甲府市在住で起業を検討している方、甲府市内ですでにビジネス展開をされている企業や個人事業主の方、ビジネスを大きくしたいのであれば東京進出は避けては通れない道です。しかし東京進出はリスクも高く、なかなか踏み出すのが難しいと躊躇している人も多いのではないでしょうか?

しかし、レンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスを上手に活用することで、東京の拠点をスピーディーに、かつリーズナブルに構えることは可能となります。

 

ここでは甲府市についての現状データを見つつ、甲府市以外での商圏拡大に向けて、東京に拠点を作ることを可能にするレンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィス活用術についてまとめてみました。

 

甲府市の概要

甲府市は山梨県の国中地方に位置する市であり、同県の県庁所在地です。

首都圏整備法上首都圏に属する地域であるため、関東の嗜好性が強いエリアとなっています。

 

山梨県の中央を南北に縦断する甲府市は、周囲を奥秩父山塊や南アルプスの山々に囲まれているのが特徴です。市の北側の大半は秩父多摩甲斐国立公園に属しており、公園内にある御岳昇仙峡は国の特別名勝に指定されています。

自然豊かなイメージが強い甲府市ですが、かつてこの地を支配していた武田氏によって保護された寺院や城などの歴史的建造物が多く分布することでも有名で、中でも浄土宗の甲斐善光寺や、時宗寺院の一連寺などは観光名所の1つとなっています。

 

そんな甲府市には202010月現在、約212.47㎢の面積に187.103人が居住しています。中核市の条件である人口20万人未満でありながら、2019年より特例市から中核市へと移行しました。

 

甲府市の中心市街地となるのはJR甲府駅周辺。特に駅南口にある丸の内地区と中央地区は、行政機関やオフィスビル、商店街が立ち並ぶ人気のエリアです。しかし近年では、ストロー化現象により東京方面への人口流出が著しく、かつてほどの賑わいは見られなくなってきています。

 

甲府市内の交通事情

山梨内には空港がなく、空路を利用する場合には、近隣県にある信州まつもと空港や富士山静岡空港を利用することになります。一見不便には見えますが、都心との鉄道路線は充実しており、特急を利用すれば八王子駅まで1時間、新宿駅までは1時間40分で行くことができます。

 

特急列車をはじめ、乗り入れ路線の全列車が停車する甲府駅は市内を代表する駅であり、JR東日本とJR東海の共同使用駅で、市内および県内外を結ぶ主要ターミナルとして機能しています。

 

甲府市内にあるレンタルオフィス

甲府市にはコワーキングスペースとインキュベーション施設がわずかにあるだけで、レンタルオフィスやバーチャルオフィスを見つけることはできません。コワーキングスペースやインキュベーション施設は、両者とも費用や入居条件の面でハードルがあり、例えばコワーキングスペースならば専用デスクを持つだけで月額30,000円以上のコストが必要となりますし、インキュベーション施設は利用期間が1年以内と決められています。

 

そのためレンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスを活用してビジネスを大きく展開したいと考えている人や企業にとって有効な選択肢にはなりにくいでしょう。

 

甲府市以外に東京での拠点を持つメリット

近年、甲府市は財政難だと言われています。その背景には、

 

メリット
  • 甲府市内に本社を置く企業が少ない
  • 商業施設や工場の閉鎖が相次いだ
  • 地価の下落による固定資産税の減少
  • 人口減少による住民税の減少
  • 雇用対策や人口流出対策などが成果を上げていない

 

といった点があるようです。甲府市に限らず地方経済は軒並み縮小傾向であり、都心部の人口一極集中は社会問題化しています。この都市部の人口増加傾向は2030年頃まで変わらないと言われており、地方に人口を分散するどころかますます過密都市を生み出す結果となっています。

 

そのような背景もあって、地方に留まり現状維持ができればまだしも、今後はマーケット規模が小さくなっていくのは目に見えています。まだ東京へ進出していない企業やこれから起業を考えている方は、甲府市をビジネス拠点に考えるのではなく、東京を拠点として事業展開することを検討すべきなのです。

 

東京の営業拠点づくりに最適なレンタルオフィスなら「銀座ビジネスセンター」

「甲府にとどまらず東京のマーケットを開拓したい」、「東京の住所を活用して全国展開の足掛かりにしたい」といった企業におススメするのが東京銀座にある時間貸しのレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は20年にわたり競争激しい銀座で運営をし続けているレンタルオフィス業界のパイオニア。企業オフィスとしての長期利用だけでなく、プロジェクト単位での短期利用、スポット的な利用など様々な用途が可能なレンタルオフィスです。個室が利用できるものの、固定スペースを借りるのではなく22ある個室を使用したい時に使用したいだけ借りることができる時間貸しのレンタルオフィスであることが特徴の1つとなっています。

 

東京に沢山存在するレンタルオフィスの中で「銀座ビジネスセンター」が最もおススメである理由

東京23区内には地方には23つ程しかない中核都市のようなエリアがごろごろと存在しており、レンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスの数も当然ながら無数にあります。
そんな数多あるレンタルオフィス・バーチャルオフィス・シェアオフィスの中で「銀座ビジネスセンター」がなぜおススメなのかについてまとめてみました。

 

地方企業に最適!バーチャルオフィス機能も付いたレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」はレンタルオフィスとして22の個室スペースや会議室の時間貸しをしている以外に、バーチャルオフィスとしての機能もあります。
これによって通常業務は甲府市内で行いながら、東京オフィス宛に送られた郵便物や宅配物を転送してもらうことができます。他にも電話転送・FAX対応サービスが付加されたプランもあり、甲府にいながら東京オフィスにかかってきた電話を秘書が応対、転送してくれるようなことも柔軟に行ってくれます。

 

東京の一等地の代表格「銀座」に会社のアドレスを持つことができる

「銀座ビジネスセンター」のアドレスは東京都中央区銀座6-6-1銀座風月堂ビル5F

会員となって法人登記を行う、また地方企業の東京支社として利用する場合に、このアドレスを利用してビジネスを行うことが可能となります。銀座という一等地に会社のオフィスがあることは、クライアントにも絶大なインパクトを与え、企業の信用力を一気に上げることに繋がります。打ち合わせや面接、さらにはセミナー実施などで「銀座ビジネスセンター」に来客を招く際には好印象を与えること間違いなしです。

 

「銀座ビジネスセンター」への交通手段

交通アクセスは、最寄り駅である東京メトロ銀座駅B5番出口からは徒歩で2分、JR有楽町駅からも徒歩で約5分。銀座一丁目駅や新橋駅、東銀座駅からも徒歩圏内で、東京都内への移動には大変便利なロケーションです。

さらに羽田空港や成田空港、新幹線の停車駅である品川駅・東京駅からのアクセスも良く、国内外出張時の出発拠点としても申し分ありません。

 

まとめ

東京都内に拠点を持ちたいと考えている甲府市内の企業の方、「銀座ビジネスセンター」は月額1万円~といったリーズナブルな価格で銀座アドレスを利用できるレンタルオフィス。

ビジネス発展のために「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」を有効活用して事業の幅を大きく広げてみませんか?

おすすめの記事