金沢市内でこれから事業を始めようと考えている方、またはすでにビジネスを興している方の中で、全国展開を視野に入れつつもまずは東京進出を狙っている、という方もいることと思います。

 

東京はおよそ1,400万人の人口を有する大都市であることから、市場規模も大きく、地方を拠点にするよりも販路拡大が期待できるメリットがある一方で、東京の主要エリアに賃貸オフィスを借りるには莫大なコストが必要となることから二の足を踏んでしまっている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし最近では、低コストで東京の一等地にオフィスを構えられるレンタルオフィスやバーチャルオフィスを利用して東京に拠点を設ける企業やフリーランスの方も増えており、東京に拠点を作ることは以前に比べると容易になりました。

 

今回は、金沢市にいるスタートアップ企業や既存企業の方に向けて、東京の拠点作りの足掛かりとなるレンタルオフィスの活用術についてまとめてみました。

 

金沢市の概要

金沢市は石川県のほぼ中部に位置する市であり、石川県の県庁所在地です。

 

大名最大である百万石の石高を有する「加賀藩」の城下町であった金沢市は、かつて江戸・大坂・京に次ぐ、名古屋と並ぶ大都市として栄華を誇りました。長年の都市文化によって多くの伝統工芸や祭事、庶民文化が発達し、今では日本を代表する「観光都市」へ成長。第二次世界大戦中に大規模な空襲を受けなかったことから、今もなお市内には歴史的建造物や風情ある街並みが残り、日本三名園である「兼六園」、重要伝統的建造物群保存地区の「東山ひがし地区および主計町」などは訪れる多くの観光客を魅了しています。

 

そんな金沢市には20215月現在、約468.79㎢の面積に462,690人が居住。市内にはオフィスビル、文化施設、教育機関などが集積するほか、北陸地方を管轄する国の出先機関、大企業の北陸支店なども置かれています。金沢市の玄関口である「金沢駅」には、2015年に北陸新幹線が開業。東京との距離がグッと近くなり、ますます賑わいを見せる北陸のビッグシティへと発展を遂げているようです。

 

金沢市内にあるレンタルオフィス

金沢市には、複数のレンタルオフィスやバーチャルオフィスが存在します。

 

駅前にレンタルオフィスやバーチャルオフィスが集積する地方都市は多いですが、金沢の場合には1箇所に集中することなく、比較的広範囲にシェアオフィス・コワーキングスペースなどが立地しているのが特徴です。

 

高級感を打ち出しているレンタルオフィス・レンタル会議室がある一方で、比較的リーズナブルな金額で借りられるオフィスがあるなどバリエーションは豊富ですが、完全個室のオフィスは少なめ。また個室とうたっていても、簡易的な仕切りで区切られているだけのオフィスもあるため、内見は必須となることでしょう。

 

下記に金沢市内にあるレンタルオフィスの料金イメージをまとめてみましたので、金沢市内でレンタルオフィスを検討している方は参考にしてみてください。

 

金沢市内にあるレンタルオフィス料金イメージ

 

  エリア 形態 料金 利用人数 その他
レンタルオフィスA 金沢駅徒歩1 貸し会議室 要問合せ 6名~100 ホテル内会議室

5

パーティも可能

レンタルオフィスB 金沢駅から徒歩3 レンタルオフィス・シェアオフィス 定額制プラン

月額33,000円(税込)

1名~ 全国に拠点あり

法人対象レンタルオフィス

従量制プランもあり

レンタルオフィスC 金沢駅から徒歩10 シェアオフィス・バーチャルオフィス フリースペース

月額8,800円(税込)~

個室プラン

月額55,000円(税込)~

※共益費別

1名~ 備品完備

法人登記可能

ワンタイム利用OK

レンタルオフィスD 金沢駅から徒歩12 レンタルオフィス・コワーキングスペース・バーチャルオフィス 要問合せ 1名~ 外資系レンタルオフィス

個室完備

メンバーシップ特典あり

 

金沢市以外に東京での拠点を持つメリット

金沢市内でもワークスペース用または会議用のオフィスをレンタルすることは可能ですが、金沢市にすでに拠点を持つ企業や個人がわざわざ月額料金を支払って市内に新たなを構えることにあまりメリットはありません。そのため、

 

「販路を拡大したい」

「人脈を広げたい」

「もっと大きなマーケットでチャレンジしたい」

 

と考えているなら、金沢市内に留まるのではなく人口や市場規模の大きい東京に拠点を構えることをオススメします。

 

レンタルオフィスやバーチャルオフィスなら、東京でも金沢市内と同程度またはそれよりもリーズナブルな金額で利用することは十分可能ですし、拠点確保に同じコストをかけるのであれば、スケールメリットのある東京に構えたほうが費用対効果も大きいと言えます。

 

中でも地方企業におすすめなのが、バーチャルオフィス機能の付いたレンタルオフィス。事業のベースは金沢に置きながら、対外的には東京の住所を利用したり郵便物や電話の転送で対応したりすることが可能です。またクライアントとの打ち合わせや面談時にはレンタルオフィスの個室をスポット利用するといったフレキシブルな使い方もできるのが特徴となっています。

 

バーチャルオフィスとしても機能する銀座にある時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」

そこで、東京進出の第一歩としてぜひおすすめしたいレンタルオフィス・バーチャルオフィスが、東京銀座で20年以上の運営実績をもつ「銀座ビジネスセンター」です。

 

東京都中央区銀座の超一等地にあるレンタルオフィスとして月額11,000円~の料金でバーチャルオフィスとしても利用できる「銀座ビジネスセンター」は銀座6丁目「銀座風月堂ビル」の5階、銀座の目抜き通りから少し内側の落ち着いた場所にあります。最寄り駅となる東京メトロ銀座駅からは徒歩2分、JR有楽町駅からは徒歩5分、銀座一丁目駅や新橋駅、東銀座駅も利用できる利便性の高さもあり、中小企業の経営者や士業、フリーランス、大企業のプロジェクト利用、さらには地方企業の東京営業所、サテライトオフィスなど幅広く利用されています。

 

そんな「銀座ビジネスセンター」が、なぜ金沢をベースとする企業のバーチャルオフィスとして利用するのにおススメなのか、以下に簡単にまとめてみました。

 

バーチャルオフィスだけでなく時間貸しで個室利用が可能なレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は月額11,000円~の料金で法人登記や口座開設に必要な銀座のアドレスを利用できるだけでなく、郵便物の受取・転送対応を行ってくれるというバーチャルオフィスとしての機能を持ったレンタルオフィスです。料金に応じて電話やFAX対応、個室利用20時間分が含まれたプランも用意され、利用者の事業スタイルや予算に応じたフレキシブルな利用に対応しています。

 

地方企業のようにバーチャルオフィスがメインの場合、普段は地元で業務をこなしながら、重要な打ち合わせや面接といった場合のみ1時間1,760円~で個室の利用ができる「時間貸し」スタイルが「銀座ビジネスセンター」の魅力。

 

全部で22ある個室を使いたい時に使いたいだけ利用することができます。

 

事前予約が必要となりますが、急な入り用であってもほとんどの場合問題なく利用することができることや、キャンセルが発生した場合にキャンセル料が一切かからないなど、ユーザー視点に立ったサービスは折り紙付きです。

 

代表自ら利用希望者にお会いして審査・説明を行ってくれるレンタルオフィス

「銀座ビジネスセンター」は、利用希望者に代表自らが会って、オフィスに関する詳細説明を丁寧に行ってくれるレンタルオフィス。レンタルオフィス・バーチャルオフィスでは一度法人登記を行うと、その後移動しようとする際に大きな手間やコストがかかります。そのため、利用開始後に「最初に思っていたのと違う」ということにならないように、疑問や不安について納得いくまでしっかりと回答してくれる安心のレンタルオフィスです。

 

まとめ

金沢市内でレンタルオフィスを検討している方、また今後の東京進出を検討している企業にとって、東京銀座の時間貸しレンタルオフィス「銀座ビジネスセンター」は、地方企業の東京拠点をリーズナブルかつスピーディーに構築することを可能にしてくれます。

 

東京にたくさんあるレンタルオフィスやバーチャルオフィスの中から自社に適したところを探すことに苦労したくない!そんな方はぜひ「銀座ビジネスセンター(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)」を利用してみるのをおすすめします。

おすすめの記事