レンタルオフィス千葉市

現在千葉市内を中心としてビジネス展開をしているといった方の中には「東京にも拠点を持ってビジネスを拡大したい」「東京にいるお客さんとの打ち合わせや商談に使えるオフィスを探している」という具合に、東京に拠点となるオフィスを構えたいと考えている方もいるでしょう。

しかしいざ東京都内にオフィスを持とうと思っても、賃貸オフィス契約では初期費用や月の固定費が高額になりがちで、現実的ではないと思い諦めてしまうことも少なくないようです。

しかし、賃貸オフィスよりもリーズナブルに利用できるレンタルオフィスであれば、東京都内であっても月5万円以下の料金で個室スペースが借りられるものもあり、コストを抑えながら東京の拠点づくりを実現できます。また、レンタルオフィスの多くでは、オフィス家具やコピー機、FAX、プロジェクターなどのオフィス備品も一通り揃っており、パソコンやスマホなどの端末を持参すれば、身一つですぐにビジネス利用が可能な点も大きな魅力となっています。

今回は、マーケット拡大や都内での拠点づくりを考えている千葉市内の既存企業、スタートアップ企業の方に向けて、東京にあるレンタルオフィスの現状やおすすめのレンタルオフィスについてご紹介します。

千葉市とはどんなところ?

千葉市は千葉県の中央部に位置する市であり、千葉県の県庁所在地および政令指定都市となっています。国家戦略特区やグローバルMICE都市などさまざまな特区・都市に指定されており、東関東を代表する経済・文化の中心都市です。

2021年10月現在、千葉市には978,013人が居住しており、都心のベッドタウンとして機能している部分も少なからずありますが、東京周辺のほかの地方都市と比べると比較的昼間人口も多く、都心に依存しない独自の経済圏や商業圏を築いているのが特徴です。

市内にはビジネスエリアや商業エリア、港湾・工業エリア、文教エリアなどが点在するほか、東京都心と成田空港の中間地点に位置する立地を生かし、国際戦略に重要な施設も集積しています。また近年は、電子回路や情報処理などの最先端技術産業にも力を入れており、関連企業が数多く進出しているようです。

千葉市内のレンタルオフィス事情

千葉市のレンタルオフィスやバーチャルオフィスは、市内の中心駅である「千葉駅」に集積しており、その他のエリアだと「海浜幕張駅」「幕張本郷駅」などにわずかに存在しています。いずれも駅から近く利便性が高いのが特徴ですが、それ以外の場所にはレンタルオフィスがほとんどないため、中心駅の個室レンタルオフィスは争奪戦になりがちです。

また設備やサービスは充実しているものの、ホームページに料金をあえて公表していなかったり、オプション利用料を含めたトータル金額は要問い合わせとなっていたりするレンタルオフィスも多いため、希望条件に合ったレンタルオフィスを探し出すのはかなり骨の折れる作業となるでしょう。

参考までに、千葉駅周辺にあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などを下記に記載しましたので、気になる方はチェックしてみてください。

千葉市内にあるレンタルオフィス料金イメージ(千葉駅周辺)

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 千葉駅直結 レンタルオフィス、貸会議室、コワーキングスペース コワーキング全日プラン月額13,200

※個室ブースは現在満室

1名~ 文具やアダプター等の一部備品は無料貸し出し

ドロップインOK

登記不可

レンタルオフィスB 千葉駅から徒歩1 レンタルオフィス、コワーキングスペース 個室プラン月額36,300円~

※固定席の空席なし

1名~ 24時間365日利用可能

ドロップインOK

登記や郵便物転送などの各サービスは別途料金

レンタルオフィスC
千葉駅から徒歩4 自習室、レンタルオフィス、コワーキングスペース 貸しデスク

月額13,400円~

レンタルオフィス

月額32,780円~

1名~ 24時間利用可能

登記可能

ロッカーや複合機、会議室利用は別料金

レンタルオフィスD 千葉駅から徒歩4 貸し会議室 カンファレンスルーム1時間6,600円~(詳細は要問合せ) 1名~81 会議室4部屋完備

ビジネス備品完備

レンタルオフィスE 千葉駅から徒歩5 レンタルオフィス、コワーキングスペース、バーチャルオフィス 要問合せ 1名~ 多拠点利用可能

ビジネス備品完備

事務管理サポートあり

コストを抑えつつ東京に拠点が持てる時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

上記のように千葉市内にもレンタルオフィスは存在しますが、料金設定が複雑だったり、個室が満室だったりとオフィス利用までの道は前途多難なことも。また月額料金も東京のレンタルオフィスと比べてみても同じぐらいであり、ビジネス戦略的に考えても都内にあるレンタルオフィスを検討するのが合理的です。

そこで千葉市内を拠点としている方の東京の拠点としておすすめなのが、東京都中央区銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年から銀座でレンタルオフィス運営を続けている業界のパイオニア。中小企業経営者を中心に、士業や個人事業主、地方企業のサテライトオフィス、バーチャルオフィス利用まで可能、といった幅広いニーズに応えられるレンタルオフィスとなっています。

ユーザーからの厚い信頼と豊富な運営実績を誇る「銀座ビジネスセンター」は、銀座6丁目の「銀座風月堂ビル」の5階にあります。最寄り駅となる東京メトロ銀座駅B5番出口からは徒歩で2分、JR有楽町駅からも徒歩5分で、千葉市内からの移動も比較的スムーズです。さらに新幹線の停車駅である東京駅や品川駅、羽田空港からも30分圏内と利便性も良く、国内出張もしやすい場所として非常に便利です。

東京都内には数多くのレンタルオフィスがある中でもなぜ「銀座ビジネスセンター」がおすすめのレンタルオフィスなのか、その理由についていくつかまとめました。

分かりやすい4つの料金プランを持つレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は、全部で22ある個室スペースや会議室を必要な時に必要な分だけ借りられる、都内でも珍しい時間貸しタイプのレンタルオフィスです。
料金プランは月額「11,000円」「22,000円」「27,500円」「55,000円」の4つのタイプが用意されており、それぞれ内容は異なりますが、事業規模や用途に合わせた形で柔軟に選択することができます。
また、千葉市内のレンタルオフィスではオプション料金が取られることも多い「法人登記」や「郵便物・宅配便の受取・転送」も、「銀座ビジネスセンター」であればどのプランでも利用可能ですので、煩わしい料金計算もいりません。

個室の利用に関しては、月額料金とは別途かかってしまいますが、1時間1,760円~という価格で、防音対策やセキュリティ対策がしっかりされた完全密閉個室を借りることができます。料金精算は5分単位であることや、キャンセル料が発生しないため、無駄なコストがかからないのも銀座ビジネスセンターの魅力となっています。

会員の中には普段はバーチャルオフィスとして活用し、都内で打ち合わせがある場合にだけ個室を使用するという方もいらっしゃいますので、千葉市内でビジネスをされている方には、都内の拠点としてまさに理想的なレンタルオフィスと言えるでしょう。

即日オフィス立ち上げが可能なレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は、必要書類の提出や申込書の記入、捺印、入会金と基本料金の支払いのみで契約締結するレンタルオフィスです。通常の賃貸オフィス契約とは異なり、契約に際しての保証人や保証会社が必要なく、更新料および保険料、保証金もいりません。地方や郊外を拠点とする企業や個人事業主の方でも、特に問題なければ即日契約が可能です。

大量の書類を用意したり、契約のために何度も足を運んだりする面倒がなく、スピーディーにオフィス立ち上げができるのは大変便利。「銀座ビジネスセンター」なら、オフィス家具やビジネスツールも完備のため、最小限のコストで東京銀座にビジネス拠点を持つことを可能にします。

千葉市内から銀座ビジネスセンターまでの交通手段

千葉市内の中心駅である千葉駅から「銀座ビジネスセンター」までの移動手段ですが、JR総武快速線で東京駅までは約40分、山手線に乗り換えて隣の有楽町駅までは2分です。

まとめ

東京に拠点を持つことを検討する千葉市内の企業または個人事業主の方で、コストをあまりかけずに利用できるオフィスをお探しなら、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」がとてもおすすめです。

「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」なら、月額11,000円~の料金にて「銀座アドレスが利用できる」「銀座のオフィスでミーティングが行える」といったことを即座に実現することが出来ます。東京にオフィスがあるというイメージを大切にしたい、と考えるなら、ぜひ「銀座ビジネスセンター」の利用を検討してみませんか?

おすすめの記事