レンタルオフィス宮崎市

宮崎市内を拠点に事業活動をしている方や、これから事業のスタートを考えている方、「ビジネス戦略上の理由から東京のアドレスを取得したい」と考えることはありませんか?

東京に賃貸オフィスを借りるのはコスト面の問題やリスクも高いため、東京進出にいまいち踏み切れない、という方もいるのではないでしょうか。

そこでぜひ活用してもらいたいのが「レンタルオフィス」。レンタルオフィスなら、リーズナブルな金額で東京にオフィスを持つことも可能にしてくれ、東京進出の後押しをしてくれます。

今回はマーケット拡大や都内での拠点づくりを考えている宮崎市内の企業や個人の方に向けて、宮崎市内のレンタルオフィス事情と、都内にあるおすすめのレンタルオフィスについて解説していきます。

宮崎市とはどんなところ?

宮崎市は宮崎県の南東部に位置する市であり、宮崎県の県庁所在地および中核市となっています。市内には、青島・プロスポーツのキャンプ地・フェニックスリゾートといった数々の観光資源を有していることから、昭和中期には新婚旅行のメッカとして全国にその名を知られるようになりました。

そんな同市には、2021年11月現在400,811人が居住。宮崎県における政治・経済の中心地として、行政機関や企業のオフィスビル、教育機関などが集積しており、市外から宮崎市に通勤や通学する者の割合が多いのも特徴です。

また「温暖な気候」と「豊富で良質な水資源」に恵まれているため、日本有数の食料基地として、キュウリやピーマン、マンゴーなどの生産も市内各地で行われています。農業や観光地のイメージが強い宮崎市ではありますが、近年では情報産業の誘致にも力を入れており、県外のIT系企業が同市内に事業所を構えるケースが増えているようです。

宮崎市内のレンタルオフィス事情

宮崎市のレンタルオフィスやバーチャルオフィスは、「宮崎駅」周辺に最も多く存在していますが、コワーキングスペースやシェアオフィスであれば青島エリアや高岡エリアでもわずかに確認することができます。

施設のほとんどが最寄り駅から徒歩10分圏内に位置していますが、一部バスやマイカーを利用しなければ行けないエリアもあるため、頻繁に利用する方は「エリア」と「交通手段」は必ず確認しておきましょう。

また、ドロップイン可能な施設が多く、リーズナブルな料金でワークスペースをレンタルできる点はメリットですが、個室は非常に数が少なく、満席に達すると新規会員の受け入れが休止される場合がありますので、空きが出たらなるべく早く申し込むことをおすすめします。

参考までに、宮崎市内にあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などを下記に記載しましたので、気になる方はチェックしてみてください。

宮崎市内にあるレンタルオフィス料金イメージ

エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 宮崎駅から徒歩1 コワーキングスペース 1時間400円~ 1名~ ドロップイン可能

オフィス備品完備

市内に複数の系列拠点あり

レンタルオフィスB 宮崎駅から徒歩10 レンタルオフィス、シェアオフィス、コワーキングスペース、バーチャルオフィス 要問合せ 1名~ 登記可能

メンバーシップ特典あり

必要に応じたスケールアップOK

レンタルオフィスC 宮崎駅から徒歩10 コワーキングスペース、シェアオフィス ENTERPRISEプラン

月額27,500

※月320時間まで利用可能

1名~ 登記可能

電話ブース完備

清掃・フリードリンクのサービスあり

レンタルオフィスD
宮崎駅から徒歩10 コワーキングスペース、貸しスペース 月額プラン

6,000円~

1名~ 完全予約制

ドロップイン可能

イベントや会議などへの利用OK

レンタルオフィスE 青島駅から徒歩8分 コワーキングスペース 1日利用

1,500円

1名~ ドロップイン可能

ビジネスツール完備

シャワールームあり

レンタルオフィスF 宮崎駅から車で24(高岡町) コワーキングスペース、レンタルスペース コワーキングスペース1500 1名~100 ドロップイン可能

オフィス備品完備

イベントや会議への利用OK

東京の事業拠点づくりに最適な銀座のレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

東京都内への拠点作りにレンタルオフィスを利用すると言っても、東京都内には沢山のレンタルオフィスが存在します。その中から自社にとって最適なレンタルオフィスを探すとすると、大抵の場合は「料金」が重要視されます。しかしながら、レンタルオフィス利用料金は賃貸オフィス契約に比べれば格段に安く、数千円から1,2万円程度の違いであれば「エリア」を重視すべきです。できるかぎり会社の場所(エリア)となる住所にはこだわっておきたい理由として、エリアが会社のイメージを決めるからです。オフィス街にあるレンタルオフィスと住宅街にあるレンタルオフィス、どちらのイメージが「仕事ができそう」と感じるか、そういった部分にこだわることで、営業活動に差が出てきます。

そこでおすすめしたいのが、東京都内でも格調高い「銀座」にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は20年以上にわたり銀座の地で運営を続けるレンタルオフィス業界の先駆者的な存在。中小企業や士業の方々のオフィス利用以外にも大企業の短期プロジェクト利用、地方企業のサテライトオフィスとしても人気のレンタルオフィスです。

「銀座ビジネスセンター」が東京都内でもおすすめしたいレンタルオフィスである理由について、以下に簡単にまとめてみました。

地方企業になくてはならないバーチャルオフィス機能が付いたレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は全部で22の個室スペースや会議室を時間貸しレンタルオフィス。加えてバーチャルオフィスとしての側面を持ったハイブリッド型のレンタルオフィスとなっています。

会員月額料金は11,000円~となっており、法人登記・銀行口座開設可能な住所利用や、郵便物・宅配物の受取・保管・転送サービスが受けられます。そのため、東京オフィス(銀座ビジネスセンター)宛に送付された郵便物を宮崎市の指定の住所まで転送してもらうことも可能。さらにプランによっては電話転送・FAX対応も受けることができ、東京オフィスはあるものの、拠点は変わらず宮崎に、といった利用ができるわけです。

また、東京で打ち合わせする際には個室を利用できます(1時間1,760円~)。固定型のレンタルオフィスとことなり、使った分だけしかコストがかからないので、非常に経済的である点は見逃せません。

東京でも超一等地である「銀座」に会社アドレスが持てるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」のアドレスは東京都中央区銀座6-6-1銀座風月堂ビルの5F、このアドレスを利用してビジネスを行っていけるのは大きなメリットです。銀座にオフィスがある会社ということで、クライアントに対する信用度や安心感が知名度の高くないエリアと比べて大きく変わります。

まとめ

宮崎市内を拠点に活動している既存企業の方、また東京進出を検討している企業の方、東京銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」は、地方企業が東京進出する足掛かりを作るには最適なレンタルオフィス。バーチャルオフィスを利用して、宮崎にいながら東京にいるのと変わらない業務を遂行することもできます。

ぜひ一度「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/bc/service/)」のホームページを覗いてみて、サービス内容をチェックしてみて下さい。

おすすめの記事