熊本県内でレンタルオフィスを探している起業予定の方や、東京進出を検討している熊本県内にある企業に向け、東京のレンタルオフィス契約をするメリットについてまとめてみました。

 

熊本県とはどんなところ?

熊本県は九州のほぼ中央に位置する県です。福岡・大分・鹿児島・宮崎、有明海を隔て長崎県と県境を接しており、九州で最も多く隣接する県を持つ自治体となっています。県の周辺は、有明海や東シナ海などの海洋と阿蘇山をはじめとする山々に取り囲まれ、農業・漁業・畜産などで栄えてきました。

 

熊本県の観光名所としては、日本三名城の一つとされる「熊本城」、カルデラを伴う大型の複成火山「阿蘇山」、本殿など5棟が国宝に指定されている「青井阿蘇神社」、キリシタンの島として多くの史跡が残る「天草諸島」などが有名です。

 

2020年9月現在、熊本県には7,409.45㎢の面積に 1,737,516人(23/47都道府県)が居住しています。

 

そんな熊本県の県庁所在地であり最大の都市は「熊本市」。熊本市は、福岡市・北九州市に次ぐ九州第三の都市であり、熊本城周辺を中心に繁華街が広がっています。同市の玄関駅は「熊本駅」であり、九州新幹線や在来線の特急列車、観光列車が停車する県内最大のターミナル駅です。駅周辺は、合同庁舎の移転や商業施設などの開業、新駅ビルの建設など再開発が進められており、更なる発展が期待されています。

 

熊本市以外の主要エリアには、田園工業都市として知られる「八代市」、熊本市・八代市に次ぐ人口を有する「天草市」などがあります。

 

熊本県にあるレンタルオフィス事情

熊本県のレンタルオフィスやバーチャルオフィスは熊本市の中心部に集中しています。最寄り駅や市電の停留所から徒歩圏内にあるものが多く、ほとんどのレンタルオフィスでは法人登記と個室レンタルが可能となっています。

熊本市外には、県や独立行政法人の出資で設立されたインキュベーション施設がわずかに存在しており、比較的安価な値段でレンタルすることが可能ですが、「創業から1年以内」「書類および面接による選考が必要」などの制約条件があり、誰もが借りられるというわけではありません。

 

熊本県内でなく東京のレンタルオフィスを使うという選択肢

熊本県内で起業を考えている方や、東京への進出を検討しているである熊本県内にある企業が、東京のレンタルオフィスの利用をするケースには、次のようなことが考えられます。

 

起業予定でレンタルオフィスを探している人のケース

個人が起業を考える際、自宅またはレンタルオフィスで法人登記をするということが一般的です。自宅での登記を好まない場合、レンタルオフィスを選択することになりますが、熊本県内のレンタルオフィスやバーチャルオフィスは数が限定されており、選択肢はそれほど多くありません。さらに熊本市以外の場所では、借りたくても借りる場所がないため、起業に対して暗雲が立ち込めてしまうそんなことがあるかもしれません。

 

しかし、熊本県内で法人登記をするのではなく、あえて東京のレンタルオフィスやバーチャルオフィスを利用して法人登記をするという方法があります。バーチャルオフィス機能があるレンタルオフィスであれば、熊本にいながら東京のアドレスを持つことができます。東京にオフィスがあるというだけで箔が付き、クライアント獲得に有利にとなるだけでなくビジネスチャンスが格段に多くなります。

 

熊本県内でも知名度がある企業が東京進出にレンタルオフィスを利用する場合

熊本県内で知名度もそこそこある企業が、東京のレンタルオフィスを利用して更なる事業発展を図ろうとするケースでもレンタルオフィスが有効です。
東京のレンタルオフィスを活用することで、わざわざ面倒かつ高コストな賃貸オフィス契約をしなくても東京での拠点を作ることができ、東京での事業スタートをスピーディに行えます。このように地方企業が東京のレンタルオフィスを上手に活用して、東京での拠点を作るというケースは昨今増えており、ニーズが高いことがうかがえます。

熊本県内にある優良企業が東京のレンタルオフィスを活用するメリット

熊本県内では知名度や実績があるものの、販路拡大のため新たに東京のマーケットを狙いたいと考えている企業もあるのではないでしょうか。そのような企業が東京のレンタルオフィスを利用するメリットには以下のようなものがあります。

 

地方と比べて格段に大きな東京マーケットでビジネスができる

熊本県の人口170万人に対し、東京の人口は1400万人とおよそ8倍近い人口差があります。

そのため、東京市場ならビジネスチャンスは熊本県内に比べても豊富に存在し、新たな販路や顧客獲得を見込むことができます。熊本県内や九州各地に営業に行くとなると、車で何時間もかけなければなりませんが、東京であれば電車での移動手段も充実しており、都内近郊であれば1時間程度で簡単に移動ができるため、効率的に新規顧客開拓することが可能です。

 

自社商品のニーズを把握するのに有効なレンタルオフィス

いざ東京進出するとしても、東京には競合となる企業も多いことや、全く東京に人脈がない状態でビジネス展開をする場合に事業が成功する確率は決して高いとは言えません。そのため、自社サービスが東京エリアで受け入れられるかどうか事前に確認した上で本格的な東京進出を検討したい企業もいるのではないでしょうか。

その際にレンタルオフィスを利用すれば、賃貸オフィス契約よりも低コストで東京での拠点を持つことができ、テストマーケティングを行うことが可能です。

 

東京銀座で20年運営し続けている「銀座ビジネスセンター」とは?

熊本県から東京進出を考える企業にぜひおススメなのが、東京都中央区銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年から運営スタートし20年の歴史があるレンタルオフィス。

住所ですが、銀座6丁目の「銀座風月堂ビル」の5階、最寄りの東京メトロ銀座駅B5番出口からは12分、JR有楽町駅からも5分の場所にあります。銀座一丁目駅や新橋、東銀座といった駅からもアクセス可能です。

また、羽田空港や新幹線の停車駅である東京駅や品川駅へも行きやすいロケーションで、国内外への出張がある企業には非常に便利と言えるでしょう。

 

東京のレンタルオフィスの中で「銀座ビジネスセンター」を一押しする理由

東京都内には数多くのレンタルオフィスが存在していますが、その中でも「銀座ビジネスセンター」を一押しする理由には以下のようなものがあります。

 

個人情報の取り扱いをする仕事の方にも安心!セキュリティ面でも安心な完全個室が利用可能

「銀座ビジネスセンター」は不特定多数が利用するようなシェアオフィスではなく、会員のみが利用できる限定された環境下にあるレンタルオフィスです。

そのため、コロナ禍でソーシャルディスタンスが叫ばれている中でも、天井まで密閉された完全個室が利用できる安全性の高いレンタルオフィスとして非常に安心できる点がポイント。

レンタルオフィスの多くは個室利用とうたっているものの単にパーテーションで仕切ったエリアが与えられるものや、隣との仕切り部分の上半分が開いているところも普通に存在しています。そのため電話の際や打ち合わせで隣に声が漏れてしまう、反対に隣の声がうるさくて仕事にならないといった問題が発生しがちです。

 

しかし、「銀座ビジネスセンター」は22の各部屋が完全密閉された個室空間であるため、プライバシーを保つことができます。オンラインミーティングやSkypeLINEによる通話などパソコンやスマートフォンでのやり取り時に他人の目が気になることはありません。

 

事業規模や利用用途によって選択可能な3つのプラン

「銀座ビジネスセンター」は、22ある個室スペースや会議室といった必要な部屋を、必要な時に必要な時間だけ借りることができる時間貸しのレンタルオフィス。3つのプランの中から、利用用途に合わせたものを選んで利用することが出来ます。

たとえば、作業は自宅や近所のレンタルオフィスやシェアオフィスを活用し、銀座ビジネスセンターのバーチャルオフィス機能だけが利用したいといった場合には、月額10,000円のプランを選びましょう。すべてのプランに常駐秘書の受付対応や法人登記・口座開設、郵便物や宅配物の受取や転送サービスが含まれていますので、法人としては銀座のアドレスを活用できますし、商談や面談時には個室スペースをレンタルして利用するといったことができます。

 

月額10,000円のプラン

バーチャルオフィスとして利用したい方に向けたプランです。法人登記や銀行口座開設が可能なほか、秘書による受付対応や、郵便物・宅配物の受取、転送対応が可能です。

 

月額25,000円のプラン

上記10,000円プランに電話・FAXサービスが追加されたプランです。東京03のナンバーが利用できるので、地方に在住しながら東京の企業としての立ち振る舞いが可能です。

 

月額50,000円のプラン

上記25,000円のプランに、個室利用20時間分(4人部屋想定)が付いています。個室利用が必須となる企業にとっては最もお得なプランと言えるでしょう。

 

銀座ビジネスセンターまでの交通手段

熊本県内から「銀座ビジネスセンター」への移動に関しては、飛行機での移動が便利です。

 

熊本空港から羽田空港までは約1時間40分のフライトです。羽田空港から銀座までは、東京モノレールを利用すると、浜松町駅で「JR山手線」に乗り換えて新橋駅まで約25分。新橋駅から「銀座ビジネスセンター」までは徒歩圏内です。

また京急線の場合には、エアポート急行で東銀座駅まで行き(35)、そこから徒歩または「東京メトロ日比谷線」で銀座駅まで1駅です。

 

まとめ

熊本県内でレンタルオフィスを検討している人やこれから東京進出を狙う企業にとって、東京都中央区銀座にある「銀座ビジネスセンター」は用途によってフレキシブルに利用することが出来るレンタルオフィスです。

 

「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」を利用して本気で東京進出を目指してみるのはいかがですか?

おすすめの記事