起業に向けて京都府内でレンタルオフィスを探している方や、東京進出を目指す京都府内の企業に向けて、東京のレンタルオフィス契約をするメリットについてまとめてみました。

 

京都府とはどんなところ?

京都府は近畿地方に属する地域です。

京都盆地を中心とする南部エリアと日本海に面する北部エリアの2つで構成されています。

 

京都はかつて長岡京や平安京といった日本の首都が置かれ、日本の政治と文化の中心的役割を果たしてきました。

現在も京都府内には国宝や重要文化財の多くが点在し、歴史情緒漂う街並みを楽しむことができます。清水寺や金閣寺などの歴史的建造物やそこに息づく伝統文化は、欧米のメディアからも広く取り上げられ、日本人のみならず海外からの観光客をも魅了しています。

 

2020年8月現在、京都府には4612.20㎢の面積に2,573,371(13/47都道府県)が居住しています。

 

そんな京都府の最大の都市は「京都市」。

近畿大都市圏の一角を成す「京都市」には、府の人口の過半数以上が居住しています。
現在も古い町並みが残る観光都市であり、国内外から学生と研究者が集まる学園都市としての役割も担っています。

京都市の鉄道の玄関口である京都駅は、新幹線の停車駅でもあり、北陸・南紀・伊勢など各地を結ぶ特急列車が発着するターミナル駅です。駅周辺は商業施設や観光客向けホテルが集積し、賑わいをみせています。

 

京都府にある他の主要エリアとしては、京都府第二の都市「宇治市」、大阪にも近く利便性の高い場所に位置する「亀岡市」などがあります。

 

京都府にあるレンタルオフィス事情

京都府のレンタルオフィスやバーチャルオフィスですが、ほぼ京都市に一極集中しています。その大半は京都市内の主要駅から徒歩圏内で利用できますが、駅前という好立地であるがゆえに価格も高めに設定されています。

 

一方、京都市以外のエリアには、レンタルオフィスはほとんどなく、ベンチャー企業向けの創業支援オフィスやコワーキングスペースがわずかに点在するのみとなっています。

京都府内でなく東京のレンタルオフィスを使うという選択肢

京都府内で起業を考えている方や東京進出を目指す京都府内にある企業が、東京のレンタルオフィスを利用しようと検討する場合、おそらく次の2つのパターンが考えられます。

 

現在起業準備をしている人のパターン

パソコンやスマートフォンさえあれば場所を選ばない仕事で起業を検討している場合、京都府内にオフィスを構えるのではなく、あえて東京のレンタルオフィスで法人登記を行うことがビジネス上のメリットを生み出すことがあります。東京の会社としてビジネスをすることで、幅広いネットワークが獲得できる確率が高くなります。
また、京都に住んでいながら週に1度東京のレンタルオフィスに出向いて仕事を行うことも気軽にできます。

 

すでに京都府内で知名度がある企業が東京に進出するパターン

もう一つは、京都府内ですでに知名度がある企業が、成熟した市場とは別のマーケットを求めて東京進出しようとした場合、レンタルオフィスを活用するといったケースです。
東京進出をするにあたって検討すべきことには、オフィスや人件費などのコストや東京市場に自社商品がマッチするかどうかのビジネス上のリスクなどがあります。

コストやリスクが足かせとなり、東京進出を断念している企業もあるくらい東京進出はハードルが高いとされています。

しかしレンタルオフィスであれば、初期投資を抑えつつ低リスクでビジネスをスタートすることが出来るのです。

 

京都府内にある企業が東京のレンタルオフィスを活用するメリットとは?

京都府内や関西エリアではかなり優良企業として活躍する企業が、さらなるマーケット拡大のために全国進出したい!と考えていることもあることでしょう。そんな向上心あふれる企業が東京のレンタルオフィスを利用するメリットには、以下のようなものがあります。

 

東京進出で新たなマーケット拡張が見込める

地方でそれなりに歴史を重ね、実績や経験も備わってくると、特定のエリアだけで新規の取引先を開拓するのは至難の業です。今以上に会社を発展させるためには、既存顧客へのフォローを維持しつつ、新規顧客獲得のために新たな商圏を探さなければなりません。そのターゲットとなるエリアが「東京」です。

 

東京は言わずと知れた経済の中心地。人口1400万人が居住する東京には、大小さまざまな企業が存在し、京都府内でビジネス展開する以上にチャンスは広がります。

東京にあるレンタルオフィスを活用すれば、日本で一番大きなマーケットで勝負することができるのです。

 

低コスト・低リスクで東京のマーケットリサーチが可能

東京進出する際、まず必要になるのが拠点となるオフィスの存在です。その際、賃貸オフィス契約を前提に考えると、オフィス契約以外にも机や家具・備品類の調達、東京側スタッフの人件費などに数百万~数千万かかる場合があります。コスト面以外にも、事業の成否における大きなリスクが伴います。

しかし、レンタルオフィスを利用することで、リスクを最小限に食い止めビジネスをスタートできます。投資コストも少なくて済みますし、まずは数名のスタッフのみを派遣して様子見することも可能です。

東京都中央区銀座にある「銀座ビジネスセンター」とは?

そこで京都府内から東京進出を検討している企業におススメしたいレンタルオフィスがあります。それが東京都中央区銀座にある「銀座ビジネスセンター」です。

 

この「銀座ビジネスセンター」ですが運営スタートは2000年。それから20年に渡って運営を続けている銀座でも歴史あるレンタルオフィスです。知名度・交通利便性ともに抜群の東京中央区銀座に位置するオフィスであり、これまでにも多くの利用者に満足いただけるサービスを提供し続けています。

 

この「銀座ビジネスセンター」があるのは、並木通りとみゆき通りが交差する銀座6丁目の「銀座風月堂ビル」5階。東京メトロ銀座駅B5番出口からは12分、JR有楽町駅からはおよそ5分の場所にある銀座屈指の一等地に位置しています。また銀座一丁目駅や新橋駅、東銀座駅も徒歩圏内なので、銀座を拠点に都内の移動もスムーズです。

羽田空港や新幹線の停車駅となる東京駅・品川駅からもアクセスがとてもよく、地方と東京を行き来するビジネスパーソンに利用しやすいロケーションとなっています。

 

東京にあるレンタルオフィスの中で「銀座ビジネスセンター」をおススメする理由

東京に数あるレンタルオフィスの中でも、なぜ「銀座ビジネスセンター」がおススメなのかについて、その理由をまとめています。

 

ホスピタリティ精神に長けた常駐秘書の質の高いサービスが受けられる

銀座ビジネスセンターには常時10名ほどの秘書がおり、月曜から土曜の9時~2045分までの間、常に丁寧かつ正確なサービスを提供しています。「非常にスキルや質が高くてかつ素早い対応をしてくれる」と会員の方々からは好評です。

 

秘書サービスには

  • かかってきた電話への応答、その後の報告
  • 郵便物や宅配物の受取、保管、転送対応
  • 来訪者への受付対応
  • 飲み物の注文対応
  • 事務作業の代行

 

などがあります。

 

時間貸しのレンタルオフィスで事業規模や事業形態に合わせた利用が可能

「銀座ビジネスセンター」は、個室スペースや会議室といった必要な部屋を、必要な時に必要な時間だけ借りることができる時間貸しのレンタルオフィスです。キャンセル料は一切不要、さらに料金は5分単位での精算となるため、無駄なコストをかけずに利用できることはとても魅力的です。

 

22用意されている個室スペースは1人でも利用できますし、複数人での打ち合わせや10人を超えるようなセミナーなど、人数に応じた部屋の広さをその都度選択して利用することができます。

 

事業規模や事業形態に合わせてプランを選ぶことが出来るため、初めて東京でレンタルオフィスを利用する地方企業にとっても、チャレンジしやすい料金設定となっています。

たとえば基本料金月額5万円プランの場合、法人登記や専用電話・FAX利用、秘書サービスはもちろんのこと、オフィス・会議室・セミナールーム全22室を20時間分(1か月32,000円分)利用することができます。

 

また、個室利用時にはWi-Fiやプロジェクター、ホワイトボード、スキャナーといったビジネスツールも無料で使用できるので、備品類を買い揃える必要が一切ありません。

 

銀座ビジネスセンターまでの交通手段

京都府内から銀座ビジネスセンターへの移動には、京都駅から新幹線を利用するのが最短ルートです。京都駅から東京駅までは「JR東海道新幹線」にて約2時間10分ほどかかります。

東京駅到着後「銀座ビジネスセンター」のある有楽町まで「JR山手線」で1(2)、そこから徒歩5分ほどで到着します。東京駅からはタクシーを利用しても銀座までは数分で移動できる距離です(時間帯、交通状況により金額は変動します)

 

まとめ

京都府内でレンタルオフィスを検討している方や、東京進出を検討している京都府内の企業にとって、東京都中央区銀座にある「銀座ビジネスセンター」は、銀座の中でも非常にリーズナブルな価格で利用でき、低リスクで商圏拡大を狙うのには最適なレンタルオフィスと言えるでしょう。

 

ぜひ一度「銀座ビジネスセンター」のホームページ(URL : https://www.ginza-bc.co.jp/)を覗いてみることをおすすめします。

おすすめの記事