シェアオフィスとは?

昨今の働き方改革やコロナ禍におけるテレワークの普及に伴い、数年前と比べても自宅やカフェ、ファミレスなどで仕事をしている人の割合も増えてきたように感じます。

気軽にそれも低コストで利用できるそれらのワーキングスペースは、使い勝手が良い反面、「趣味などの誘惑が多くて仕事に集中できない」「他の人の存在が気になってしまう」など、仕事環境として快適とは言い側面も持っています。

そんな中、自宅やオープンスペースに代わるワークスペースとして近年注目されているものに「シェアオフィス」があります。シェアオフィスは、オフィス家具やビジネスツール(筆記用具・コピー機・プロジェクターなど)が整ったワークスペースがリーズナブルな金額で利用することができるため、事業固定費を抑えたい方にはとても人気です。

今回はシェアオフィスの概要やサービス内容、契約時の注意点について詳しく見ていくとともに、東京都内でオフィスを検討している方に、シェアオフィスと類似した存在ながら利便性の高い「レンタルオフィス」についても併せて紹介していきます。

シェアオフィスとは?

シェアオフィスとは、英語の「Shared Office」の略であり、さまざまな企業や個人事業主などが集まってオフィス空間を共有(シェア)できるスペースのことを指しています。

最近はコワーキングスペースやレンタルオフィスなど多様なオフィス形態が登場しているものの、シェアオフィスでは「特定の個室スペースを持たずにフリーアドレスで利用できる点」が大きな特徴となっています。自分専用の個室スペースはなく、他の企業や個人事業主との交流を頻繁に行うことができるため、事業コラボレーションやビジネスに関する有益な情報といった思いもよらぬ化学変化が起こる可能性もあります。

また最近は「ドロップイン」といった時間単位で精算を行うシェアオフィスも増えており、賃貸オフィスや個室レンタルオフィスに比べても安価な料金で利用できるものもあります。資金に余裕がなくても気軽に契約できるとあって、スタートアップ企業から個人事業主、ノマドワーカー(特定のオフィスを持たない労働者)などから人気となっています。

しかし「個室を利用して静かな環境で作業に没頭したい」「機密情報や個人情報を扱う仕事をしており、不特定多数の出入りがあるオフィスは避けたい」といった方にはシェアオフィスは不向きです。中には「シェアオフィス=カフェなどのオープンスペースとあまり変わらない環境」と感じる方もいるようです。一部では個室が用意されているシェアオフィスもありますが、その数は非常に限定されており空室の期待はあまりできないと思っておきましょう。

シェアオフィスのサービス内容

オフィススペースの利用以外に受けられるシェアオフィスの主なサービスには以下のようなものがあります。

  • 郵便物の受取、保管、転送
  • 電話やFAX対応などの秘書サービス

それぞれ詳しく見ていきましょう。

郵便物の受取、保管、転送

シェアオフィスの中には住所利用ができるところも少なくありません。住所利用ができるシェアオフィスでは、受付秘書がユーザー宛の郵便物の受け取りや転送を定期的に行ってくれますので、打ち合わせや営業による外出や出張の多い方でも、スタッフが代わりに受け取りをしてくれる大変便利なサービスです。

しかし大抵のシェアオフィスでは、郵便物受け取りがオプション料金となっていることもあって契約時には確認が必要です。「郵便物受け取りサービス」と大々的に謳っていても、全ての手紙や宅配便を受け取ってくれるとは限りません。たとえば「本人の署名が必要な郵便物の受け取りは不可」であったり「書留や特定記録郵便の転送はお断り」といった何らかの制約を設けているシェアオフィスもあります。受け取りや転送条件は事前にしっかり確認しておきましょう。

電話やFAX対応などの秘書サービス

シェアオフィスでは秘書による電話対応のあるところもあります。具体的なサービスとしては「打合せ中の電話代行」や「専用携帯電話への転送」「留守番電話サービス」のほか、「専用番号(固定電話)の用意」や「FAX対応・転送」などがあります。

こちらも郵便物対応と同様にオプション料金となっているケースがほとんどですが、シェアオフィスの秘書が事務業務を代行してくれるため、新たに事務スタッフを雇う必要がなく効率的にビジネスが進められるとあり、多くの方に重宝されているサービスのひとつです。

個室や気密性をシェアオフィスよりレンタルオフィス

以上のように、シェアオフィスはフリーアドレスということもあり、気軽に利用できる反面、個室利用等の気密性の高さを期待することはできません。そのため、業務内容的に個室利用を求めたい方、またコロナ防止を考慮して個室を利用したい方は他のオフィス形態を選択した方がよいかもしれません。

そんな方におすすめなのが「レンタルオフィス」。シェアオフィス同様、賃貸オフィスに比べるとリーズナブルで利用できるレンタルオフィスなら個室利用が基本ですので、不特定多数の人と接することなく集中して仕事が出来る環境が確保できます。

そんなレンタルオフィスの中でも特におすすめしたいのが、東京銀座にある「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は2000年にスタート、格式高い銀座エリアで20年以上にわたり運営し続けている歴史あるレンタルオフィスです。東京メトロ銀座線の銀座駅から徒歩2分、JR有楽町駅からは徒歩5分、銀座一丁目駅や東銀座駅、新橋駅なども利用圏内となる利便性高い点が魅力のレンタルオフィスです。

月額利用料金は11,000円からで、利用形態やサービス内容によって4つのプランが存在します。すべてのプランにおいて、バーチャルオフィスとして利用できるサービス内容(法人登記や銀行口座開設に必要な銀座アドレスの利用、郵便物の受取・転送対応等)が備わっています。

そんな「銀座ビジネスセンター」の利用が、シェアオフィスを利用するよりおすすめな理由について下記に簡単にまとめてみました。

完全密閉型の個室スペースなのにリーズナブル!時間貸しのレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は全部で22ある個室スペースや会議室が必要な時に必要な時間だけ利用可能な時間貸しタイプのレンタルオフィス。完全密室型個室スペースが用意されているので、防音やセキュリティ面においては申し分ありません。昨今多くの企業間で多用されているオンラインミーティングもシェアオフィスと違って思う存分行えます。

また「銀座ビジネスセンター」は時間貸しという形態のレンタルオフィスのため、1時間1,760円~の料金での利用が可能。料金精算は5分単位となっており、たとえば予約した時間が2時間だったにもかかわらず1時間45分しか利用しなかった場合、残り15分の料金は発生しません。さらにキャンセル料も一切不要となっていますので、コスト面での不安がある方には「銀座ビジネスセンター」は非常にありがたい存在です。

使いたい時にいつでも個室利用が可能なレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」の営業時間は月曜から土曜日の朝9時~20時45分まで。この間であれば個室利用をしたい日に合わせて、電話もしくはメール等で事前予約を行えば個室の利用が可能です。「銀座ビジネスセンター」は、電話またはメールで利用したい日時と利用者の名前を伝えるだけで予約完了する勝手の良さが魅力。予約はネットからのみ、といったところも増えていますが、利用者によっては「ネット予約は面倒」という方もいるため、その点ではとても安心です。

まとめ

「オフィスコストをできるだけ安く済ませたい」というニーズにあやかってシェアオフィスを検討していたという方でも、個室スペースがリーズナブルに利用できるのであれば「レンタルオフィス」を選択したい!と思っている方も中にはいるでしょう。

レンタルオフィス・銀座ビジネスセンター」であれば、月額11,000円~で銀座アドレスを利用できるだけでなく、完全密閉され防音対策がしっかりされた個室を1時間1,760円~の料金で利用できます。

「シェアオフィスのようなフリーアドレスは苦手だ」「オンラインミーティングを気兼ねなく行いたい」という方は、ぜひ「銀座ビジネスセンター」の個室利用がおすすめです!

おすすめの記事