小岩周辺で企業プロジェクトを実行する拠点となるワークスペースや会議室を検討中、また副業・起業用の仕事場を探している方、レンタルオフィスやシェアオフィスなら低コストで新しいビジネス環境を手に入れることができるって知っていましたか?

 

ここでは小岩エリアで会議室やワークスペース利用を考えている方に向けて、最適なレンタルオフィスやシェアオフィスを探す方法とともに、銀座にあるイチオシのレンタルオフィスについて説明していきます。

 

企業同士のコラボビジネス拠点、副業・起業に利用可能なレンタルオフィスやシェアオフィス

企業の大小にかかわらず、部署間や会社の垣根を超えたプロジェクトやミーティングはあらゆる場面で存在します。その際、企業内のミーティングスペースや会議室を活用したいところですが、最近ではコスト削減を目的にオフィス面積を縮小する企業も多く、十分なワークスペースが確保できないケースも多くなっています。こうしたオフィス縮小化の動きは、2020年のコロナ禍でテレワークや在宅勤務といったワークスタイルが普及したことも影響し、今後ますます進むものとみられます。

 

またコロナ禍では、複数の収入源を持つことの重要性が改めて認識されるようになりました。たとえば本業がありながら副業を始めたり、自分の特技や趣味を活かして終業後や休日にパラレルキャリアを築いたりするなど新たな働き方が若者を中心に浸透しつつあります。

 

特にパソコンさえあれば場所を問わないwebデザイナーや動画作成、webライターといった仕事、他にもスマートフォン1つで行える株やFXなどの投資などは人気の副業として知られています。副業従事者の中には、仕事が軌道にのったタイミングで、本業を辞めて起業するビジネスパーソンもいるようです。

 

ところで会社の会議室や使えるスペースがない、また副業・起業用の作業場に困ったとき、あなたならどのような場所を仕事場に選ぶでしょうか?

 

おそらく大半の方はカフェやファミレスといった場所を想定することと思いますが、このような場所は周囲の人の存在や声が気になったり、プライバシーやセキュリティ面で不安があったりと、集中して仕事をするスペースとしてはあまり相応しくありません。特に顧客情報といった個人情報や会社の機密情報を扱う時などには、不特定多数が出入りする環境は危険です。

 

また自宅というのも選択肢の一つとなり得ます。無駄なコストが発生しないことや、一人暮らしであれば誰にも邪魔されることはありませんのである意味ワークスペースとしては最適な場所とも言えます。

 

しかし強い意志やモチベーションを持たなければ、様々な誘惑に負けてしまうのが自宅のデメリット。ついマンガやテレビに手が伸びてしまった、うとうとと寝てしまった、ということを避けるために、自宅作業を敬遠する人は結構います。

 

そこで登場するのがレンタルオフィスやシェアオフィス。周囲の雑音やセキュリティ面を気にすることなく安心して仕事ができるレンタルオフィスやシェアオフィスは、椅子や机といったオフィス家具、またホワイトボードや文房具やプロジェクター、ホワイトボードといった備品類が基本的に備わっていますので、イニシャルコストをあまりかけたくないスタートアップ企業や個人事業主にはありがたい存在です。

 

そんなレンタルオフィスやシェアオフィス、小岩エリアにはどのようなタイプのものがあるのでしょうか?

 

小岩エリアのレンタルオフィスやシェアオフィス事情

昭和テイストを感じるディープタウンと呼ばれる小岩ですが、秋葉原までは電車で約15分、東京駅まで約20分、新宿までは30分と都心へのアクセスは良好。小岩駅近くには京成新小岩駅があり、京成線沿線に出かけるのも便利なエリアです。

 

小岩エリアの不動産価格は都心に比べて比較的安めなことや公園や自然の多い地域性から、リーズナブルな価格のファミリー向け分譲マンションや単身者向け賃貸アパートなども多く、都心のベッドタウン的な役割を果たしているといった特徴があります。そのようなエリア特性から小岩エリアにあるレンタルオフィスやシェアオフィスはほとんどありません。小岩エリアから一番近いレンタルオフィスでも距離が5キロ以上離れているため、このエリアでレンタルオフィスを探しているのであれば、はじめから錦糸町や浅草、葛西エリアなどを探したほうが得策です。

 

小岩駅を最寄りとするレンタルオフィスやシェアオフィスが見当たらないこともあり、範囲10キロ以内にあるレンタルオフィスで下記の表をまとめてみました。小岩エリア周辺でオフィスを検討する際に参考にしてみてください。

 

小岩エリア周辺にあるレンタルオフィスの料金イメージ

エリア 形態 料金 面積 利用人数 その他
レンタルオフィスA 小岩駅から約8 レンタルオフィス・コワーキングスペース 月額47,000

(空室の値段)

4.1㎡

(空室の面積)

2名

(空室の人数)

即日入居可能
レンタルオフィスB 小岩駅から約8 レンタルオフィス 月額46,500円~69,500

(空室の値段)

.54㎡~8.87㎡

(空室の面積)

2名~4名

(空室の人数)

24時間365日利用可能
レンタルオフィスC 小岩駅から約8 レンタルオフィス・シェアオフィス 月額64,000円~ 1.68㎡~ 1名~3 防音加工

女性専用フロアあり

 

立地も秘書も超一流!銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」とは?

小岩エリアでレンタルオフィスやシェアオフィスを見つけるのは難しい上、個室スペースはどこのエリアでも人気のため空きが少ないことから、エリアを拡大して探したとしても理想のオフィスが見つかるとは限りません。

 

そこで小岩エリアでワークスペースを検討している方にぜひオススメしたいのが、銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」です。

 

「銀座ビジネスセンター」は2000年に創業したレンタルオフィスブームの先駆け的な存在。銀座6丁目にある銀座風月堂ビル5階のワンフロアーを利用したバーチャルオフィス機能付きレンタルオフィスは、カウンセラーやコンサルタント、士業といった個人事業主や、中小企業、大企業のプロジェクト単位での利用といった幅広い顧客層に人気となっています。

 

そんな銀座にあるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」は何が素晴らしいのか、その特徴について以下にまとめてみました。

 

銀座の住所を利用でき、起業知名度を上げることができるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」を利用する最大のメリットは法人登記を行えば銀座アドレスを利用できることでしょう。

 

法人登記や銀行口座開設を行うことで、本店所在地を「銀座ビジネスセンター」のある銀座6丁目に置くことができます。

 

知名度の低い中小企業やスタートアップ企業が他者に先駆けて業績を上げるためには、エリアの地の利を活かすことも重要な戦略の一つ。住宅街のイメージが高い小岩周辺でオフィスを構えるより、銀座にオフィスがある方が対外的な印象も良いだけでなく、なによりも自分自身のモチベーションがアップします。

 

月々の利用は1万円から!バーチャルオフィスとしても機能するレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」はバーチャルオフィス機能の付いたレンタルオフィス。そのため、地方企業のサテライトオフィスや住所を出したくない個人事業主の方には大変重宝がられています。郵便物や宅配物は転送対応してくれますし、プランによって秘書による電話・FAX対応をしてもらうことができます。

 

また、一般的なレンタルオフィスで完全個室(天井まで壁が密閉されたつくりのもの)を利用した場合、銀座エリアであれば月額10万円はかかってしまいます。しかし「銀座ビジネスセンター」は時間貸しのレンタルオフィス。月額1万円~の会員となれば、1時間1,600円の費用で完全個室スペースを利用することができます。利用したい時に利用したい部屋を利用したい分だけ使えるので、無駄なコストが発生しないため、予算と照らし合わせて利用回数を調整したりすることも可能です。

 

さらに個室予約したにもかかわらず、万が一キャンセルしなければならない場合でも大丈夫!「銀座ビジネスセンター」はキャンセル料が一切かかりません。他にも個室利用料金は5分単位での精算のため、予約時間に対し利用時間が少なかった場合には使った分だけが請求対象となります。このような良心的な対応は、外資系のレンタルオフィスでは見ることができない、日本人の持つおもてなしの心をもったホスピタリティあふれるレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」だからこそできるサービスともいえるでしょう。

 

まとめ

小岩エリアにて企業の共同プロジェクト用の拠点として、また副業・起業用として集中できるコスパが良いレンタルオフィスを探しているなら、銀座の時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」が断然おススメ。

 

「銀座ビジネスセンター」のある銀座までは小岩から30分程度なので電車移動もそれほど苦になりませんし、何より銀座という知名度抜群のエリアで仕事が行えるメリットを肌で感じてみるのはいかがですか?

おすすめの記事