新型コロナウイルスの流行に伴う外出自粛等をきっかけに、仕事がテレワークやリモートワークとなったり、副業を始めたり、起業を検討したりする人の割合は日々増加しつつあります。当然ながら八丁堀近辺に勤務地や自宅がある方の中にも、家や近隣のカフェなどを利用しパソコンで仕事をしている人も多いのではないでしょうか。

しかし自宅にいては「家族がいて仕事に集中できない」「テレビやマンガといった誘惑が多くて作業が捗らない」といったケースは大いにありますし、カフェなどのオープンスペースでは「セキュリティ面が気になる」「Wi-Fi環境が安定しない」等の理由からストレスを感じることも多々あるようです。

そんな場合には、自分専用のワークスペースを確保できる「レンタルオフィス」を活用してみるのはいかがですか?
施錠可・防音対策されたレンタルオフィスであればセキュリティ面は万全ですし、オフィス家具やビジネスツールが揃っているところであれば、パソコンやスマホだけで持参してもすぐに仕事をスタートできます。

今回は八丁堀でワークスペースを探している方を対象に、八丁堀エリアのレンタルオフィス事情とおすすめのレンタルオフィスについて紹介していきます。

八丁堀ってどんなエリア?

「八丁堀」とは東京都中央区にある地域であり、八丁堀1丁目~4丁目までが存在しています。
八丁堀という名前の由来は、かつて当該地域に神田と日本橋の境となる堀があり、その長さが約8町分(およそ873m)あったことから名付けられたようです。

現在の八丁堀は、出版社をはじめとする企業のオフィスや証券会社の本社ビルなどが多く集積。日本を代表するビジネス街の1つと言っても過言ではありません。エリア内のメイン駅となる八丁堀駅にはJR線および東京メトロ日比谷線が乗り入れており、都内はもちろんのこと千葉方面にもアクセスしやすくなっています。

銀座や日本橋、東京駅も徒歩圏内と極めて近いことから、今もなおオフィスの立地場所として高い人気を誇る「八丁堀」。最近では超高層のタワーマンションが建設されるなど、街の再開発も活性化しており、さらなる街の発展が期待されています。

八丁堀のレンタルオフィス事情

東京駅や日本橋が近いビジネス街ということもあって、八丁堀のレンタルオフィスは比較的多めです。しかし銀座や新宿といった知名度の高いビジネス街に比べると、利用料金はややリーズナブルであり、オフィスの利便性を重視しながらもコストは安く抑えたいといったニーズに応えてくれるエリアだと言えます。

ただし企業を対象としたオフィスも多いため、個人事業主や副業利用、リモートワーク利用などには適するオフィスかどうかはしっかり自身の目でしっかりと見極めたいところ。
また人気のエリアということもあって、ほとんどのレンタルオフィスはほぼ満室状態。退去予定見込みの部屋も少なく、空室が出てもすぐに埋まってしまいやすく、借りたいタイミングですぐに個室が借りられるとは限らない点も注意しておきましょう。

以下に八丁堀エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめましたので、検討の際には参考にしてみてください

八丁堀エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

  エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 八丁堀駅から徒歩1分 レンタルオフィス 要問合せ 1名~ 事務所やオフィスの利用に最適

ワンフロアワンオフィス

複数駅利用可能

レンタルオフィスB 八丁堀駅から徒歩2分 レンタルオフィス、シェアオフィス、コワーキングスペース レンタルオフィスの月額料金は要問合せ

 

コワーキングスペースは15150円~

1名~ キッズスペースあり

企業サテライトオフィスとしての利用可能

ドロップイン利用OK

レンタルオフィスC 八丁堀町駅徒歩4分 レンタルオフィス、コワーキングスペース 1名用個室

月額36,300円(税込)+共益費

※空室の値段

1名~ 42室のレンタルオフィス

オフィス家具付き

6名用会議室あり

レンタルオフィスD 八丁堀駅から徒歩7分 レンタルオフィス、シェアオフィス、コワーキングスペース、バーチャルオフィス 3名用レンタルオフィス月額88,000円(税込)+管理費別途

※空室の値段

1名~

 

起業家向けレンタルオフィス

専用エアコン、家具付き

登記可能

レンタルオフィスが満室で利用できない!と悩んでいる人へおススメの「銀座ビジネスセンター」とは?

八丁堀エリアには土地柄もあって多くのレンタルオフィスが存在しています。また新宿や渋谷、銀座、六本木といったエリアに比べると値段はリーズナブルなのが魅力です。

しかしながら、レンタルオフィスを検討する際に最も悩まされるのが「空きがあるかどうか」という点。利用したいと考えたところで、空きがなければ利用することはできないのです。
中には空きが出るまで待つ、という方もいらっしゃると思いますが、3か月・半年待つことになればその間に、気持ちだけでなく自身を取り巻く環境も大きく変わってしまいます。
レンタルオフィス契約を考えているなら、できればすぐに利用したいものです。

そんな方におススメしたいのが、八丁堀から10分程度で行ける、銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」。

「銀座ビジネスセンター」は2000年にスタートし、現在に至るまで20年以上にわたって運営し続けているレンタルオフィスです。銀座の超一等地と言われる銀座6丁目「銀座風月堂ビル」5階という最高のロケーションにあり、450㎡の広さのワンフロアーを利用したレンタルオフィスに加えバーチャルオフィスも併設して展開しています。

そのため、都内や東京近郊の利用者だけでなく、地方企業のサテライトオフィスといった具合に、幅広く利用されています。また最寄り駅の東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からも徒歩5分となっているため、交通アクセスも申し分ありません。

ここからは「銀座ビジネスセンター」をおススメする理由について、以下にまとめています。

代表自ら利用希望者にお会いして審査および説明を行ってくれるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」の安心ポイントの一つに、利用を希望する方には代表自らがお会いし、レンタルオフィスに関しての詳しい説明を親切・丁寧に行ってくれる点があります。

中身を直に見ることなく、インターネットで簡単に申込申請が可能なレンタルオフィスも実際にはありますが、契約を焦ってしまい、のちに後悔してしまうようでは後の祭り。法人登記をしようものなら、一度契約してしまうと簡単には解約するのが難しくなってしまいます。

しかし「銀座ビジネスセンター」では、しっかりと納得いくまで不明点や疑問点を解消する場がありますので、とても安心です。

銀座エリアなのに非常にリーズナブル!安心料金体系のレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は、銀座エリアという土地柄、料金が高いのでは?と思ってしまいがちですが、実は月額11,000円~の料金で銀座にオフィスを持てるレンタルオフィス。

利用プランは3つあり、一番高いもので月額55,000円となりますが「法人登記できるところを利用したい」「個室利用は週に1回程度でOK」といった方なら月額11,000円のプランでも十分利用メリットがあります。
個室利用は、1時間1,760円~の料金がかかるものの、完全密閉型で防音対策・セキュリティ対策がしっかりされた個室利用が可能です。

八丁堀から銀座ビジネスセンターまでの交通アクセス

八丁堀から「銀座ビジネスセンター」までの移動手段ですが、東京メトロ日比谷線で銀座駅まで5分で到着します。八丁堀から銀座までは歩いて行ける距離でもあるため、場合によっては徒歩移動もありかもしれません。

まとめ

八丁堀エリアでレンタルオフィスを検討しているなら、八丁堀からわずか5分で行ける時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」をおススメします。

「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」なら法人登記も行えますし、バーチャルオフィスとしても利用可能。にもかかわらず月額11,000円~の料金で銀座にオフィスを構えられるとあって、契約しない手はありません。ビジネス環境として申し分ない「銀座ビジネスセンター」を利用して、仕事の精度を高めてみませんか?

おすすめの記事