東船橋エリアでこれから事業のスタートを考えている方、またはすでに一定のビジネス実績を出している企業で、「打ち合わせや面談に使えるオフィスが欲しい」「商圏拡大のために東京に営業拠点を持ちたい」と思っているならレンタルオフィスを活用してみませんか?

レンタルオフィスまたはバーチャルオフィスをうまく活用すれば、ローコストで東京にオフィスを持つことが可能。また東京の住所を利用できれば企業イメージも格段にアップすることでしょう。

今回は東船橋でワークスペースを探している方を対象に、東船橋エリアのレンタルオフィス事情とおすすめのレンタルオフィスについてご紹介していきます。

東船橋ってどんなエリア?

「東船橋」とは千葉県船橋市にあるエリア。住所としては東船橋一丁目から東船橋七丁目までが存在します。

東京に近い立地ということもあり、都心のベッドタウンとして閑静な住宅街が広がっている東船橋は、一人暮らしの方だけでなくファミリー層も多い地域です。

地域の中心となるのはJR線「東船橋駅」。当駅に停車するのはJR総武線の各駅停車のみであることから、東船橋駅を利用する人の数は住居者や通勤・通学者のほか、駅周辺にある警察署・税務署の訪問者を除いてはそれほど多くありません。

総武線快速への乗り換えや大型商業施設を利用する場合、両隣駅である「船橋駅」や「津田沼駅」を利用する必要があることから、必ずしも利便性が高いエリアとは言えませんが、都会の喧騒から離れて落ち着いた生活をしたい人にはピッタリのエリアと言えるでしょう。

東船橋のレンタルオフィス事情

東船橋は閑静な住宅街であり、「東船橋駅」を最寄りとするレンタルオフィスや貸し会議室、コワーキングスペースなどはほとんど見つけることができません。このエリアのレンタルオフィスはほとんどが「船橋駅」周辺に集積しており、「東船橋駅」から最も近いレンタルオフィスで2km歩く必要があります(徒歩でおよそ20)

また、都心のレンタルオフィスに比べて格安で利用できる点はメリットなのですが、法人登記や郵便物受け取りは「要問い合わせ」となっており、別途料金が必要となることもあるようです。そのため費用がかさんでしまうことも想定しておかなければなりません。

以下に東船橋エリアにあるレンタルオフィスの利用料金イメージや形態などをまとめましたので、検討の際には参考にしてみてください。

東船橋エリアにあるレンタルオフィス料金イメージ

  エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA  東船橋駅からおよそ2㎞ コワーキングスペース プレミアム会員

月額22,000円(税込)

1名~ 24時間365日利用可能

プレミアム会員は全店利用OK

ビジネス備品無料

 

幅広い業種・業態の方に選ばれるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

先述のように東船橋ではレンタルオフィスがほとんどなく、最も近いところでもコワーキングスペースなので、完全個室スペースの利用ができません。そうなるとレンタルオフィスを検討する場所の選択肢として「千葉県内の主要エリア」または「アクセスのしやすい都内」の二択となってしまいますが、エリア知名度やビジネス戦略を考慮すると、東京都内で探す方がメリットは多いです。

その場合の候補地としては、ネームバリューのある「新宿」「渋谷」「銀座」などが考えられますが、ビジネスを優位に展開できるための高級感や品格などを感じさせる「銀座」は、千葉から近いので利便性も悪くありません。

そんな銀座エリアの中で20年以上にわたり運営実績を誇るレンタルオフィスとしておススメなのが「銀座ビジネスセンター」です。

「銀座ビジネスセンター」は、1人会社や個人事業主、士業、カウンセラーといった中小小規模事業者を中心に多くの方が利用するレンタルオフィス。銀座の目抜き通りから少し内側に入った並木通りとみゆき通りが交差する銀座6丁目「銀座風月堂ビル」の5階を拠点とし、全22室ある個室や会議室を、使いたい時に使いたいだけ利用できる時間貸しタイプのレンタルオフィスとなっています。最寄り駅の東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からは徒歩5分という好立地にあり、都内だけでなく千葉や神奈川、埼玉などからもアクセスしやすい点も人気の1つです。

東京都内には多くのレンタルオフィスが存在しているため、何を基準に選んでよいかよくわからない、という方も多いことでしょう。そんな方に「銀座ビジネスセンター」がおススメな理由について、以下に簡単にまとめてみました。

「銀座」アドレスが月額11,000円から持てる!コスパ抜群のレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」の住所は「東京都中央区銀座6-6-1銀座風月堂ビル5F」。このエリアは銀座の中でも有数の超一等地と言われています。

普通に考えたらこのようなエリアにオフィスを持つことはコスト的に見て「難しい」と考えてしまうことでしょう。しかし「銀座ビジネスセンター」の月額利用料金は11,000円~という銀座としても非常にリーズナブル。会員になれば法人登記や銀行口座開設に必要な銀座アドレスが利用可能となりますので、ホームページや名刺に銀座の住所が記載できます。それにより、クライアントや取引先へ与える印象もグッと良くなり信頼感を得ることにもつながることでしょう。

また基本サービスとして郵便物や宅配便の受取・保管・転送対応も含まれているため、届いた郵便や簡易書留などは秘書が丁寧に送り先の住所まで転送を行ってくれます。「銀座ビジネスセンター」では、受付秘書が常におもてなしの精神を発揮しながら業務をこなしており、正確無比なサービスは他のレンタルオフィスの追随を許しません。

また個室利用は別途費用がかかりますが、オフィス作業や面談、ミーティングの際は1時間1,760円~で完全密閉型の個室が借りられます。カフェやファミレスと違って防音対策はしっかり施されていますし、オフィスとして機能すべくネット環境やセキュリティ面、オフィス備品の使用、コロナ対策などは一切問題ありません。

普段は東船橋で、重要な会議や商談時には「銀座ビジネスセンター」で個室利用、といったフレキシブルなワークスタイルを確立することもできる点はとても魅力です。

高い接客スキルを身に付けた秘書が常駐するレンタルオフィス

最近は都内でも「格安」「エリア最安」といった言葉を使って集客を行っているレンタルオフィスが増えてきました。しかし格安レンタルオフィスでは、常駐秘書を置いておらず受付に内線電話のみを設置しているところや、秘書の事務レベルが著しく低いところも少なくありません。

しかし「銀座ビジネスセンター」では、接客業務をはじめ電話対応・郵便物転送などの会員をサポートするバックオフィス業務を約10名の常駐秘書が対応しています。そのクオリティは「質が高い」「間違いがない」と利用者からも高評価。中には利用会員のクライアントから「電話応対が素晴らしい」というお褒めの言葉をもらった方もいるようです。

その理由としては、秘書がすべて「正社員」であることに他なりません。アルバイトや派遣社員を利用する他のレンタルオフィスとは違い、教育研修をしっかり受け続けているからこそ丁寧で正確な仕事を常に行うことができる。それが「銀座ビジネスセンター」の秘書が持つプロの流儀とも言えるでしょう。

東船橋から銀座ビジネスセンターまでの交通アクセス

東船橋駅から「銀座ビジネスセンター」までの移動手段ですが、JR総武線・各停で秋葉原駅まで約32分、秋葉原駅からJR京浜東北線に乗り換えて有楽町まで約6分というルートが乗り換えも少なく便利です。

まとめ

東船橋エリアで「打ち合わせや面談に使える東京オフィスが欲しい」「商圏拡大のために東京に拠点を持ちたい」と考えるなら、月額11,000円~で銀座アドレスが利用できるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」を活用してみませんか?

「銀座ビジネスセンター」なら、「交通アクセス抜群」「明瞭会計」「高いホスピタリティ」とオフィスを構えるのに申し分のない環境が用意されています。

ぜひ「銀座ビジネスセンター」のホームページ(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)からサービス内容や室内の雰囲気をチェックしてみてください!

おすすめの記事