自宅や会社以外のワーキングスペースとして人気なのがレンタルオフィスやシェアオフィス。ビジネスに専念できる環境が格安で手に入るということもあって、コストを重視する方にとっては利用しやすい反面、選び方を間違えてしまうと快適どころか最悪な仕事場となってしまいかねない危険をはらんでいます。

 

ここでは東京都内でレンタルオフィスの利用を検討している方に向けて、安いレンタルオフィスを利用する際に気を付けたいポイントや、おすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

 

企業でレンタルオフィスが必要とされている背景

近年テレワークやリモートワークが一般的となり、自宅やカフェでも仕事ができるようになったことから、大企業を中心にオフィスの延床面積を縮小する企業が増えています。2020年のコロナ禍以降の景気動向は先行き不透明ということもあり、この動きはますます増えるものとみられています。

 

オフィス縮小化は、企業にとってコスト削減や環境維持の観点ではメリットがあるものの、「会議室が足りずにいつも他部署と取り合いになる」、「一同に人が集まれるスペースが確保できない」といった声が社内から挙がるなどデメリットも少なくありません。

 

そこでレンタルオフィスのようなワーキングスペースが有効活用になっています。期間限定プロジェクトのようなものであれば稼働期間のみの利用で済みますし、家具や備品も用意することなく利用できるところがほとんどなので原状回復等のコストもかかることがないというメリットがあります。

 

起業・副業でレンタルオフィスが必要とされている背景

さらに起業・副業といったビジネスニーズにもレンタルオフィスやシェアオフィスは人気です。

 

働く価値観の多様化や収入が増えにくい社会構造の影響から本業とは別に副業にチャレンジする人も出てきており、企業で働きながら終業後や休日の時間を使って仕事をこなしたり、不動産投資やFX、株式投資などで副収入を得たりすることはもはや一般的となっています。中には副業では飽き足らず起業の道を目指す人もいるようです。

 

起業・副業において仕事を行う場所としては自宅やカフェを中心に検討する人も多いでしょう。スモール起業の場合には賃貸オフィス契約といった初期投資がかかることはリスクが高く敬遠されがちですし、副業は利用時間に制限がでてしまうことから、気軽にパソコンが利用できるような場所であればよい、というニーズにより上記のような場所に収まりがちです。

 

しかし自宅では「誘惑が多くて気分が乗らない」という状況に陥ったり、カフェでは「他人の会話が気になる」、「Wi-Fiが不安定」、「情報漏洩が不安」といった問題を抱えることから、最適なビジネス環境であるかという点において疑問符が付きます。

 

そこでレンタルオフィスががぜん注目を浴びています。月数万円でワーキングスペースが確保でき、法人登記も行えるレンタルオフィスもあることから起業を検討している方を中心に人気のオフィス形態の一つとなっています。特に2020年のコロナ禍ではテレワークやリモートワークが増え、会社に出社しないでOKの会社が増えました。この流れは2021年以降も続くとの見通しから、レンタルオフィスの個室スペースも争奪戦となっています。

 

都内の格安レンタルオフィス事情

レンタルオフィスは賃貸オフィスと違って「安い」イメージがあります。

 

しかしながら、「都心で値段の安いレンタルオフィスを探すのは難しそう」といったイメージから、レンタルオフィス探しをはじめから断念している人がいるのも事実です。

 

しかし最近は、そんなイメージを払拭する格安レンタルオフィスが都内にも増えています。

 

ここからは、都内にどんな格安レンタルオフィスがあるのか見ていきましょう。

 

レンタルオフォスの種類

まずレンタルオフィスの種類ですが、エグゼクティブ限定オフィスのようにハイクラス向けのものや開業支援がセットになった士業専門オフィスといったタイプのものがある一方、無駄を徹底的に排除したローコストのレンタルオフィスも多数存在しています。

 

格安レンタルオフィスの中には「初期費用0円、個室が2万円台~」といった破格の金額で借りられるものもあります。個室にこだわらなければフリーデスクプランで月額1万円以下といった激安レンタルオフィス(レンタルオフィスでなくシェアオフィスと呼ぶこともあります)も出てきていますし、格安にもかかわらず最寄り駅から徒歩12分で利用できるアクセスの良いオフィスも少なくありません。

 

格安レンタルオフィスの注意点

とはいえ格安レンタルオフィスが安いのには当然理由があります。一番は「設備がシンプル(乏しい)」ということでしょう。「エレベーターのない雑居ビルの一室に入っている」、「個室とは言えないパーテーションで仕切られたスペース」、「清掃がされている気配がない」、「無人」など、さまざまなコスト排除努力によって成り立っているのが格安レンタルオフィスだと思ったほうがよいです。

 

また格安レンタルオフィスはそのコストパフォーマンスの良さからすぐに空室が埋まってしまうことも多く、空きが出ない限り入居することができません。空室待ちをしている間に「ビジネス熱が冷めてしまった」、「他のエリアに引っ越すことになった」ということがあり得ます。

 

さらに利用料金自体は安くても、初期費用をはじめ契約保証料や月々の管理費・共益費などを別途徴収するケースもあり、「トータルコストで考えるとあまり安くなかった」「予算オーバーしてしまった」ということの無いよう、事前にリサーチしておくことをおすすめします。

 

これに加えて忘れてはいけないのが、レンタルオフィスへの移動交通費。

 

会社近くのレンタルオフィスを利用する方であれば気になりませんが、自宅から通うことになる起業予定の方であれば交通費を上乗せして考えないと「レンタルオフィス利用料は1か月1万円なのに、交通費が2万円かかる」といったことになりかねないので気を付けましょう。

 

その他

  • 経営実績が十分にない店舗だと、資金繰りなどの影響で突然閉鎖や移転になる可能性も考えられる
  • 法人登記や会社登記、銀行口座の開設不可のレンタルオフィスもあり
  • 秘書業務や電話・郵便物などの転送サービスは別途料金となる場合がある

 

といったことにも注意しておきましょう。

 

以下に都内にある格安レンタルオフィスの利用料金イメージや形態をピックアップしてまとめてみました。
レンタルオフィスを検討する際の参考にしてみてください。

 

都内の格安レンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 面積 人数 その他
レンタルオフィスA 秋葉原駅徒歩1~2

 

 

レンタルオフィス 月額28,000円~

-

1名~ 共益費無料

鍵付き個室

レンタルオフィスB 日本橋駅徒歩5 レンタルオフィス 月額28,000 1.88㎡ 1名 共益費別途
レンタルオフィスC 東京駅徒歩4 レンタルオフィス・コワーキングスペース・バーチャルオフィス 固定席

月額19,800

完全個室

月額54,800円~

-

1名~ 一部オプション設備有料
レンタルオフィスD 東陽町駅徒歩2 レンタルオフィス 月額25,000円~ 2.51㎡~ 1名~ 受付・電話対応無し
レンタルオフィスE 駒込駅徒歩2 レンタルオフィス 月額26,000円~ 2.81㎡~ 1名~ 受付、電話対応、OA機器の用意なし

 

コストパフォーマンスに優れたレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

以上のように、安いレンタルオフィスを検討するならば、「値段は安いがクオリティも低い」施設があることを理解しておく必要があります。もちろん安くて質の高いレンタルオフィスを見つけるに越したことはありませんが、都内にある無数のレンタルオフィスから最適なレンタルオフィスを選び出すのは難しいでしょう。

 

そこで都内で比較的安いレンタルオフィスを探している方にぜひご紹介したいのが、クオリティの高い秘書サービスや高級感あふれるオフィスラウンジ、交通アクセスの良さなどから幅広い層に支持される銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は、2000年から20年以上にわたって銀座で運営を続けるレンタルオフィス業界の先駆け的な存在。銀座6丁目のシンボル的存在である「銀座風月堂ビル」の5階で、450㎡のワンフロアーを利用したバーチャルオフィス機能付きレンタルオフィス(法人登記および銀行口座開設可)を運営しています。

 

レンタルオフィス業界の中でも豊富な実績を有する「銀座ビジネスセンター」の特徴を下記にまとめてみました。

 

コストパフォーマンスに優れた時間貸しレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」の個室利用の特徴は「時間貸し」であるということ。

 

一般的な個室利用のイメージは1か月固定の専用スペース貸しの人も多いと思います。その場合利用していない時間分もコストが発生していることになり、損している気分になることもあるでしょう。

 

しかし「銀座ビジネスセンター」には、専用個室は存在しません。事前予約の上利用時間分の料金を支払うだけでOKです。会員になれば1時間1,600円~という金額で完全個室スペースを利用することが可能となります。

 

「銀座ビジネスセンター」の月額利用料は月額1万円~となっておりますが、この金額には住所利用や郵便物・宅急便の転送対応、秘書による訪問者や電話の対応(プランによります)などのサービスが含まれていますので、普段はバーチャルオフィスとしての機能を有効活用しながら、打ち合わせや納期前に集中したい時だけ個室を使う、といった利用をする方もいるようです。

 

さらに「銀座ビジネスセンター」は、5分単位での料金精算となっていることや、キャンセル料がかからないといった点もコストパフォーマンスに優れたレンタルオフィスであることを伺わせています。

 

リーズナブルにもかかわらず高級感漂うレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」はリーズナブルな価格設定にもかかわらず、銀座という一等地にあることからクライアントや商談相手に与える印象を高めてくれるレンタルオフィス。

 

格安レンタルオフィスと大きく異なる点として、「使っているインテリアに高級感がある」、「外観やオフィス内装が好印象」、「常駐スタッフあり」、「完全個室が利用可能」といったポイントが挙げられます。

 

特に完全個室スペースが使えるのは、仕事環境にこだわる人であれば最大のメリットともいえるでしょう。ちなみに銀座に限らず都内で完全個室のレンタルオフィスを利用しようと思ったら1か月10万円は下りません。時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」だから可能となる最高のワーキングスペースをぜひ堪能してみてください。

 

まとめ

できるだけ安くレンタルオフィスを探しているのであれば、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」が断然おススメです。

 

「銀座の住所が使える」、「完全個室を利用できる」といった「銀座ビジネスセンター」は、仕事環境としてベストなレンタルオフィス。「同じ金額で利用できるなら最高の環境で仕事したい」という方はぜひ利用を検討してみてください。

おすすめの記事