起業や副業を検討している方や、地方企業で東京都内の拠点を探している方に、今バーチャルオフィスがとても人気です。

 

賃貸オフィスと違って、コストをかけずに法人アドレスが持てるということもあり、スモールビジネス事業者を中心に利用者が増えています。

 

そのバーチャルオフィスとして人気の高いエリアが「銀座」です。世界的にも抜群の知名度を持ち、ブランド力が高い銀座エリアは、事業を行う上で非常に高いアドバンテージを誇ります。そんな銀座のアドレスが賃貸オフィス契約せずに利用できるバーチャルオフィスですが、ただ「安いから」といって契約するのは非常に危険です。

 

ここでは銀座でバーチャルオフィスを検討している方に、失敗しないオフィスの見つけ方についてご紹介していきます。

 

バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違い

よくバーチャルオフィスやレンタルオフィスの違いがわからない、という声を聞きますが、バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違いとは何でしょうか?

 

バーチャルオフィスは、オフィスとしてのスペースがないものの法人登記や口座開設が可能なもの、一方でレンタルオフィスは、個室スペースや付随設備を利用できてかつ法人登記・口座開設可能であるものを指します。端的に言うと、バーチャルオフィスは「住所貸し」、レンタルオフィスは「場所貸し」のオフィス形態ということになります。

 

バーチャルオフィスを利用するのに適している人
  • IT関連事業やカウンセラー、コンサルタントなどオフィスを持たなくても事業が成り立つ人
  • セキュリティの観点から自宅で登記を行いたくない人
  • 賃貸マンションなどに居住しているため、自宅で登記が出来ない人

 

レンタルオフィスを利用するのに適している人
  • 個室のワークスペースを手に入れたい人
  • 賃貸オフィス契約をするほどのではない人
  • 自宅では集中して仕事をすることが出来ない人

 

といった特徴があります。

 

銀座周辺にあるバーチャルオフィス事情

銀座エリアでバーチャルオフィスを検索してみると多くの施設がヒットします。バーチャルオフィスは単独で展開されるというよりレンタルオフィス+バーチャルオフィスのように両方の機能を備えたところも多く、ミーティングや面談時のみレンタルオフィスの個室スペースを利用する方も数多くいるようです。

 

以下に銀座エリアにあるバーチャルオフィスの料金体系や特徴などをまとめてみました。

 

銀座エリアにあるバーチャルオフィス料金イメージ

バーチャルオフィス単独利用の場合、月額数千円?と非常にリーズナブルな価格で銀座アドレスを持つことができます。しかし、安いバーチャルオフィスは、郵便物転送費用が別途かかったりするなど、諸経費を含めると高くなってしまうこともあるので注意が必要です。

?

エリア 形態 料金 その他
バーチャルオフィスA 有楽町駅から約4 バーチャルオフィス 月額6,000円? 郵便・宅配便転送は有料
バーチャルオフィスB 東銀座駅から約6 バーチャルオフィス・レンタルオフィス 月額4,800円? レンタル会議室は1,000円?/1時間
バーチャルオフィスC 銀座一丁目駅から約2 バーチャルオフィス・コワーキングスペース・レンタルオフィス

非公表

要お問合せ
バーチャルオフィスD 銀座駅から約1 バーチャルオフィス・シェアオフィス 月額5,200円? 秘書常駐
バーチャルオフィスE 銀座駅から約2 バーチャルオフィス 月額3,800 都内の別拠点にある会議室やセミナールームも利用可
バーチャルオフィスF 銀座駅から約5 バーチャルオフィス 月額2,000円? 貸会議室利用可

 

バーチャルオフィス機能も備わったレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

以上のように銀座には様々なバーチャルオフィスがあり、どの点を重視して選んだらいいのか悩んでしまうこともあるではないでしょうか。

 

一度契約をしてその場所で法人登記や口座開設をしてしまったのち「気に入らないから移転したい」といっても簡単にできるわけではありません。移転するには面倒な移転手続きや費用もかかります。そのため、慎重に選定しないと、あとで後悔することになってしまいます。

 

そこで銀座エリアでバーチャルオフィスを検討している方にぜひおススメしたいのが、バーチャルオフィス機能を持った時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年に銀座の地で創業、20年以上の運営実績を持つ業界の先駆者的なレンタルオフィスです。東京都中央区銀座6-6-1銀座風月堂ビルの5階に位置し、450?のワンフロアーを利用したバーチャルオフィス機能を備えるレンタルオフィスを展開しています。

 

「銀座ビジネスセンター」がなぜバーチャルオフィスを検討している方におススメなのか、その特徴について以下にまとめてみました。

?

月額1万円?で個室スペースの使用も可能なバーチャルオフィス機能付きレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」の会員になれば月額1万円?の料金で様々なサービスが受けられます。選べるプランは全部で3種類あり、すべてのプランでバーチャルオフィスの機能を利用することができます。

 

月額10,000円プラン

住所利用のみ行いたい方におススメのプランです。法人登記や銀行口座開設が可能、郵便物や宅配便の転送対応まで行ってくれます。このプランでも個室スペースの利用はできますので、通常は自宅やカフェで作業し、商談時やクライアントとの打ち合わせ時には部屋利用を行うという使い方も可能です。

?

月額25,000円プラン

上記10,000円のプランに加え、電話・FAX・秘書サービスが付いたプランです。会社宛ての電話応対をぜひお任せしたい、という方には適しています。

?

月額50,000円プラン

上記25,000円のプランに加えて、20時間分の部屋利用(4人部屋利用ベースにて)が付いたオールパッケージプランです。週12回の来訪で2時間程度の利用をする方なら十分利用する価値があるプランと言えるでしょう。

 

全プランで共通ですが個室利用時には、オフィス家具やプロジェクター、ホワイトボード等のオフィス備品を無料で利用することが出来ます(ただしコピーやFAX等は使用した分の両機は別途かかります)。バーチャルオフィスとしてもレンタルオフィスとしても利用できる「銀座ビジネスセンター」なら、仕事の内容によってフレキシブルな利用が可能です。

?

内装も外観も申し分なし!銀座の中でも一等地にあるハイレベルなレンタルオフィス

銀座にあるからといってすべての建物がキレイでしっかりしているとは限りません。雑居ビルのような古い建物もまだまだ銀座には数多く存在しており、その一室がレンタルオフィスやバーチャルオフィスの受付となっているようなところもあります。

 

「バーチャルオフィスの利用だから建物のレベルは関係ない」と思った方、住所を調べて突然やってくる訪問者も中にはいるでしょう。その際に第一印象が悪いということでせっかくのビジネスチャンスを失う可能性もあるのです。

 

その点「銀座ビジネスセンター」は銀座アドレスだけでなく、内装や外観、秘書の質も超一流なので対外的にも非常に安心なレンタルオフィスです。銀座6丁目の並木通りとみゆき通りの交差する「銀座ビジネスセンター」は、大通りから少し入った静かで落ち着いた雰囲気を持つ銀座の一等地にありますので、銀座を知る人なら誰しもがいい場所だと感じるステータスの高いエリアにオフィスがあるという印象を与えることができます。

 

また受付秘書も非常に質が高いと評判で、正確で信頼性に富んだサービスを常時行ってくれるため、クライアント等に与える企業イメージも高くなること間違いありません。突然の来客にも受付秘書がしっかりと応対してくれるので、とても安心です。

 

まとめ

東京都内でこれから起業や副業を検討している方、または地方企業の都内におけるサテライトオフィスを検討している方、バーチャルオフィスとしての機能を兼ね備えたレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」は、銀座の地名を利用してステータスを得たい企業にとってはまさに理にかなったオフィスと言えるでしょう。

 

必要な時だけ個室利用を行える時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」を活用し、自身に最適なビジネス環境を手に入れてみてはいかがですか?

おすすめの記事