便性が良いこと
  • 通い続けられること
  • 対外的イメージを高めるのに名のある街にあるレンタルオフィスを選ぶこと

 

が求められます。以上の点がクリアできないと

 

「レンタルオフィス契約をしたものの不便で結局使わなかった」
「もっと知名度があるエリアに変えたい」

 

ということになり、数か月でオフィスを移転する羽目になってしまう可能性が高くなります。

 

そこで押上エリアでレンタルオフィスを検討している方におススメなのが、銀座という都内の一等地にあり、オフィス設備・サービスクオリティが高いレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年に銀座にて運営をスタートした業界でも古株のレンタルオフィス。20年以上の運用実績があり、中小小規模事業者を中心に、士業や個人事業主のほか、大企業の短期プロジェクトにも使われるなど、幅広い客層を抱えるレンタルオフィスとなっています。

 

アクセスについては、東京メトロ銀座駅から徒歩2分、JR有楽町駅からは徒歩5分とアクセスの良さは折り紙付き。東銀座や新橋、銀座一丁目の各駅からも歩いて移動できる近さは魅力です。

 

都内には銀座以外にも数多くのレンタルオフィスがありますが、「銀座ビジネスセンター」がその中でもおススメな理由について、以下に簡単にまとめてみました。

 

メガバンク銀座支店の銀行口座が作れるレンタルオフィス

レンタルオフィスを利用する場合、賃貸オフィスと比べると銀行口座を作りにくい、ということがあります。

 

最近ではレンタルオフィスもかなり認知されてきており、口座開設は以前ほど難しくはありませんが、それでもメガバンクで口座開設するには、取引実績がない新会社設立の場合、困難を極めることも多いです。

 

しかし「銀座ビジネスセンター」は2000年から20年以上と事業運営年数が長いことや、経営に対する信用度、施設の充実度の高さから、メガバンクでの銀行口座開設が比較的しやすいレンタルオフィス。それも銀座支店というプライムロケーションでの口座開設は、クライアントの信用を勝ち取るには十分と言えます。

 

もちろん事業内容によっては難しいケースもありますが、反社組織やマネーロンダリングに使われることがないような事業であれば、口座開設は問題ありません。

 

他人の声を気にせず会話ができる、防音対策がしっかりされたレンタルオフィス

レンタルオフィスが個室といっても、実際のところは壁の上部分が空いた状態のものであったり、簡易的な仕切りだけで分けられたものも多く、カフェやファミレスとあまり変わらない環境のところも多くあります。

 

特に最近はオンラインミーティングをする機会が増え、パソコンの前で話をするのがためらわれる環境は、業務効率を著しく下げてしまいがちです。かといって大きな声で喋っていたら隣からクレームされてしまう危険もあります。

 

しかしながら「銀座ビジネスセンター」は壁がしっかりと天井まで密閉された完全個室タイプのレンタルオフィス。全22ある個室すべてで防音対策がされているため、隣の人の声が聞こえることも自分の声が相手に聞こえることもありません。電話やオンラインーティングも支障なく行えます。

 

押上から銀座ビジネスセンターまでの交通アクセス

押上から「銀座ビジネスセンター」までの移動ですが、電車利用の場合、押上駅から東銀座駅までは都営浅草線快速を利用しておよそ14分、東銀座駅から「銀座ビジネスセンター」までは徒歩で約6分です。

 

または押上駅から東京メトロ半蔵門線で大手町駅を経由し(14)、そこから東京メトロ丸ノ内線で銀座駅まで行く(3)という方法もあります。

 

まとめ

押上エリアでレンタルオフィスを検討しているなら、押上から東銀座まで電車で一本、銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」が大変おススメ!

 

銀座のアドレスを使用してビジネス展開でき、メガバンクでの口座開設も可能な「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」なら、クライアントの信頼を獲得するのもあっという間です!

おすすめの記事