石川県内でレンタルオフィスを探している起業準備中の方や、東京進出や全国展開を検討している石川県内の企業に向けて、東京のレンタルオフィス契約をするメリットについてまとめてみました。

 

石川県とはどんなところ?

石川県は中部地方に位置する南北に細長い地域です。その長さは東京駅~神戸駅間の距離に匹敵する距離であり、県北部の能登地方と県南部の加賀地方でそれぞれ異なる特徴を有しています。かつてこの地を治めた加賀藩が学問や文芸を奨励した背景から独自の文化が発達し、現在もなお「加賀友禅」や「金沢漆器」、「輪島塗」、「九谷焼」などの伝統技術が継承されていることでも有名です。

 

石川県の観光名所には、国の特別名勝に指定されている「兼六園」や七尾市にある「和倉温泉」、砂浜の波打ち際を走ることができる「千里浜」、日本三大朝市のひとつ「輪島朝市」などがあります。

 

2020年9月現在、石川県には4,186.05㎢の面積に 1,134,959人(33/47都道府県)が居住しています。

 

そんな石川県の県庁所在地であり最大の都市は「金沢市」。加賀百万石の城下町として栄え、現在もなお歴史的風情を残しながら、県内のビジネス・商業・行政の中心地としてユネスコの創造都市にも指定されている地域です。

主要駅であるJR金沢駅周辺には市役所や大手銀行、病院、企業などが集まり人通りの多いエリアとなっています。北陸新幹線の開通に伴い東京との距離が近くなったことで、観光客やビジネスでの利用者も増えています。

 

金沢市以外の主要エリアには、県第二位の人口を有する「白山市」、北陸工業地帯の一翼を担う「小松市」などがあります。

 

石川県にあるレンタルオフィス事情

石川県のレンタルオフィスやバーチャルオフィスは、金沢市に集中しているようです。他の北陸地域と同様に、自治体や公益財団法人などが運営するインキュベーション施設が多く、IT関連や新商品の研究開発などで創業したいと考えている人にとってはチャレンジしやすい環境が整っています。

しかし、インキュベーション施設は対象者が限定されており、誰でも入居できるわけではありませんので注意が必要です。

 

また、金沢市以外のエリアではレンタルオフィス、バーチャルオフィスともに見つけるのが難しく、利用したくても利用できないといったことも考えられます。そうした場合には、石川県内だけで探すのではなく別の方法を模索しなければなりません。

 

石川県内でなく東京のレンタルオフィスを使うという選択肢

石川県内で起業に向けて準備をしている方や、東京進出や全国展開検討している石川県内の企業が、東京のレンタルオフィスの利用について検討する場合には、次のようなケースが考えられます。

 

起業予定でレンタルオフィスを探している人の場合

近年、IT関連事業や士業、コンサルタントなどで起業を考える人が増えてきました。しかし石川県内にあるレンタルオフィスやバーチャルオフィスは数が少ないため、起業を考えたタイミングですぐに利用できる環境があるとは限りません。
その場合、石川県内で起業を試みるのではなく、東京のレンタルオフィスやバーチャルオフィスをうまく活用して法人登記を行う方法もあります。東京に住所があることによってブランド力が増し、クライアントの信用獲得や人脈形成にも有利に働きます。

 

地元の優良企業が東京進出に向けてレンタルオフィスを利用する場合

もう一つは、石川県内ですでに実績もあるような企業が、東京進出を目指して東京にレンタルオフィスによる拠点を作るケースです。

地方経済が衰退の一途をたどる中、地方企業に取って既存顧客だけで生き残っていくのには年々厳しくなってきています。そのような中、東京進出を目指すことで市場の拡大や新規顧客開拓に繋がるチャンスを手に入れることができます。レンタルオフィスであれば、リスクも少なくスピーディかつ低コストで東京の拠点を設けることを可能にしてくれることでしょう。

 

石川県内の企業が東京でレンタルオフィスを活用するメリット

石川県内から東京進出を目指す企業が東京のレンタルオフィスを利用するメリットには次のようなものがあります。

 

石川県の12倍以上と格段に大きい東京のマーケット

石川県の人口110万人に対し東京の人口は1,400万人とその差は約12倍にのぼります。地方のマーケットが飽和状態だと感じている企業にとって、東京の市場や人口規模は大変魅力的です。エンドユーザーだけでなく、パートナー探しにおいても多くの企業が存在している東京であれば有効な業務提携も可能となるでしょう。

 

レンタルオフィスを活用すれば新規事業のテストマーケティングが行える

石川から東京進出に成功すればビジネス拡大の大きな足掛かりになることは間違いありません。
しかし、いくら県内では向かうところ敵なしといった実績豊富な企業であっても、東京には競合となる企業も多くリスクも存在します。

そこで、東京へ本格的に進出する前に、レンタルオフィスを活用してテストマーケティングを行うといった利用方法もあります。自社製品が東京のマーケットで受け入れられるかどうか事前にテストしてから本格的に市場に参入すれば、事業の成功確率も高まります。

 

20年の運用実績を持つ東京銀座のレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

石川県から東京進出を考える企業にぜひおススメするのが、東京都中央区銀座にある「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年から運営スタートしたレンタルオフィス業界のパイオニア。最寄りの東京メトロ銀座駅B5番出口からは徒歩12分、JR有楽町駅からも徒歩5分圏内の好立地にあります。

羽田空港や新幹線の停車駅である東京駅や品川駅へもアクセスしやすく、地方や海外とも関わりが多い企業にとっては非常に便利なロケーションです。

 

東京のレンタルオフィスの中で「銀座ビジネスセンター」がおススメの理由

東京都内には数多くのレンタルオフィスがありますが、その中で「銀座ビジネスセンター」がおススメな理由として、以下のようなものがあります。

 

契約当日からオフィス立ち上げが可能

「銀座ビジネスセンター」の契約は非常に簡単。必要書類の提出や申込書の記入、捺印、入会金と基本料金の支払いを済ませるだけで即契約締結となります。保証人や保証会社も不要、更新料や保険料、保証金といった費用もかからず、面倒な手続きも一切ありません。スムーズにいけば即日で契約完了させることもできるので、スピーディにオフィスの立ち上げが可能となります。

 

また契約期間についての縛りはなく、1か月単位で利用(通知いただいた月の翌月末で契約終了が可能)できます。東京進出にかかるコストを最小限に抑えたい企業にとって「銀座ビジネスセンター」は最適なレンタルオフィスと言えるでしょう。

 

コロナ対策も心配なし。機密性の高い天井まで密閉された完全個室

レンタルオフィスの中には個室の上部分が開いているものや、単にパーテーションで区切られただけでプライバシー対策が施されていないところも少なくありません。このような環境では個人情報や機密情報を扱っている企業の利用には適しておりませんし、電話やZoom等の打ち合わせ時にも声が漏れてしまい不向きです。

 

しかし「銀座ビジネスセンター」にある22の個室は全天井まで密閉されており、重要な情報が洩れるようなことはありませんし、部屋自体も施錠ができるため、第三者が入ってくることもありません。
また、コロナ禍でソーシャルディスタンスやアルコール消毒といった対策も「銀座ビジネスセンター」なら安心。利用ごとに毎度清掃や徹底した消毒が行われ、感染対策もぬかりありません。

 

さらに密閉された空間ではあるものの、各部屋には窓が備え付けられており、自然光を取り込みながら快適な利用が可能です。

 

銀座ビジネスセンターまでの交通手段

石川県内から「銀座ビジネスセンター」への移動に関しては、新幹線または飛行機となります。

 

まず新幹線の移動ですが、金沢駅から東京駅までは約2時間30分で到着します。東京駅から「銀座ビジネスセンター」まではタクシーを利用しておよそワンメーターです。

飛行機での移動の場合、小松空港または能登空港から羽田空港まで約1時間10分のフライトとなります。羽田空港から銀座までは、東京モノレールを利用すると、浜松町駅で「JR山手線」に乗り換えて新橋駅まで約25分。新橋駅から「銀座ビジネスセンター」までは徒歩圏内です。京急線の場合には、エアポート急行で東銀座駅まで行き(35)、そこから徒歩または「東京メトロ日比谷線」で銀座駅まで1駅となります。

 

まとめ

石川県内でレンタルオフィスを検討している起業準備中の方や東京進出予定の企業にとって、東京都中央区銀座にある「銀座ビジネスセンター」は低リスクで東京オフォスが持つことができるレンタルオフィスです。

 

「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」を利用して、東京進出を実現してみるのはいかがですか?

おすすめの記事